マスターの酔いどれ紀行
三度の飯より潜るの大好きマスター。ニューヨーク陸ダイバー生活から伊豆の海に帰る。年中潜れる生活って、やっぱ素敵。


Visitors



プロフィール

マスター

Author:マスター
海に浸かってさえいればご機嫌の、筋金入りスクーバダイバー。ロチェスター駐在から帰還し、窒素をたんまり吸ってはニンマリ。日々日記と称しては、好奇心任せに細かいネタを拾い歩く。



Weather in Rochester

Click for Rochester, New York Forecast

[F]から30引いて2で割るとおよそ[℃]



Today's Moon

CURRENT MOON
lunar phases



日本の天気予報っす


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



海のギャラリー

バラクーダ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ギンガメアジ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ミジンベニハゼ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒレナガネジリンボウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ガザミの仲間

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

カミソリウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

キンギョハナダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎岬先端

ニシキフウライウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

スマ

Not avilable

Maldives Filitheyo island

マダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒメイカ

Not avilable

西伊豆大瀬崎大川下

Manta Ray

Not avilable

モルディブ

ハクセンアカホシカクレエビ

Not avilable

西伊豆大瀬崎先端

ハナシャコ

Not avilable

四国柏島

ナマコカクレエビ

Not avilable

マレーシアシパダン島

キアンコウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



伊豆だ!潜りだ!祝復帰!~674,675本目
ここは伊豆、東海岸は富戸のダイブショップ「黄鰭」。


セルフのつもりで海洋公園を目指したわけなんだが、なんでここに居るのかというと、経緯はこう。
「こりゃ、思いのほか、9:00には着いちゃうぞ。」
「じゃ、黄鰭に寄って挨拶でもしてく?」
「日曜だしさ、予約無しで潜れちゃうんじゃないのぉ?(←ひどく、みくびった態度)」

「あれぇ~?」
「いやぁ、お久しぶりですぅ~!!」
ということで、見事、無理矢理飛び入り参加。予想外にお客さんが多い(大きなお世話であろう)にもかかわらず、すいません。そんな無鉄砲な我らを明るく迎える黄鰭社長であった。

ついでながら、飛び入り参加が、もう一名いたことを書き添えておこう。無茶です。良い子の皆さんは、お出かけ前に予約ぐらい入れときましょうね。

おっと、そこに腰掛けるのはY本兄さん。そして、置かれたジャージはまさしく姐!来てましたかぁ。八重洲で再会する前に、ここで再会達成。1年半ぶりでございます。

合流致しまして、本日向かうは富戸。素敵な漁港ポイント。姐、すかさず魚価相場にチェック。
DSCM2910.jpg

ここは誰がなんと言おうと素敵なビーチリゾート…
DSCM2913.jpg

んなわけもなく、どちらかと言えば体育会系か…
DSCM2914.jpg

カメラ機材の荷解きをする暇も無かったわけで、本日は陸上写真のみ。
DSCM2916.jpg

一本目、アオリイカの産卵、近接遭遇。それはもう、旨そうに見えたわけでして… あ、これ、例の生簀。
DSCM2917.jpg

うまかったです♪
DSCM2923.jpg

体験ダイビング初級編、シュノーケリングに付き添う姐。撮りつ、撮られつ。
DSCM2928.jpg

二本目の後は、お待ちかね、モノホンの温泉。温泉丸だ。
DSCM2932.jpg

掛け流しの湯を冷ますカラクリと、被写体狙う人…
DSCM2934.jpg

えっと、まんざら知らない人じゃないです。はい。

本日の最後に、いつも思うこと。この海に立つ鉄柱はなんなんだろう…
DSCM2935.jpg

ま、何はともあれ、伊豆はいいなぁ♪

そいえば、残圧計付け根からエア漏れ発生。敢え無くレギュレータは入院と相成りました。

バイク処分
次回出張にホテルを予約してあったんだが、日程変更。前々回に引き続き、"BOOKING.COM"を使ったんだが、予約の日程がオンラインでは変更不可。では早速、"BOOKING.COM"に電話。

「予約の日程変更したいんですが…」
「一回キャンセルして、取り直してください。」
「間際なんで、既にキャンセル料発生してしまいます。」
「じゃ、直接ホテルと交渉してください。」

わかった。この手のページは、ホテル紹介を和訳するだけの存在と見つけたり。今後、二度と使わねぇ。なめるなぁ!

で、ホテルに直電話。
「すんません、日程変更したいんですが…」
「ノープロブレムよぉ。一応、あなたの代理店に連絡しておいてね。」
「えぇ、そっちに連絡したら、直コンタクトしろって。」
「ノープロブレムよぉ。」
「まことにダンケシェーン

この国の人達は、少なくともサービス業とはなんぞやと知っている。

さて、んな話は良いとしまして、24年ぶりの快挙!鈴鹿8耐、ヨシムラの加賀山就臣/秋吉耕佑組優勝。スズキ勢の優勝は、モアノー/ユービン組以来。この間、GPライダーに席巻された歴史でもあるわけで…

そんなことは知ってか知らずか、本日、ようやくバイクを一台処分。


譲り受けて以来、修理を試みながら、あえなく断念。既に廃車してあったのだが、今回、土に還りそうなところを、押して動かせるうちに片付けようと。お願いしたのは、子供の頃から知ってるバイク屋さん。

あとは、もう一台をちゃんと自分で整備すると、そういうことでして。一体、いつ時間が取れるんでしょうねぇ…

セミ
いやぁ、週末の暑かったこと!その反動か、朝っぱらから前代未聞のものすごい雷雨。ロチェでの雷雨とは、また一味違った趣で。

広報放送にあった、近所のお寺からの出火は"誤報"。

米国中西部ではセミの大量発生年にあたってるそうっすが、うちも…


例年のごとく、大量発生。
DSCM2892.jpg


あ、落雷でネット切れた…

ジャム
ぼちぼち新しいブログを用意すべぇとは思いつつ、一向に作業がはかどらない。とりあえず題名だけでもいぢってみるかと…

半ば野生化したブラックベリー。
赤くて食えねぇよ。

と言うからには、こんな赤くちゃ食えない。

この位、黒く熟しませんと。
収穫品。

ジャムにしたそうです。
ガス代もったいない…

以上、かみさんによるレポートっした。

あたしゃ、昨日帰着、そのまま出社して雑務。帰宅して芝刈りと倒れそう。
この暑さ、なんとかなりませんか…

業務完了!
一番最寄のレストラン。
DSCM2862.jpg

ささやかながら、業務完了の乾杯を。
DSCM2855.jpg

いぃ感じの呑み屋じゃないですか。
DSCM2860.jpg

「ん?」
DSCM2857.jpg

グループ用ビールサーバーでした。日本で言うと、ピッチャーで!

普通にポークステーキで。
DSCM2858.jpg

あぁ、とにかく完了!!

路傍の街
型通りの観光なんて、マスターらしくも無い。世界の歩き方に任せとけばいいんです。

ということで、通り掛かりの向日葵畑に寄ってみたくなったわけ。夏だから。


それが自動車最優先のこの国、村を結ぶ一般道まで自動車専用道路。意外に難しいわけで。それでも、むりやりわき道に逸れてみる。
DSCM2666.jpg

なんて村なのか、名前すら知らないけれど・・・
DSCM2657.jpg

世界遺産よりも、よっぽどか印象に残る光景。ゴッホだね。
DSCM2668.jpg

そんなもんさな。

ファイナルチェック
やはり、同じ土俵で比較してみなくては。ということで、再度、ニコニコ亭。
DSCM2848.jpg

キュウリの胡麻和えで点数稼ごうったって・・・
DSCM2849.jpg

オーダしたナス揚げを、他の客にサーブされてしまいました。この人とは相性悪し・・・
DSCM2851.jpg

寿司は・・・実にOK。

仕上げはマンゴーで。
DSCM2853.jpg



ランチ
ランチは職場の周りで、外食メイン。

玄関向かいに、クルミ。


途上にブラックベリー。野草ですが。
DSCM2833.jpg

そいえば、庭のブラックベリーはどうなったのでしょうか?

何とか言う実。ここの言語はいまだに頭に入らない。ジャムにするか、シャンパンに漬け込むといいらしい。自家醸造発泡ワインということでしょうか。
DSCM2842.jpg

本日のランチは、ブッチャー(肉屋)。
DSCM2834.jpg

いつもながらの行列。
DSCM2836.jpg

ホントに肉屋なんです。
DSCM2840.jpg

本日のメニューは、TafelSpitz。牛の煮込みにタルタルソースxx風。
DSCM2838.jpg

香草が効いてて、爽やかに素敵。危うくだまされて、完食してまうところでした。

う~む。
DSCM2832.jpg

次回出張の目玉、決定だな。

モーゼル川
こちら、かの有名なモーゼル川。


モーゼル川沿いに、どローカル一般道を進みますってぇと・・・
DSCM2809.jpg

ま、とにかく、ブドウ畑。
DSCM2805.jpg

有史以来開かれてきた畑だろうが、斜面の表土流失により各所に断崖絶壁。見ようによっては自然破壊だわなぁ。
DSCM2808.jpg

などと、めいめい勝手な思いを巡らせながら、気の向いた街の気の向いたカフェで、モーゼルワインなぞいかがでしょうか・・・

古都トリアー
相当古い都らしいっす。何がかって言えば、ローマ時代の遺跡が残る街。世界遺産盛りだくさんの街。・・・らしい。


思えば、ローマだの教会だのは、土曜に見たばっかりでした。しまった!

ということで、気を取り直して、黒門(ポルタ・ニグラ)。
DSCM2707.jpg

2世紀に作られた城壁の残り。そいえば、城壁都市が基本でしたね、この国。
DSCM2726.jpg

既にどこに行っても同じに見えてきてます。そんなときは、広場でモーゼルワインをあおる。
DSCM2735.jpg

そう、モーゼル川沿いの街でもある。

大聖堂。
DSCM2738.jpg

なかなか大したものではある。
DSCM2740.jpg

どこかで見慣れた風景。ただし、お香はない。
DSCM2742.jpg

直ぐ隣接する、聖母教会のステンドグラス。
DSCM2751.jpg

なんだか全く同じことを繰り返している気がしてきました。

カイザーテルメン(皇帝大浴場)跡地。
DSCM2767.jpg

返す返すも跡地であって、現役ではない。見どころは、地下通路。
DSCM2768.jpg

子供たちが鬼ごっこをするには、ちと広すぎるだ。迷子、多数続出。
DSCM2778.jpg

古代円形劇場。ローマ市民権の象徴。
DSCM2784.jpg

ブドウ畑を背景に、画になるところだ。駐車場完備であることを書き添えておこう。わたしゃ、歩きに歩いて、体力大消耗。

んで、スタジアム中央地面下。地面と思いきや、下はこんな構造になってたんすねぇ。ローマのコロシアムもそういうことか。
DSCM2796.jpg

ぐっと時代は下りまして、マルクスの生家らしい。
DSCM2801.jpg

中国人観光客がここだけ目立つのは、気のせいでしょうか・・・

イーダー
先々週に宝石鉱山のある街としてイーダー・オーバーシュタインとして紹介したが、正確にはオーバーシュタイン。そもそも合併して生まれた街らしいのだが、その一方のイーダーをご紹介忘れました。静岡紹介して清水を忘れるということだな。

なんてったって、街の背後にそびえる断崖にへばりつく岩盤教会。これが見どころなわけで。


水晶の置物はいかがでしょう。・・・ここは山梨かっっ!!
DSCM2672.jpg

まずはこの水場を目指し・・・
DSCM2673.jpg

いざ、岩山へ。
DSCM2674.jpg

岩盤教会前からの眺め。
DSCM2675.jpg

教会の入口は外からにあらず。岩盤をくり貫いた真新しい通路が入口。なぜ?落石注意?
DSCM2678.jpg

入ってみるも八卦、入ってみないのも八卦。眺めとしては、ほぼ同等だ。
DSCM2681.jpg

だから、登るのはおよしなさいって。
DSCM2691.jpg

これが心残りで、再び寄ってみたのも事実。
DSCM2696.jpg

んな暇あったら、他に行くとこあるだろって、自分でも思うんすけどねぇ。

あぁ、雨宿り。
ここんとこ、雷雨にみまわれる毎日ですが、市中観光中も降られたっす。
DSCM2635.jpg

うわっと、逃げ込んだ先は、活字が一杯。
DSCM2589.jpg

グーテンベルグ博物館。
DSCM2641.jpg

あんな本やこんな機械がごまんとありますから、興味ある方はどうぞ。特に初版本フェチには応えられない、究極の聖書初版とか。

いやいや参った。雨も上がったんで、ライン川沿いにふらり。おぉ、露店が立ち並び、フェスティバルじゃないですかぁ。
DSCM2613.jpg

と思いきや、また豪雨。
DSCM2648.jpg

雨宿りするしかないじゃないですか。
DSCM2643.jpg

この国の屋台でイタリアワイン。まずお勧めできませんな。
DSCM2645.jpg

ポスターのこれ、なのかな?
DSCM2644.jpg

そのまま晩飯になだれ込むという寸法でして、炭火グリル。
DSCM2649.jpg

ポークステーキをば。
DSCM2650.jpg

素敵でした。

そうだ!市中観光
思えば、いまだ市中観光というものをしてませんでした。それなりに観光都市だというのに。

ザンクト・シュテファン教会。"G"、大絶賛。


有名な、シャガールの青のステンドグラス。
DSCM2560.jpg

1973年から10年を掛けて製作されたもの。ユダヤ人であり、迫害により米国に移住せざるをえなかった、シャガールの作品がここにあることの意味を考えなくては、この作品の真意が判ったことにならない。であるからこそ、ここの人々は誇りに思っているのである。

ま、そんな話はよいとして、街の中心部。ハトの楽園。
DSCM2565.jpg

マーケット開催中です。米国と異なり、ひたすらこれ。これ抜きには考えられない。
DSCM2588.jpg

浜松のマインシュロス。ここの人からすると、極めて評判悪し。そうかなぁ、街頭のポスター見ても、同じようなもんだと思うが、微妙に気持ち悪いらしい。
DSCM2590.jpg

Dom、いつもと違う中庭からのアングル。
DSCM2586.jpg

何気に、この国三指に入る大聖堂。博物館見なけりゃ、無料。
DSCM2572.jpg

前から気になってた南駅目前の博物館。
DSCM2603.jpg

ローマ時代の木造船。ここは、ゲルマン人の侵入に備える、ローマ帝国の最前線基地だったのだ。あ~、ゲルマン民族の大移動。教科書では見たことあるが、その意味はこういうことか!今にして分かる世界の歴史。
DSCM2600.jpg

無料なのが素敵。トイレも使用できるし(米国ならばスーパーに駆け込むとこだ。)。

橋のたもとのローマ・ゲルマン博物館。またまた無料なのが素敵ぃ、素敵ぃ。
DSCM2619.jpg

博物館に扇風機は付き物だ。
DSCM2621.jpg

・・・ってさ、これあれでしょ?トロイから発掘されたアガメムノンの黄金仮面。
DSCM2622.jpg

んなもん、ここにあるわけないじゃないですか。その他にも、私レベルでレプリカと判別できるもの多数。
DSCM2623.jpg

教育目的とは言え、本物を見せるとこだと思うんですよ。現地出土品オリジナルは、明確に表示すること!

さかな、さかな、さかな~♪
魚を食べると~♪ ・・・とその結果と効能はいいとして、食生活が偏っていることも事実。魚を食べるべし!との指示。

では、早速「Nordsee(北海)」。海の幸じゃ~っ!北海の漁師魂。


ま、チェーン店ですけど。

アジの酢漬け・・・ですか。
DSCM2734.jpg

旨いですが、パンとの組み合わせは如何か?そりゃともかく、ここの人はシメサバにコハダもイケると、そういうことだ。

晩もがんばって魚にしてみます。「Domo」。
DSCM2823.jpg

う~~ん。
DSCM2815.jpg

とにかくビール。
DSCM2818.jpg

それが意外にどうして。OK。
DSCM2822.jpg

これで、ランキング確定!
にこにこ亭>Domo>冷凍寿司(Aldi)>Mosch Mosch>Tokio>冷凍寿司(Real)

最下位の冷凍寿司は、レアルというスーパーにあるもの。サヤエンドウの握りにニンジン微塵切りまぶした巻き。買ってみる気にもならん。

それはそうと、Domoには韓国料理で勝負して頂きたい。炭焼き焼肉なら、通うこと間違いなし。米国でも韓国焼肉って、なんで七輪で焼かせてくれないんでしょうか?

てなわけで、行列作ってましたから・・・
DSCM2824.jpg

とりあえず並ぶ。
DSCM2825.jpg

そういうことです。

日本語教室の夕べ
先週木曜日は、にこにこ亭。


職場の日本語教室の会食に、飛び入り参加。推薦した以上は、最後まで見守る責任がありますから。

親子丼は完璧。
DSCM2545.jpg

その他、ラーメンも鮭塩焼き定食も天麩羅うどんも大丈夫そう。いやぁ、よかった、よかった。

んで、帰路は、直ぐ近くの建物をスルーするんですが、ここでストップ。
DSCM2548.jpg

この街で一番の人気店とかで、寄って行こうと。
DSCM2547.jpg

美味しゅうございましたが・・・
DSCM2549.jpg

その夜、洗濯にいそしむはめとなりました。コインランドリーさえ知っていれば・・・

お日柄もよろしいようで
このホテル、結構やかましいんです。
窓開けてるせいもあるんですが。えぇ、当然、冷房ありません。

それが、朝、クラクション鳴らしまくってる一団がいまして、朝から"族"かよ!そう思ってたわけです。


違いますね。結婚式。
DSCM2606.jpg

友人一同、クラクション鳴らしまくって爆走する。そういう慣わしなんでしょうか?

お日柄もよいようでして、賛美歌が響きます。
DSCM2569.jpg



見つけた!
出た!黒ハリボ(HARIBO SCHNECKEN) 1kgパック。


ありえねぇ~っ!おみやげにいかが。

巨大"源氏パイ"。
DSCM2554.jpg

フツーにうまい。

それだけではなんですから、これも。
DSCM2555.jpg

ま、この程度じゃ、リカバリになってないと思いますけどね。

あったぁ!コインランドリー。
DSCM2594.jpg

えぇ、探してました。遅かりし感もありますけど、次回につなげます。
DSCM2595.jpg

こういうところもお国柄かなぁと。宇宙船の中の20世紀的表現のような。

メシねたはうんざりですが・・・
ブログを休むと消息が分からんとお叱りの声。ねたにツマっているのは、どうにもご勘弁下さい。

ネタ拾いをしようと、本屋まで出かけて地図を眺めてみたんすが、面白い書き込みが見当たりませんねぇ。なまじか観光客が来る国だけに、レアねたも難しい。その意味ではロチェは、B級観光天国でした・・・

さぁて、ここんとこ雷雨に見舞われることが多いここですが、夕刻は晴れ。


本日はここでございます。「HeiligGeist」。
DSCM2535.jpg

えっと、つまりHoly Ghost(ホーリーゴースト)ちゅうことでして、「聖霊」って名前のレストラン。

なぜそんな名前かと言いますと・・・
DSCM2538.jpg

ここは元教会の建物だから。

そして、売りはピザのようなもっと薄くてクリスピーなやつ。
DSCM2540.jpg

数年前はもっと高級店に思えたんですけどね。ぐっと庶民的になったような。
DSCM2541.jpg

そんなこたぁどうでもいいんすが、最近、朝飯担当のおばちゃんが休暇のようでして、明らかに朝飯のグレードが↓ タマゴが付かないどころか、コーヒーは煮詰まり、パンはカピカピ。朝飯から足が遠のきます。お陰で調子が良いような気がするのは、気のせいでしょう・・・

いつまで続くぬかる溝・・・
今週の肉屋の昼食メニュー。せっかく本日は、鶏半分丸ごとの日でしたのに、車にカメラを置き忘れてしまいました。不覚。


ってことで、ビタミン補給。この出張の直後に人間ドックあるんですが、極めて自信ありませんな。
DSCM2534.jpg

ということでして、話題を変えることにします。
DSCM2532.jpg

ここまで書かれて入らんわけにはいかんでしょ、冷やしウドン。
DSCM2528.jpg

「あのぉ、冷やしウドンを・・・」
「え?」
「表に書いてあったんすが、冷やしウドン・・・」
「え?天ザルですか?」
「そうかもしれません・・・」
結果、ソバでした。
DSCM2527.jpg

海外でソバは食うなは、基本中の基本。この店の評価↓ しかし、他が他だけにランキングに大勢影響無し。

所詮は食べ物ネタなんだなぁ。それしかないじゃん。

温泉探して・・・
ラインとモーゼルの交わる処、コブレンツ。その南東ほど近い山中、バートエムス(Bad Ems)に温泉があるという。

そらぁ、行かねばならないではないですかぁ。マスターとしては。

ということで、ラーン川沿いに広がる街を歩きます。お?これか?


クソ暑い最中、助かりますが、こりゃ水道。

インフォメーション板の脇にあるこれだ!
DSCM2456.jpg

ローマ人が発見したというローマ源泉。そうさなぁ、日本で言えば、弘法大師が見つけた湯、んな感じ。
DSCM2457.jpg

んが!湯が枯れてる!

う~む、どうしたもんだか・・・ 19世紀後半に栄えた温泉保養地、本日フェスティバル。
DSCM2458.jpg

欧州もガラクタ市は、ガラクタだ。

それよりゃ、ビールにソーセージだ。
DSCM2465.jpg

ここでもボートレース。
DSCM2468.jpg

コブレンツでもそうだったが、掛け声がどうにも西洋的でない。太鼓に、よ~く見ると船の飾りに竜。どんな因縁が存在するのであろうか・・・?

さぁて、街の中心建築物はどう見てもこれ!入ってみると・・・
DSCM2470.jpg

意外にもオープンなスペースに、温泉塔が。
DSCM2472.jpg

エステの受付かと思われるカウンターにコップが。これは飲めということですね。
DSCM2476.jpg

非常に鉄錆臭い湯。コップ一杯飲むのもしんどい感じ。

それが判明したのは、カウンター脇のエステの入口と思いきや、中に入ると・・・
DSCM2480.jpg

なんだ、こりゃぁ!!
どうやら、温泉でうがいするお部屋・・・らしい。え゛?飲んじゃいけないの?

この建物の脇に湧き出す温泉噴水。
DSCM2482.jpg

あぁ、頼むからこれに浸からせてくれぇ~!
DSCM2483.jpg

ちなみに、グラス一杯の温泉は、適飲用らしいっす。私のドイツ語推定解読によればなんですが・・・