FC2ブログ
マスターの酔いどれ紀行
三度の飯より潜るの大好きマスター。ニューヨーク陸ダイバー生活から伊豆の海に帰る。年中潜れる生活って、やっぱ素敵。


Visitors



プロフィール

マスター

Author:マスター
海に浸かってさえいればご機嫌の、筋金入りスクーバダイバー。ロチェスター駐在から帰還し、窒素をたんまり吸ってはニンマリ。日々日記と称しては、好奇心任せに細かいネタを拾い歩く。



Weather in Rochester

Click for Rochester, New York Forecast

[F]から30引いて2で割るとおよそ[℃]



Today's Moon

CURRENT MOON
lunar phases



日本の天気予報っす


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



海のギャラリー

バラクーダ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ギンガメアジ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ミジンベニハゼ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒレナガネジリンボウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ガザミの仲間

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

カミソリウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

キンギョハナダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎岬先端

ニシキフウライウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

スマ

Not avilable

Maldives Filitheyo island

マダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒメイカ

Not avilable

西伊豆大瀬崎大川下

Manta Ray

Not avilable

モルディブ

ハクセンアカホシカクレエビ

Not avilable

西伊豆大瀬崎先端

ハナシャコ

Not avilable

四国柏島

ナマコカクレエビ

Not avilable

マレーシアシパダン島

キアンコウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



未惑の伊太利亜~チンクエテッレ・トレイルその3
現在、チンクエテッレのトレイルコースは崩落していて閉鎖されてる区間が多いが、歩ける区間の中でもコルニリアからヴェルナッツァに至る区間は、宿屋の御主人のお勧め。
IMG_7323.jpg
確かに絶景。

ちょうど中間地点に、宿屋兼カフェがありました。
DSC_5525_20180806211437faf.jpg
荷物運搬の真っ最中。
エンジン付き運搬機でも、石段で滑って苦戦中。
毎日のことでしょうがぁ。
DSC_5527_2018080621143954f.jpg
情報だけ頂きます。
DSC_5528_20180806211518f18.jpg
人家があったことで…
DSC_5530.jpg
石垣葡萄畑。
IMG_7326.jpg
生ってる、生ってる。
IMG_7327.jpg
これを目的に来たのである。
DSC_5531_20180806211521ece.jpg
やっぱりオリーブ畑も葡萄に負けず、ある、ある。ということは、オリーブオイルも名物か。
DSC_5535_201808062115220be.jpg
ようやく見えた、次の目的地、ヴェルナッツァ側。
IMG_7328.jpg
というところで、休憩です。ドロミテからはるばるやってきたリンゴ。
DSC_5544_20180806211528c1f.jpg
通りかかる人が、「朝食かい?」と声を掛けてくれます。

この辺りから一気に下り。すれ違う人も多くなる。
DSC_5546_2018080621153152a.jpg
時間帯が皆歩きだす時間なのか、途中まで来て引き返す人たちなのか。

ほら、またキョウチクトウ(原産地インド)。
DSC_5548.jpg
さぁ、ヴェルナッツァ側のチェックポイント。
DSC_5559_20180806211536e36.jpg
到着です。
DSC_5552_201808062115345e6.jpg

未惑の伊太利亜~チンクエテッレ・トレイルその2
この地域、もともと痩せた土地で海からの風も激しい。
DSC_5484_20180806211413b76.jpg
昔から営々と石を積み上げて、傾斜地を耕してきた。

ただ…
DSC_5487_20180806211415aab.jpg
思い描いてた葡萄畑…じゃなくて、一面オリーブだぜ。
DSC_5488_201808062114165fd.jpg
これを収穫して運ぶって、半端ないな。
DSC_5490_20180806211418ec0.jpg
さきほどのコルニリアの集落。
IMG_7307.jpg
で、この傾斜地、たびたび石垣が崩れるんだそうで…
DSC_5493_20180806211421f4b.jpg
それを修繕して保守しているのは農家の方々。

あれは、サンベルナルディーノか?
IMG_7308.jpg
あれを超えれば中間地点くらいかなぁ。

コースは断崖絶壁あり。
DSC_5498_20180806211424807.jpg
いまだにコルニリアが見えるけどね。
IMG_7309.jpg
これが最後、これが最後と、見えるたびに写真をパチリ。
IMG_7310.jpg
先はまだ見えませんね。
DSC_5502_2018080621142869a.jpg
段々畑どころではなくなってくる。
DSC_5504.jpg
ちょっとした広場に出ましたが、おっと、ここで泊まったんですか?強者だ。
DSC_5506_2018080621143166e.jpg
いやぁ、間違っても寄りかかりません。
DSC_5508_20180806211433ee6.jpg
実例を見てしまったこともあるので尚更。

今度こそ、コルニリアはお終い。
DSC_5516_2018080621143490f.jpg
中間地点到着です。
IMG_7314.jpg

未惑の伊太利亜~チンクエテッレ・トレイルその1
では、本命、チンクエテッレトレッキング行の始まり。
DSC_5466_2018080621132560a.jpg
看板に沿って歩いていくと…
DSC_5469.jpg
徐々に集落を離れ、葡萄畑がちらほら。
DSC_5471.jpg
いやぁ、既に暑い。
DSC_5472_20180806211331172.jpg
葡萄畑!
DSC_5479_2018080621133389e.jpg
岩盤を砕いた岩を積み上げた石垣。
DSC_5480.jpg
自動車道を跨いで、こっから先は入場チケットが必要なわけで、チェックポイント。
DSC_5483.jpg
ただ、人は居ないけどね。

未惑の伊太利亜~トレ・チーメ 一周完結
Malga Langalm小屋を後に。
IMG_6991.jpg
この状況ではトラック横づけというわけにもいかぬわけで、食材とかゴミはどうしてるんだろ。強力さんがいるのだろか。

雪解け水の池。
DSC_5093_20180722153053a22.jpg
さぁ、最後の一踏ん張り。
DSC_5098_20180722153054d50.jpg
これを登り切れば…
DSC_5103_2018072215305754f.jpg
ゴールが見えるのではないか。
DSC_5108_20180722153059f3b.jpg
ちなみにコースにはこのようなマーキング。
DSC_5109.jpg
尾根筋に出ました。ラヴァレード峠のちょうど反対側。
DSC_5115.jpg
が~ん、まだだった。
DSC_5125_201807221531036fd.jpg
でも、帰ってきた感がでてきましたね。
DSC_5134_20180722153105ea7.jpg
あぁ、谷間の下界が見えてきた。
DSC_5135.jpg
ペーターの羊飼いが似合いそうな岩棚。
DSC_5138_201807221531085a9.jpg
え?自転車ですか?
DSC_5143_201807221531109a9.jpg
ケルン(積み石)が無数にあります。
DSC_5145_20180722153111835.jpg
日本の場合、霊場とか想像しちゃうけど、はて?

いやぁ、チロルらしい風景、見納め。
IMG_7000.jpg
駐車場に無事到着。
DSC_5154_20180722153155cb1.jpg
4時間は掛かるという一周コース、3時間半ちょいで完歩。
まだまだやれるぜ。

未惑の伊太利亜~上り坂
先が見えない上り坂。
DSC_5060_2018072215295434b.jpg
谷底から登って来ました。
DSC_5062_201807221529573e1.jpg
立ち止まり、立ち止まり…
DSC_5063_20180722152959b49.jpg
追い抜かれ。
DSC_5066.jpg
ぜぃぜぃ。
DSC_5069_20180722153002aa4.jpg
花を愛でるふりをして休憩中。
DSC_5071.jpg
なんせあの裏側に帰らなくちゃ。
DSC_5072.jpg
雲量50%ってとこですか。
DSC_5077_201807221530449ee.jpg
ちなみに雲量の単位は%ではないらしいが。

今度は先行者に追いつきそう。
IMG_6989.jpg
登り切ったところがまたちょっとした平地。
DSC_5080.jpg
川もあって、そうだ、トイレに行きたくなったらこのコース、どうなるんだ?
DSC_5086_20180722153048ecb.jpg
と思ったら山小屋が。なんというナイスなロケーション。
DSC_5088_20180722153050e00.jpg
Malga Langalm小屋。
IMG_6993.jpg
トイレだけ使用の場合、バーカウンターで1ユーロ。

です。