マスターの酔いどれ紀行
三度の飯より潜るの大好きマスター。ニューヨーク陸ダイバー生活から伊豆の海に帰る。年中潜れる生活って、やっぱ素敵。


Visitors



プロフィール

マスター

Author:マスター
海に浸かってさえいればご機嫌の、筋金入りスクーバダイバー。ロチェスター駐在から帰還し、窒素をたんまり吸ってはニンマリ。日々日記と称しては、好奇心任せに細かいネタを拾い歩く。



Weather in Rochester

Click for Rochester, New York Forecast

[F]から30引いて2で割るとおよそ[℃]



Today's Moon

CURRENT MOON
lunar phases



日本の天気予報っす


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



海のギャラリー

バラクーダ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ギンガメアジ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ミジンベニハゼ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒレナガネジリンボウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ガザミの仲間

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

カミソリウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

キンギョハナダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎岬先端

ニシキフウライウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

スマ

Not avilable

Maldives Filitheyo island

マダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒメイカ

Not avilable

西伊豆大瀬崎大川下

Manta Ray

Not avilable

モルディブ

ハクセンアカホシカクレエビ

Not avilable

西伊豆大瀬崎先端

ハナシャコ

Not avilable

四国柏島

ナマコカクレエビ

Not avilable

マレーシアシパダン島

キアンコウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



夏が来れば…なぜか新潟
南魚沼にほど近い大湯温泉。
IMG_1869.jpg
ま、基本は冬のスキー客メインですから、お得なプランがあるわけで…
DSC_1047_20170723084606acd.jpg
温泉旅館にして素泊まりコース。
だだっ広い建物に、ほぼほぼ人を見ず、人件費カットを徹底しているのかと。
IMG_1865.jpg
さて、ひとっ風呂浴びたら、魚沼市駅前地元スーパーにて買い出しの夕食。
IMG_1867.jpg
極めて親切で、郊外の大手に負けるなぁ!
IMG_1866.jpg
ということで、当然のシール有り品。

しかし、なんで新潟なんだ?

河岸段丘の街
沼田城址公園。
IMG_1828.jpg
ご存知、「真田丸」にも登場した真田が重要視した交通の要衝の街。
沼田城自体は1682年に破却されており、オリジナルの石垣発掘現場。
IMG_1830.jpg
その後の領主の子孫宅だったり(例により領主宅は東京にあるものだ)…
IMG_1836.jpg
豪商(薬屋)のお屋敷だったり。
IMG_1839.jpg
あれ?真田ゆかりのものは…?
IMG_1841.jpg
唯一、真田信之と、本多忠勝の娘、小松姫。

ま、最近有名になったのは…
IMG_1844.jpg
ブラタモリで取り上げられたという面も否めない。
IMG_1848.jpg
この地は三方を川に囲まれた河岸段丘の地形だからだ。
IMG_1849.jpg
では確認しに行ってみましょう。

あ、フィリピン食材店、兼、レストラン。
IMG_1853.jpg
羨ましい。ブラジルはあるのですが、フィリピンのジュージュー焼きの方が馴染む。

段丘の坂を降りたところが、沼田駅。
IMG_1857.jpg
そこから振り返り…
IMG_1858.jpg
一気に上れば市街地。
IMG_1859.jpg
って、期待が大きかっただけに(何を期待していたのか、今となっては)、う~ん。
思い知ったのは、長年河岸段丘の縁に住んでるんでした、私。
珍しくもなんともないわい。

その後、家々が若干斜めに建っていてノコギリ状になっている街並みなんかを見ながら…
IMG_1861.jpg
この天狗は?
IMG_1862.jpg


ラストラン:因島大橋ウォーク
因島大橋の真下。
ん?歩行者入口?
IMG_1462.jpg
「エレベータがあるかもね。レインボーブリッジみたいに。」

そんなわけなかったっす。
IMG_1466.jpg
野生のビワは小さい。
IMG_1468.jpg
さて、あちらが因島。
IMG_1469.jpg
自動車用路面の下に自転車と歩行者用通路。
DSC_0669_20170618214443c7c.jpg
まぁ、こんな感じ。
DSC_0671_201706182144456b1.jpg
カゴの中で景色は今一つ。
DSC_0675.jpg
ということで、半分まで行ったら折り返し…

ラムネ屋の近くのスーパーで買っておいた弁当。
IMG_1472.jpg
さ、無料の道路で本州に帰ろっと。
IMG_1474.jpg

ラストラン:思えば遠くに
向島からさらに岩小島に渡ってからの因島大橋。
IMG_1448.jpg
26年目、21万余km走行のこいつを旅の供に連れ出した。
IMG_1452.jpg
この旅、最奥地。
IMG_1456.jpg
さぁ、帰途につく。
DSC_0668_20170618214440a04.jpg
実のところ、遠くに来たという自覚無し。ちょっとそこまで感覚。

ラストラン:渡し舟に乗って
折角だから千光寺公園から尾道水道を眺めないと。
と思ったけど、1回700円の駐車料金が既に稼働中ですので、そこはそれ…

で、判ったのは、千光寺公園、昔動物園があったでしょう。この猿山が証拠。
DSC_0649_20170618214305d25.jpg
と思ったら、かつて千光寺山グリーンランドという遊園地があったということだそうで。その営業停止が2007年というから、ついこないだじゃん。

で、この猿山、撤去し忘れかと思ったら、老猿が一匹だけ居た。

ということで、お決まりの展望台からの眺め。
DSC_0651.jpg
う~ん、眺めとしてはもっと前のめりに見られるビューホテルの眺めが凄いな、やっぱ。

下山して、そのまま渡し舟上の人。
DSC_0656_20170618214329a74.jpg
150円(軽四(1人込)90円+大人60円)払って乗り込めば、いつの間にやら出航。
DSC_0657_20170618214330a1c.jpg
航海はほんの数分だから、あんまり降りてちゃダメ。
DSC_0658.jpg
こんなあっけないクルーズあるだろうか。日本のスターフェリー(香港)って書いてる人が居たが、スターフェリーはもっと乗りごたえがある。
IMG_1444.jpg
それに問題は、渡った先の向島にこれといったスポットがないことだ。

あ、失礼。今回は見つけました。ターゲットロックオン。
DSC_0660_20170618214335f3c.jpg
昔ながらの瓶ラムネ。
DSC_0663_201706182144041a3.jpg
ミルクセーキにサイダーと、昔懐かしい飲料製造所。
DSC_0664_20170618214406d64.jpg
瓶が貴重なだけに持ち帰りはNG。
キンキンに冷えた瓶ラムネを頂くのは、もはや贅沢。
DSC_0666_20170618214408dfa.jpg
ミカン水は…なかった