マスターの酔いどれ紀行
三度の飯より潜るの大好きマスター。ニューヨーク陸ダイバー生活から伊豆の海に帰る。年中潜れる生活って、やっぱ素敵。


Visitors



プロフィール

マスター

Author:マスター
海に浸かってさえいればご機嫌の、筋金入りスクーバダイバー。ロチェスター駐在から帰還し、窒素をたんまり吸ってはニンマリ。日々日記と称しては、好奇心任せに細かいネタを拾い歩く。



Weather in Rochester

Click for Rochester, New York Forecast

[F]から30引いて2で割るとおよそ[℃]



Today's Moon

CURRENT MOON
lunar phases



日本の天気予報っす


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



海のギャラリー

バラクーダ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ギンガメアジ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ミジンベニハゼ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒレナガネジリンボウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ガザミの仲間

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

カミソリウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

キンギョハナダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎岬先端

ニシキフウライウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

スマ

Not avilable

Maldives Filitheyo island

マダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒメイカ

Not avilable

西伊豆大瀬崎大川下

Manta Ray

Not avilable

モルディブ

ハクセンアカホシカクレエビ

Not avilable

西伊豆大瀬崎先端

ハナシャコ

Not avilable

四国柏島

ナマコカクレエビ

Not avilable

マレーシアシパダン島

キアンコウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



夏休みロッキー山籠もり~Grinnell Glacier Trailその2
船から降りたら、グリネル氷河へのトレイル開始。

まずは湖を右回りに行けば…
DSC_1654.jpg
橋を渡って…
DSC_1656.jpg
湖沿いのコースと斜面を登るコースの分岐があって、登る方。
DSC_1661_20170916190307f13.jpg
登っていくと、そのまま真っ直ぐのコースと大きく左へ向かう登りコースの表示。
DSC_1662.jpg
グリネル氷河は左方向へ、5.8km。

さ、あとは一本道。
DSC_1664.jpg
さっきの湖と渡ってきた橋が見える。

それぞれの登山者が収まるべき位置に収まるまで、抜きつ抜かれつ。あくまでも、自分たちのペースで。
DSC_1671_201709161903129ba.jpg
30分に一回の休憩を心掛ける。
DSC_1672_20170916190313c63.jpg
回り込んで見えてきたのが、グリネル氷河。
IMG_2607.jpg
そして、溶けた水が流れ出す滝。
あの滝の上の棚が本日の目的地。

コースはいよいよ険しく。
DSC_1674_20170916190339d7e.jpg
眼下に見えるグリネル湖の緑色が映える。
DSC_1677.jpg
ここで折り返して高度を稼ぐ。
DSC_1682.jpg
この辺で距離としては約半分。ボート降りてからおよそ1時間経過。
アルファ米に水を入れとかないと(水だと約1時間で完成)。
DSC_1684.jpg
こまめな糖分補給も必須。
IMG_2612.jpg
さ、あと1時間のはず。

夏休みロッキー山籠もり~Grinnell Glacier Trailその1
靴を履き替え、装備を整えるため一旦駐車場に寄って、ホテルをパチリ。
DSC_1633.jpg
我らの部屋は、ほぼ中央辺りかと。

10時ちょい前に、湖岸のチケット売り場へ。
DSC_1635.jpg
ボートの乗船券を引き換え。

来ました、ボートが。
DSC_1636_201709161856477d4.jpg
これに乗り込み…
DSC_1639_201709161902034ea.jpg
Swiftcurrent湖を奥に進むこと10分くらいかなぁ。
DSC_1641_2017091619020447f.jpg
桟橋に到着するんで、ここで下船。
DSC_1642.jpg
徒歩で5分ほど歩きます。
DSC_1643_201709161902070ee.jpg
Josephine湖に到着するんで、ここで再び乗船。
DSC_1645.jpg
さらに奥へ奥へ。
グリネル氷河がだんだん見えてきた。
DSC_1649.jpg
今日はあそこまで登るのだ。
IMG_2590.jpg
およそ10分ほどで桟橋到着。
DSC_1651.jpg
ボートに乗ると、ここまでの行程4km弱を端折れると、そいうこと。

では、いよいよトレイル行っす。

夏休みロッキー山籠もり~本番の朝
早朝。
朝日はこちらから上がるようだが…
DSC_1591_20170916185521f55.jpg
とりあえず着替えて、湖側に。
DSC_1596.jpg
それは山と湖を眺めるため…
DSC_1593.jpg
でもなく、ネットがロビーでしかつながらないし、昼から夜は極めてつながり難し。では、朝はどうかなって。

あ、つながった。
DSC_1598.jpg
昨夜の残り火から改めて薪に着火。
DSC_1599_20170916185527e81.jpg
コンセントを探してうろうろしたが、床に掃除機用と思しきコンセント発見。
DSC_1601.jpg
あぁ、それでも日が昇ってくると赤く染まる山が。
DSC_1612_201709161855484e9.jpg
湖岸まで行って撮影。
DSC_1613_20170916185549ae7.jpg
外は寒い。暫し暖を取る。
DSC_1617_20170916185551763.jpg
黒い岩脈ベルトが特徴の山々。
IMG_2560.jpg
いよいよ赤くなり…
IMG_2563.jpg
段々風が出てきて、湖面が揺れ始める。
IMG_2567.jpg
さて、メールチェックが済んだら、朝食。
DSC_1625_201709161856194eb.jpg
朝食バイキングを気張ります。
DSC_1630_201709161856222f4.jpg
10時の船だから、余裕の朝。
DSC_1628.jpg
ビッグホーンシープは現れるのでしょうか。
DSC_1632_201709161856415ba.jpg
では次回からトレイル。

夏休みロッキー山籠もり~高級ホテルのディナーをどうぞ
スイスシャレー風のホテル。
DSC_1587_201709101133540a0.jpg
あちらが新館ですかね。

我らの部屋は、本館の駐車場側。
IMG_2533.jpg
チェックインする人々を眺めながら、一杯。

いや、ちゃんと山も見てます。
IMG_2537.jpg
室内はこんな感じ。
DSC_1589_2017091011335809c.jpg
さ、晩飯食べに行きましょ。
IMG_2525.jpg
レストランはどこかなぁ。
IMG_2543.jpg
探し当てたレストランは行列。その脇にあるバーにします。
IMG_2549.jpg
地ビール。
IMG_2547.jpg
クラフトビールとは、やたらホップが効いているので、あまり得意ではない。ないが、地元のものだから。

ホウレンソウとゴートチーズのサラダと…
IMG_2550.jpg
地元トラウトのディップ。
IMG_2551.jpg
うちはベジタリアンか?

ということで、いよいよ明日が本番なため、もう寝ます。
DSC_1582.jpg
つくづく「食」という要素がないね。

夏休みロッキー山籠もり~渾身の宿
メニーグレイシャーの谷間に帰って来ました。
IMG_2514.jpg
これ、ダムになってるんだけど、本日は何かの見学会?
IMG_2510.jpg
で、途中、レンジャーに停められる。
「今、奥の駐車場は一杯で…」
「泊り客じゃ!通せ!」

とかやりとりがあって、結果、レンジャーセンター。
IMG_2519.jpg
地図を仕入れます(例によりお代は寄付金)。
山を歩くにはあまりにしょぼい地図しか持たぬので。

で、歴史的建造物指定のホテルに舞い戻り。
IMG_2517.jpg
グレイシャー国立公園開発を語るには欠かせないお宿。
語らないけど。

なんとチェックインです。
IMG_2522.jpg
お部屋です。
DSC_1578.jpg
地球の歩き方には新館しかエレベータが無いって、3階まで荷物を担いで登ったが、後で判明するけどエレベータはある。

で、レイクビューサイドじゃなくて、駐車場ビュー。
DSC_1579.jpg
部屋の外には共用のデッキ。
DSC_1580.jpg
ま、いいけど、館内探検。

ロビーと…
IMG_2523.jpg
ロビーの外には湖と山々が広がるデッキ。
IMG_2524.jpg
ロビーは提灯風な照明の吹き抜け大広間。
IMG_2525.jpg
部屋の前の廊下。
IMG_2531.jpg
あった、あった、ようやく見つけた。
IMG_2526.jpg
階段脇の小部屋に目指すディスペンサー。

ビールを冷やせば、心も平穏。
IMG_2532.jpg


夏休みロッキー山籠もり~遅めの昼
私の希望によりハイライントレイルの入口なんぞを探検していたばかりに、昼飯を食べ損なってます。

公園の東側の街、セントメリー。
土産物屋の横のここ。
IMG_2501.jpg
サンドイッチ屋のようだ。
IMG_2503.jpg
BLT的なものを注文すると、パンはどれにしますか?とか、その場で挟んで出来上がり。
IMG_2502.jpg
それを二つに割って、二人分とする。
IMG_2505.jpg
「お飲み物はいかがですか?」
「いや、結構。」
水を持ってるから…

夏休みロッキー山籠もり~峠からセントメリーへ
居ました、ビッグホーンシープ。
IMG_2483.jpg
「写真加工したら、出会ったことにできるんじゃない?」

それはそうですが、出会うとしたらこの辺りだそうで。
DSC_1548_201709101131045db.jpg
う~ん、何も発見できず。
DSC_1553.jpg
道路脇の滝。
DSC_1557.jpg
一杯車が停まってるから、トレイルコースらしいんだが…
IMG_2488.jpg
あれ?あの滝?
IMG_2489.jpg
違うかぁ。
IMG_2491.jpg
先を急ごう。昼飯をまだ食べてない。
IMG_2492.jpg
ジャクソン氷河。
DSC_1562.jpg
更に下って、昨日も見たけどセントメリー湖。
DSC_1570_20170910113129888.jpg
最寄りの展望台を発見。台というか岩だけど。
DSC_1571.jpg
う~ん、異常なしってとこですか?
IMG_2498.jpg
急ごう、腹減った。

夏休みロッキー山籠もり~Highline Trail
峠のローガンパス。
DSC_1525_2017091011275082e.jpg
標高2025m。
DSC_1543_2017091011301335b.jpg
ここで道路を渡ると、ハイライントレイル。
DSC_1526_20170910112808060.jpg
是非、ビッグホーンシープを見てみたいもんです。
DSC_1529.jpg
お前じゃない!
IMG_2470.jpg
ハイライントレイルは、ガーデンウォール沿いをほぼ水平に歩くコースだが…
DSC_1531.jpg
岸壁沿いのコースは幅が狭く、ガイドロープが張られている。
DSC_1533_20170910112814647.jpg
そのロープすら信じていいのか、どうなのか。
IMG_2471.jpg
ま、時間がないので、ここで引き返します。
DSC_1536_20170910113011839.jpg
本当はこのコースを完歩したかった。

残念ながらビッグホーンシープの代わり。
IMG_2476.jpg
そして、ぼさぼさ頭のこいつ。
IMG_2478.jpg
以上、ほんの入口レポートっした。