マスターの酔いどれ紀行
三度の飯より潜るの大好きマスター。ニューヨーク陸ダイバー生活から伊豆の海に帰る。年中潜れる生活って、やっぱ素敵。


Visitors



プロフィール

マスター

Author:マスター
海に浸かってさえいればご機嫌の、筋金入りスクーバダイバー。ロチェスター駐在から帰還し、窒素をたんまり吸ってはニンマリ。日々日記と称しては、好奇心任せに細かいネタを拾い歩く。



Weather in Rochester

Click for Rochester, New York Forecast

[F]から30引いて2で割るとおよそ[℃]



Today's Moon

CURRENT MOON
lunar phases



日本の天気予報っす


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



海のギャラリー

バラクーダ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ギンガメアジ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ミジンベニハゼ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒレナガネジリンボウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ガザミの仲間

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

カミソリウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

キンギョハナダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎岬先端

ニシキフウライウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

スマ

Not avilable

Maldives Filitheyo island

マダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒメイカ

Not avilable

西伊豆大瀬崎大川下

Manta Ray

Not avilable

モルディブ

ハクセンアカホシカクレエビ

Not avilable

西伊豆大瀬崎先端

ハナシャコ

Not avilable

四国柏島

ナマコカクレエビ

Not avilable

マレーシアシパダン島

キアンコウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



雨の日は…
花粉とか蚊とか日差しとか、そうそういいもんじゃありません。
お外は過酷な環境。

それでも、意地でもお外で読書。
IMG_0195.jpg
湿る紙が気になってしょうがない。

あ、そうそう、原書持ってるのに翻訳版がでたらつい買っちゃいました。
誤植だらけだけど。

本年花見開催
職場の花見は雨天決行したみたいです。
みたいですというのも、仕事してました、仕事。
嫌になる。(雨か仕事かは秘密)

で、土曜も雨。
佐鳴湖公園に至っては嵐の様子。
DSC_9073.jpg
そうだ、佐鳴湖で思い出した、太刀洗の池。
DSC_9074_201704112240185fd.jpg
徳川家康の正妻、築山御前(瀬名姫ね)が岡崎から浜松城に移動中に旦那の命により切られ、その太刀に滴る血を洗ったという地。
DSC_9075_20170411224020c2e.jpg
タヌキオヤジ的イメージがあり、今回もユーモラスに描かれているが、一向一揆とか遠州侵攻数百人なで斬りとか結構黒歴史有り。

で、結局毎朝見ている桜のトンネル見て帰る。
DSC_9078_20170411224021798.jpg
大雨の中出掛けるもんじゃありません。


自家製シュパーゲル
通常土を寄せるとありますがそれは大変なことですから、壺で蓋をします。
IMG_0180.jpg
待つこと2週間。

穫れました。
IMG_0172.jpg
瓶詰白アスパラと共に食すが、手前の自家製白アスパラの白さがよくわからない。でも、何より瓶詰はカスカスしていて味が無くて旨くない。
IMG_0191.jpg
その2週後、また穫れました。壺の中でとぐろを巻いた白アスパラ。
IMG_0193.jpg
今度は買ってきたグリーンアスパラと共に。
IMG_0201.jpg
白い!旨い!
IMG_0200.jpg
これでドイツまで飛ばなくても済みます。

近況というには寝かせすぎました
これは4月上旬の状態。

アーモンド満開。
IMG_0173.jpg
白桃は蕾固し。
IMG_0174.jpg
どちらも昨年は収穫無し。
そいえば、今年はタケノコが記録的に不作といいます。

ルッコラ。
IMG_0175.jpg
最近は食べるタイミングを逸してる気が。

ソメイヨシノ。
IMG_0176.jpg
今年も生るか?のアケビ。
IMG_0178.jpg
本年期待の新星、ビワ。
IMG_0179.jpg
ジャガイモ。冷蔵庫で芽が出たやつも植えてみた。
IMG_0181.jpg
フキノトウは放っておけばこうなる。特に美しくはない。
IMG_0182.jpg
特段使うわけでもないイタリアンパセリの隆盛は周知だが…
IMG_0186.jpg
こ、これは絶滅したかと思いきや、パクチー健在。
IMG_0185.jpg
いつも行方不明となるブルーベリー。
IMG_0190.jpg
この脇でイチジクは枯れた。きっとコガネムシの幼虫のせいだ。

その翌週のソメイヨシノ。
IMG_0188.jpg
今年は動きが鈍い。

急造観光地の今~滝壺ロケ地
情報を得てやって来ました、西気賀駅の北。

こちらに行ってしまいましたが…
DSC_9062_20170411223759d82.jpg
崩れかけたお堂があるだけで、ここは違う。
耳を澄ませて、あっちだと山の中を分け入ってみれば、これか?
IMG_0171.jpg
さらに奥にこのよな看板が。
DSC_9069.jpg
これか?
DSC_9068.jpg
井伊谷の弁天小僧…ん?な滝の設定だが、井伊谷に滝があるという認識は無い。
DSC_9063.jpg
こんなんだったかなぁ…見比べたわけではないのでわからないが、某所での情報によるしかない。しかし、これか?
DSC_9067_20170411223829723.jpg
というかですね、西気賀に滝があるという事実が初認識で驚いた。

で、よく見りゃ、最初の場所に看板がありました。
DSC_9071.jpg
さいですか。

全くついでながら、近所に落差100m級の滝があること判明。
こ、これはそのうちに取材しないと。

急造観光地の今~看板の多い旧街道
ここもドラマに関係するといえばしますから、寄っていきましょう。

以前訪れた時からさらに看板が整備されてます。
DSC_9042.jpg
この街道、徳川家康が遠州を今川から切り取った後、武田信玄の分隊が攻め込んできた道。家康の遠州侵攻の手引きをした井伊谷三人衆の軍勢と武田軍勢が衝突した現場。
DSC_9043.jpg
この時、援軍の要請に家康は応えず、多くの離反者を出したという。ただ、この直後、家康は信玄の軍勢に三方ヶ原の戦いで大敗北を喫しているほどで、武田本隊が北から迫る中そんな余力はなかっただろう。

既に井伊谷三人衆はドラマに出てきているし、ま、そんなところ。
DSC_9044_201704112236514a9.jpg
えっと、攻められる前に観音様を避退させられるよう直虎が武田方と掛け合って無事だったという点と…
DSC_9047.jpg
遡って、子供の亀之丞が逃げる際に隠れたという岩が、ドラマとの関連性。
DSC_9048.jpg
どうしても看板が立てたい。…ようだ。
DSC_9050.jpg
これは比較的新しい炭焼きの跡だね、きっと。
DSC_9051.jpg
いや、そうじゃなくて、気になったのはふろんぼさまの看板を見つけてしまった。
DSC_9052.jpg
矢印があるので、それに従っていくと…
DSC_9053.jpg
道に迷う。

看板をやたらと立てるくせに詰めが甘い!←本日の本題

これか?
DSC_9054.jpg
もうええわい。
DSC_9055.jpg
ということで元祖ふろんぼさまを拝んで帰る。
DSC_9056_20170411223754707.jpg
解説ももちろんあります。
DSC_9060.jpg
ドラマ見てここまでやってくる観光客は…
DSC_9061.jpg
ほぼ皆無。

あと残ってる8ヶ月以上をどう凌ぐんでしょうね?
視聴率を獲れるタマに思い当りがありませんが…

ちんだ
先ほどの山村のお隣の沢に立つ看板が気になりました。
DSC_9037.jpg
通りかかりのご婦人が親切に「墓は畑の中ですよ」と教えてくれる。

だれ?
DSC_9038.jpg
前九年の役で活躍し、東京渋谷の砦を本拠地とした渋谷氏一族。そのお一人金王丸は、頼朝・義経の父である源義朝に付き従い、保元の乱で武功を上げるが、続く平治の乱で平家に大敗北。敗走中に義朝は愛知県知多で知己の者に裏切られ風呂場で謀殺されるが、供の金王丸は…

この地に逃れ住み着くが、源氏残党である部下に平家への鞍替えを迫られ、怒った金王丸、74人を皆殺しのうえ、自決。

血にまみれた沢という伝説にちなんだ地名、ちんだ。
DSC_9040_20170411223618f58.jpg
変な名前だとは思っていたが、そうでしたか。
まさか東京渋谷とつながりがあったとは。

ちなみにこの手の伝説は各地に往々にして残っていることは書き添えておこう。
何が正しいのか判断する術を私は持たない。

急造観光地の今~とある山村
ついでですから、また寄ってきます。
DSC_9029_20170411223537203.jpg
渋川井伊氏の墓。

で、ここにも直親の墓。
DSC_9028.jpg
菩提樹。
DSC_9031.jpg
それより、角にあった五平餅屋と峠のトンネル前の酒屋を思い出しますね。
DSC_9032_201704112236125ca.jpg
で、大叔父の名前が残る凱旋門ね。
DSC_9033.jpg
寺野よりこっちの方が奥地になってしまいました。