FC2ブログ
マスターの酔いどれ紀行
三度の飯より潜るの大好きマスター。ニューヨーク陸ダイバー生活から伊豆の海に帰る。年中潜れる生活って、やっぱ素敵。


Visitors



プロフィール

マスター

Author:マスター
海に浸かってさえいればご機嫌の、筋金入りスクーバダイバー。ロチェスター駐在から帰還し、窒素をたんまり吸ってはニンマリ。日々日記と称しては、好奇心任せに細かいネタを拾い歩く。



Weather in Rochester

Click for Rochester, New York Forecast

[F]から30引いて2で割るとおよそ[℃]



Today's Moon

CURRENT MOON
lunar phases



日本の天気予報っす


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



海のギャラリー

バラクーダ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ギンガメアジ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ミジンベニハゼ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒレナガネジリンボウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ガザミの仲間

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

カミソリウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

キンギョハナダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎岬先端

ニシキフウライウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

スマ

Not avilable

Maldives Filitheyo island

マダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒメイカ

Not avilable

西伊豆大瀬崎大川下

Manta Ray

Not avilable

モルディブ

ハクセンアカホシカクレエビ

Not avilable

西伊豆大瀬崎先端

ハナシャコ

Not avilable

四国柏島

ナマコカクレエビ

Not avilable

マレーシアシパダン島

キアンコウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



白馬紅葉の頃~栂池編その4
最後のひと踏ん張り。
DSC_6481_2018101322184729a.jpg
航空フェチとしては、空輸されてきたというだけで何だか興奮気味。
DSC_6483.jpg
それはそうと…
DSC_6488_20181013221850766.jpg
徒歩1時間半のすえ…
DSC_6490_201810132218522c1.jpg
え?
DSC_6491_201810132218538e7.jpg
展望湿原標高2010mで行き止まり…ですか。
「そう書いてあったじゃない。」
「知らんがな。」

どん詰まりの展望湿原。
DSC_6492_201810132218559a8.jpg
あ、ちょっと見えた。
DSC_6500.jpg
白馬大雪渓がちょっとだけ。
IMG_8168.jpg
ま、台風ですからねぇ。

白馬紅葉の頃~栂池編その3
弁当スポットで弁当食べてる人を発見。
DSC_6443_20181013221743ac7.jpg
この後、弁当スポットは人だらけ。
早めに食べておくんだった。

ただ、ここはまだ取っ付きも取っ付き。

楠川を渡ると…
DSC_6445_20181013221744aef.jpg
この背後にトイレ。
DSC_6447.jpg
この先トイレは無いという恐怖。

沢から引かれている水場。
DSC_6448_20181013221747c7a.jpg
こっから先は、木道があったり、なかったり。
DSC_6451_2018101322174952e.jpg
沢があったり…
DSC_6452.jpg
あぁ、もう少し霧が取れれば…
DSC_6453.jpg
ここまで来ると、紅葉の多くは先日の24号のせいで散っている気がする。
DSC_6454_201810132217535b1.jpg
それでもなんとか、赤いぞ。
DSC_6455.jpg
表層から肥えているのは40cmほどかと。
DSC_6457_20181013221756190.jpg
どんどん霧というか、雲が掛かってきてる気がする。
DSC_6458.jpg
ナナカマドの赤さを強調しておこう。
DSC_6460.jpg
浮島湿原到着。標高1970m。
DSC_6465.jpg
上が気になって、気になって。
DSC_6470.jpg
さて、銀命水という水場への分岐到着。
DSC_6476.jpg
こ、これかぁ。
DSC_6477_201810132218412dc.jpg
ペットボトルに詰めるのは難しい。

早々にモウセン池へ。
DSC_6478_20181013221843bb0.jpg
ここで、弁当スポットにスペースを見つけ、弁当タイム。
IMG_8167.jpg
麓のコンビニで買ったおにぎりとパン。
それに、パンパンのビスコ。
DSC_6479_20181013221846dd1.jpg
以上です。

白馬紅葉の頃~栂池編その2
栂池自然園の入口にはゲート。
IMG_8161.jpg
建物内部を通過して行くわけですが、薪ストーブ。
DSC_6413_20181013221609873.jpg
では参ります。

奇跡的に晴れた。
北アルプス、小蓮華山とか白馬岳方面が見える。
DSC_6415_201810132216116c2.jpg
これは幸先がよい。

ここは平坦な湿原になってるわけですね。
DSC_6424.jpg
樹皮の色からすると、ダケカンバか。
DSC_6421_201810132216123be.jpg
あらあら、また霧が。
IMG_8159.jpg
ミズバショウ湿原なんだが、水芭蕉らしきものは見られず(あったとしても枯れとるはず)…
DSC_6426_2018101322161799f.jpg
先へ行きます。

木道が整備済み。
DSC_6427_20181013221618e73.jpg
樹皮が剥がれやすく、シラカンバの仲間なんだなと。
DSC_6431.jpg
標高1870m。
DSC_6434_20181013221738d16.jpg
ここんとこ、ことごとく高山病にやられとるんで、1800mからのやり直しだそうです。
DSC_6436_20181013221740771.jpg
ワタスゲ湿原、弁当スポット。
DSC_6438.jpg
弁当か?

いや、単なる給水休憩っす。

白馬紅葉の頃~栂池編その1
うちから5時間弱で白馬到着。
IMG_8156.jpg
遠いかと言われれば、伊豆の大瀬から4時間掛けて帰るのが常ですから。

ただ…
新東名から東海環状経由中央道は意味があったのか?
山道突き抜けても、大して変わらなかった気がしますね。

で、リフトを乗り継いで上に行くのね。
IMG_8157.jpg
マスター、行きま~す!
DSC_6376.jpg
白馬は初スキーを体験した地であるが、その後は諏訪湖周辺か、志賀高原オンリーでした。
DSC_6382.jpg
したがって、30年ぶり?
DSC_6385_20181013221556aa9.jpg
いや、眼前の北アルプス山中を貫く関電トンネルに行ったことあるか。

とか言ってるうちに、紅葉は見頃。
DSC_6392.jpg
今日の夜、台風が通過することは考えないでおく。
週末、週末、こう天気が悪くては、台風の進路を前日までギリギリ見極めての出動決定。

ゴンドラ降りたら、てくてくロープウェイ乗場まで。
DSC_6395.jpg
栂池のスキー場としては、さっきのゴンドラリフトが最高点。

こっからはわりと最近できたロープウェイで。
DSC_6398_20181013221600b4a.jpg
それまでは車で上まで上がれたと言います。
ただ、それも20年前の話なので、わりと最近と書いたが、月日の経つのは早いこと。恐ろしいかぎり。

いよいよ紅葉真っ盛り。
DSC_6402_20181013221602b33.jpg
緑に残るオオシラビソと…
DSC_6404.jpg
オオシラビソの天辺にはマツボックリが集中。

白い幹が印象的なダケカンバ。
DSC_6406_201810132216055ac.jpg
で、かつて車で上れていた道を暫し歩くと…
DSC_6409.jpg
栂池自然園、到着です。
DSC_6412.jpg
こっから先、入園料あり。

あ、そうそう、ちょっと都合があるんで、1のものを10して、ネタを引っ張ります。いつものことだけどさ。

長五郎さんち
清水と言えば、そうだ、次郎長。
生家だそうです。
IMG_7979.jpg
最近リフォームしましたね。
IMG_7986.jpg
一度も来たことなかったなぁ、何度も清水に来ておきながら。
IMG_7981.jpg
咸臨丸事件とか話を聞いてみたり…
IMG_7985.jpg
山岡鉄舟との逸話を聞いてみたり…
IMG_7984.jpg
バナナアイスを食べてみたりする。
IMG_7980.jpg
では、次へ。

所縁の寺も有名だが、やはり一度も来たことが無い。
IMG_7987.jpg
こんな新しげなとこだったのか。
IMG_7989.jpg
銅像があり…
IMG_7991.jpg
ま、いろいろと所縁の品々。
IMG_7994.jpg
鉄舟の書。
IMG_7996.jpg
鉄舟は乞われれば書いたそうで、相当な数が残ってるらしい。
奥山方広寺とも縁があったそうで、実家にも確か。

んなことより、冷房ないとキツイし。
IMG_7998.jpg
で、墓石が並ぶわけですが…
IMG_8000.jpg
子分のこれは森町じゃないのか?
IMG_8002.jpg
ということで、全般的にう~ん。

いや、まる子には悪いが。