マスターの酔いどれ紀行
三度の飯より潜るの大好きマスター。ニューヨーク陸ダイバー生活から伊豆の海に帰る。年中潜れる生活って、やっぱ素敵。


Visitors



プロフィール

マスター

Author:マスター
海に浸かってさえいればご機嫌の、筋金入りスクーバダイバー。ロチェスター駐在から帰還し、窒素をたんまり吸ってはニンマリ。日々日記と称しては、好奇心任せに細かいネタを拾い歩く。



Weather in Rochester

Click for Rochester, New York Forecast

[F]から30引いて2で割るとおよそ[℃]



Today's Moon

CURRENT MOON
lunar phases



日本の天気予報っす


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



海のギャラリー

バラクーダ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ギンガメアジ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ミジンベニハゼ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒレナガネジリンボウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ガザミの仲間

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

カミソリウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

キンギョハナダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎岬先端

ニシキフウライウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

スマ

Not avilable

Maldives Filitheyo island

マダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒメイカ

Not avilable

西伊豆大瀬崎大川下

Manta Ray

Not avilable

モルディブ

ハクセンアカホシカクレエビ

Not avilable

西伊豆大瀬崎先端

ハナシャコ

Not avilable

四国柏島

ナマコカクレエビ

Not avilable

マレーシアシパダン島

キアンコウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



城崎にて~カニ王国
まる二日を要しました。到着。


カニ王国。いや、カニにしてみりゃ大量に捕獲されて食べられちゃうから、カニ地獄。
DSCM6284.jpg

さぁて、飛び込みで宿を押さえたところで、温泉、温泉。
DSCM6218.jpg

城崎と言えば、外湯巡り。柳湯。
DSCM6221.jpg

一の湯。
DSCM6223.jpg

御殿の湯。
DSCM6225.jpg

鴻の湯。
DSCM6226.jpg

えぇっと、一言で言えば、情緒無し。潤っているようでして、全て新しい施設でして、今日日のスーパー銭湯と何が違うのか、と。一般に西の方の温泉は、趣きが足りないようです(全国秘湯愛好家談)。同じ行くなら、東北、行こうぜよ。

「城崎こそ日本を代表する温泉である。」リップサービスとはいえ、いい加減勘弁してもらいたいと、かの文豪も思っているだろう、きっと。

ま、そうは言っても、歴史ある元湯だし。
DSCM6233.jpg

このくらいの旅館に泊まってみたかった。
DSCM6260.jpg

と、突然の雷雨。柳湯に閉じ込められました。
DSCM6271.jpg

こじんまりとした柳湯はお勧め。

なんとか大雨の中、共有傘で宿に辿り着き…
DSCM6273.jpg

カニ。ロシアから来た…かもしれないという疑惑はあるが…
DSCM6274.jpg

とにかく、焼きガニ。
DSCM6279.jpg

カニ鍋。
DSCM6281.jpg

も、もう食えません。こ、これしきのことで…
DSCM6282.jpg

同じ食材を大量に摂取するのは、体に良くないと思います。そして何より、食べるのが面倒になるね、カニって。

んでもって、中途半端な予算で温泉宿に泊まるのが一番良くない。

城崎にて~若狭湾立ち寄り編
これが~♪俺の日本~海♪
DSCM6148.jpg

ベタ凪ですが、だまされません。この下には、トロピカルなお魚はいません。突いて何ぼの日本海。いや、ホント。そんな光景を何度見たことか。

さぁて、敦賀?舞鶴?どっち?程度の認識でしたが、誤りでした。舞鶴。
DSCM6149.jpg

盗むように撮らなくても…
DSCM6153.jpg

堂々と正門から入れば、休みの日は見学できるらしい。

レンガ倉庫群。
DSCM6158.jpg

博物館になっとる。無料は素敵。
DSCM6161.jpg

そして、開店セール。
DSCM6175.jpg

手を振ってくれて、ありがと。

「上から見るか?間近で見るか?」
さぁ、ここはどこ?
DSCM6180.jpg

答えは、日本三景「天橋立」。
DSCM6184.jpg

しきりと対岸まで渡り展望台に上れとの案内が目に付くが、だまされるな。
DSCM6193.jpg

見どころは手前側の展望台からだ。
DSCM6198.jpg

普通に見たほうが美しいと思う。第一、見やすい。
DSCM6207.jpg


DSCM6210.jpg

素敵なショットをありがとう。それ、ビールですか?

城崎にて~焼き鯖おまけ編
ここに来た以上、意地でも食っちゃる。
DSCM6130.jpg

鯖街道は、焼き鯖寿司。
DSCM6134.jpg

「おこずかいだからね!」
「へ~い。」

城崎にて~なぜに敦賀編
えっとぉ、味噌煮込みうどん。


なぜかと言えば、三連休。実は紀伊半島串本ダイビングを狙っておりましたが、かみさん、風邪。木曜まで引っ張ったものの、結局断念。で、ついに金曜の朝…

「で、どうすんだよ
「城崎温泉…」

ということでして、この時点で10時。高速道路はついでながら大渋滞。連休を舐めるなぁ!
んで、なぜかここに居るわけです。しかも下道だし。
DSCM6086.jpg

まずここまでが長かった。自宅→三ケ日→新城→本宮山→豊田→瀬戸→一宮。一般にはこれを無謀と言う。

おっと、通りがかりに見つけましたから、ちょいと寄ってみます。
DSCM6087.jpg

そうそう都合のいい偶然はありませんでした。残念。

さらに一般道を突き進み、賤ヶ岳トンネルを越えますと、琵琶湖。
DSCM6088.jpg

そもそも無計画に城崎に向かう無謀。そういう場合は、無理せずビバーク。

なぜだか車掌がいる街、敦賀。高速道路が順調ならば、うちから2時間半のはずなのだが…
DSCM6098.jpg

駅前ビルのテナントが、らしいね。
DSCM6095.jpg

安宿を確保したら、早速繰り出す。駅前にほぼ唯一と言ってもよい?呑み屋。
DSCM6096.jpg

地方都市からやってきた私にも、このだだっぴろい空間が居心地悪し。呑み屋には適度なタイト感が必要。
DSCM6103.jpg

日本海のお魚…
DSCM6104.jpg

ではなく、解禁間もないこれでしょ!
DSCM6117.jpg

もろもろの都合により、セイ甲(♀)。涙。ま、ロシア産と思われるカニ食っても仕方ないし。
DSCM6105.jpg

そうだ、そもそも、大阪で食い倒れたかった。てっさ。
DSCM6110.jpg

もちろん、地酒なわけですが…
DSCM6111.jpg

それには、「へしこ」。鯖の糠味噌漬けみたいな。
DSCM6112.jpg

珍味と言う割には、まっとうなお味。

すっかり、呑んだくれました。
DSCM6124.jpg

いいのか?三連休。

電飾ツリー
浜松駅前ですが、もうそんな季節ですか。
DSCM6073.jpg

生モミは売ってませんわなぁ。

ブリしゃぶ、タイしゃぶ
本日、企業向けTOEICを受けたんすが、ちっともできた気がしない。う~む、赴任前より進歩がないってこともありでしょうか?
さて…

「しゃぶしゃぶはフォンデュである。」とは、フォンデュの大家、"J"のお言葉。

ではこれもだろか?
DSCM6074.jpg

ブリしゃぶってのは、流行りなんだそですね。もちろん、値下げシールが貼られておりましたぞぉ。
DSCM6075.jpg

しかし、一味違うぞ。火力は抜群、ガソリンバーナー。
DSCM6076.jpg

えぇ、普通のカセットコンロ持ってないだけの話。おかげでいっちゃん小さな鍋しか載らない。
DSCM6078.jpg

いやぁ、ブリの場合、生臭さが引き出され、食べ方としてどうなんでしょうか?

新・新丸ビルで立ち呑みを
言わずと知れた某駅。
DSCM6059.jpg

人と待ち合わせするには電話が必須。ちょいとした電話難民状態。えぇ、今どき公衆電話なんぞありゃしません。

「ちょっとぉ、留守電聞いたけど、今時公衆電話からってありえなくね?」

えぇ、その通り。この非国民状態は、米国でSSN持ってないよりひどい。全ては、次の駐在者をはっきりさせない上司に言ってくれ。

さぁて、本日の呑み相手の御仁とは、八重洲で再会を約束していたお方。既に伊豆にてハプニング的に逢っておりやすが。しかも、集合場所、八重洲口じゃないしぃ。

おっとっとっとと。
DSCM6060.jpg

この画像からは想像もつかんでしょうが、新丸ビル。その昔、やはりこのお方と新装した丸ビルに繰り出そうとして、新装前の新丸の内ビルヂングに。「お?」5秒ほど、声も無く、二人して立ち尽くした思い出の新丸ビル。

「え?それって、どこよ?新丸ビルじゃなくて、新・新丸ビルの7Fね?」
で、結局こちら。
DSCM6061.jpg

「イメージは蕎麦屋で熱燗かな?」って、私のイメージ、どんなですか。

席が空いてなく、立ち飲みスタート。で、それもいいかなと思ったら、あっという間に席に通されてしもぉた。

♂は必ずオーダーするというウズラ卵フライ。
DSCM6063.jpg

なぜだ?口惜しいが、ご多分に漏れず、好物である。

せいろは頼まにゃなりませぬぞ。
DSCM6066.jpg

とか何とか言ってるうちにタイムアウト。全く話し足りないし、第一、呑み足らぬではないか。

しかも、あともう5分、呑めたよ。
DSCM6070.jpg

最終ひかりは、ものの1時間と10分ちょっとで到着するわけです。

さぁこれで帰国後の手続きは全て完了か…いやいや、宇佐美で潜るという約束がまだ果たせてませぬぞ、キヌー様。

あぁ、上野駅
眠いです。5時台のバスに乗り、浜松駅。
DSCM6015.jpg



ほぼ、瞬間移動。上野駅。
DSCM6016.jpg

グランドセントラル駅の階段を彷彿と…んなわけないか。

さぁ、朝飯、朝飯。んが、立ち食いそばが無いじゃないですか。仕方なく、朝から、朝ラーメン。
DSCM6020.jpg

後から知りましたが、蕎麦屋は階上のほにあったようです。

特急。
DSCM6028.jpg

その昔、かみさんがこのホームで特急をじっと眺めていた。ぜってぇ、怪しい…と睨んでいる。

さぁて、目的地は…
DSCM6051.jpg

電車はおろか、バスも通わぬ山中でして…
DSCM6054.jpg

道中、猟銃担いだおっさんを見かけました。ホントです。

ま、私、そんなこと言える労働環境じゃありませんけど。敷地でキジ見かけたことありますし…

香嵐渓、なんですが…
さぁて、香嵐渓。

飯盛山香積寺の和尚が、紅葉を植えたのが始まりとされる。
DSCM5887.jpg

足助の街外れの川沿いに位置するわけでして…って、本日紅葉五分って書いたよね?書いたでしょ?観光協会の人。
DSCM5952.jpg

歩いてみると、真っ青。
DSCM5892.jpg

The Japan!
DSCM5896.jpg

無理やりこんな風景を探してみるわけだが、稀。
DSCM5898.jpg

端っこの下の方だけさ。
DSCM5900.jpg

わらぶき屋根の民家は…
DSCM5906.jpg

ひなびて素敵な風景…
DSCM5908.jpg

のはずだが、この人出。
DSCM5912.jpg

なぜに刀削麺?
DSCM5914.jpg

団子はわかる。みたらし団子、70円/本。
DSCM5917.jpg

本来、見渡す限り、こうあるべきだ。
DSCM5928.jpg

こんなところで…
DSCM5929.jpg

素敵な一杯。
DSCM5933.jpg

ま、そんなもんなんだが…
DSCM5946.jpg

いざ帰ろうとしたら、なんだ?この人ごみは?
DSCM5950.jpg

どうやら、豊田側からアプローチすると、足助の手前に大駐車場があるらしく、足助の街には誰も流れない流れになっている。そういうことだ。
DSCM5956.jpg

余計なお世話ですか?そうですかぁ。

あ、名物、紅葉の衣揚げは買ってもらえませんでしたぁ…

ご帰宅
只今出張から戻りました。

猟銃担いだおっさんを見掛ける山中まで、ちょいと出張でした。世界をお股に掛ける男…それなりに大変っす。

足助の街並み
豊田市足助町の続き。
DSCM5878.jpg

こんな路地、ドイツのクソ田舎で見ましたね。
DSCM5879.jpg

ま、こんな感じの店が軒を連ねる…
DSCM5880.jpg

観光地なんですがぁ…
DSCM5882.jpg

とにかく人通りが無い。
DSCM5884.jpg

ひなびた田舎の観光地と言えば聞こえはいいが、なぜだ?香嵐渓と言えば、秋の一大スポットの筈。
DSCM5885.jpg

まぁ、混雑嫌いだからいいんだけど。次回、香嵐渓へGo!

塩の道づれ家
駄目だ駄目だと言いながら、HP見てみりゃ、見ごろは16日からと。今、5分程度の紅葉だと。本日は、晴れの予報だと。

では、さっそく。

「最初のコンビニで止まって」
あんだと?この山奥でコンビになぞ、あるわけない。渋滞が嫌で、山道のくせに少しでも車が詰まろうものなら、迂回路!ですから。
DSCM5859.jpg

あ、意外にもあった。しかも、二時間の道中二軒も。
DSCM5861.jpg

晴れの予報に、雨が降る。中日新聞の天気予報は最悪だ。なまじか、見ない方がマシ。米国の天気予報が当たる、当たらないとか論じる以前の問題。四コマ漫画がようやく変わったことだけは評価する。

さぁて、本日の目的地、到着。愛知県豊田市足助町。
DSCM5863.jpg

豊田市というからには、東名高速で豊田経由で行った方が近いはず。
んが、大渋滞が予想されるわけでして、山側からのエントリー。あっさり到着。

行ってみたいとご指定の蕎麦屋「塩の道づれ家」。
DSCM5866.jpg

足助の町並みど真ん中。
DSCM5868.jpg

こんどこそ、間違いなく、手打ち。
DSCM5871.jpg

旧家を改造した造りも、ありがちだがOK。
DSCM5872.jpg

もちろん、冷たいやつで。
DSCM5873.jpg

鮎飯もつけちゃいました。メタボ講習はなんのため?
DSCM5874.jpg

そば粉のお菓子はおまけ。
DSCM5876.jpg

おいしゅう頂きました。

ところで、相当の渋滞と人出を予想していたものの、店にも外の通りにも、人はパラパラ程度。な、なぜだ?今年の紅葉は外れだから?

う~む…

西伊豆大瀬崎~683,684,685本目
土曜は大瀬の潜水行。6時半出発だったのだが、静岡大渋滞。到着は10時半。ふ~、やっぱ日曜に限るな。いや、ま、東名使えって話ですけど…

本日より、10年近く通ったショップをチェンジ。てぇことで、店に顔を出したら、前の店から知っている常連さんのみ。
「店の人は?」
「今潜りに行ってるから。そろそろ戻ってくるんじゃない?」

んで、そうこうしているうちにオーナーが戻ってまいりまして、
「あ、はい、タンクはこれを。今日は先端がいいですよぉ。」

ということでして、100円握り締め、先端。
DSCM5850.jpg

エントリーしまして、まずはキビナゴの群れを探す。本日、透明度、グッド。12m位のところにキビナゴ発見。さぁ、腰を据えまして、ショーの開幕。

キビナゴがキラキラと泳ぎまくるのだが、群れに緊張が走る。
「!」
突如、イナダが群れに突っ込む。その数、30?40?逃げ惑うキビナゴ。ダイバーの存在など忘れてマジ逃げするキビナゴ。空気がもつ限り、飽きもせずに眺めるわけです。う~ん、スペクタクル。

朝は西風出てたけど、本日、状態は上々と言ってよかろう。
DSCM5852.jpg

鍋焼きうどんは遠くなりましたから、昼食は170円のどんべえ。えぇ、ガソリンも高くなりましたしね。
DSCM5853.jpg

ゆで卵もトッピングしてみました。メタボが何ぼのもんじゃい。

二本目は、レンズをワイドに交換して、やっぱ先端。

三本目、ショップの目の前からの出入りを確かめたくて、湾内。
「え?行くの?16:00までだよ。」
「えぇ!」
ということで、スクランブル潜水。いやぁ、マンボウ前までが遠い、遠い。

ところで、ウェットスーツとは使わないと硬くなるし、縮むということはごぞんじでしょうか。いやぁ、朝、着込むときに、ひさっびさに手にサクっと嫌ぁな感触が。
DSCM5855.jpg

水温21度もあるし、大勢に影響なく、そのまま潜り続行。

んで、二本目、上着を着込んだとき(下は着っぱなし)…
DSCM5858.jpg

ゴムが劣化していたとしか思えん。同じ日に二箇所なんて…

バカにつける楽
バカにつけるではございません。です。

ここでいう「バカ」とは、この地方で使う「最大級」を示す修飾語。

「バカ助かるやぁ。(非常に助かりました。)」

などと使います。ほぼ何にでも使用できます。ばか便利です。ぜひお使いください。

かみさんは職場で同僚にそう言われて、相当カルチャーショックを受けているようです。ばかショックだそうです。ま、そのうち慣れるでしょう。しかし、そんな言葉が飛び交う職場というのも、確かに如何なものでしょうか。地方の雄とまで言われる優良企業のはず(しかも基本的に接客業)なのだが…

地方色豊かでいいじゃないですかぁ。

…などと書いていたら、ポルトガル講座から帰ってきました。
「授業のことをアウラ-と言います。授業で会うらぁ(会うでしょう)…って、言うんだよ!どうしたもんだか。」などと帰宅早々、脱力しております。

地方色豊かでいいじゃないですかぁ。

さて、そんなことはどうでもよろしい。白菜。


すくすく育って欲しいものです。

ばか楽しみ。

紅葉祭りのはず…
「紅葉を見に香嵐渓に行きたい」とぬかすんで…

やって来ました、鳳来山紅葉祭り会場。


だから、今年の紅葉は駄目だって。香嵐渓なんて遠くまで行かなくて正解ぢゃ。

潜入ルポ
浜名湖は村櫛までやってきたのですから、行っときましょう。


「のたね」。知ってる?
DSCM5821.jpg

浜名湖ガーデンパーク。浜名湖花博跡地と言った方が通りがいいか。

「ここは何のアトラクションでもありませ~ん!」
DSCM5822.jpg

そんな謎な言葉を係員が大声で叫んでいたパビリオン?も今は昔。

庭園は、ほぼそのままの形で残っている。
DSCM5826.jpg

花博当時、展示物のごく一部なれどお手伝いした者としましては…
DSCM5829.jpg

税金突っ込まれていると思うと、胸が痛むわけ。

撃沈
二日もお休み頂きました。何も書かんで寝られるって、素晴らしい。
ま、だったら書くなという、それだけの話ですが…

ガ○レオ。なんですか?あれは。第一、密室が成立してないしぃ。物理学者の設定なのに、化け学系セットだし。シナリオがなってないしぃ。いや、そんなことはどうだっていいのだ、福○雅治か柴○コウのファンしか見ないんだから、恋愛モノなんだから…そう言われましても。美○と野獣で前歴あるだけに、あまりに繰り返すのは得策ではないかと。

さて、先週末はどこかにお出かけしたというわけではなく、なんだか土曜は朝から研修。

そして、夜は"F"家を招いての夕食。


最近のプラレールはスゴイ。
DSCM5834.jpg

そして、呑んでぇ~、呑んでぇ~、ひたすらぁ呑んでぇ♪
DSCM5837.jpg

果たして、撃沈

おまけ画像。ケトルコーン、完成を待つの図。
DSCM5841.jpg

お元気ですかぁ~

檸檬
本年、初収穫。




幻の佐久間線
天竜漕艇場に程近いダム湖上、夢の架け橋…
DSCM5722.jpg

またの名を無謀な夢の残滓、もしくは国鉄佐久間線未完成橋脚と言う。上の橋には、一切興味ござんせん。
DSCM5723.jpg

世の中、鉄橋を再利用するということは結構ありまして、ウチのすぐ下流には、遠鉄奥山線の鉄橋桁を再利用した橋があった。そんなに鉄骨が不足してたんでしょうか?

まぁ、いいとして。

橋脚までは無理矢理再利用したものの、その先につながる部分は放置。壊すにも金掛かる。
DSCM5806.jpg

トンネル。
DSCM5805.jpg

いまさらながら、掘っちゃいましたね。
DSCM5801.jpg

by鉄建公団改め、国鉄清算事業団。
DSCM5800.jpg



幻の国道152号線
あまりに有名ですね、幻の点線国道152号線。


北遠と南信を結ぶ塩の道、国道152号線は、青崩峠で途切れてるわけでして。
しかし、南信には海水と同じ塩分濃度の塩泉が湧き出る鹿塩温泉があるではないか。なぜに塩の道?

あ、いや、青崩峠に一度は行ってみなくては!ということでして、到着。舗装路終着点。
DSCM5775.jpg

え゛?登山ポスト?ハード系?本物系?
DSCM5774.jpg

一体、どのくらい遠いのか?少々ビビりまして、さらに悪路を奥まで進んでみる。

いよいよ本物の終着点から徒歩。
DSCM5779.jpg

橋。ワイルド系?
DSCM5780.jpg

ついに念願の青崩峠。
DSCM5782.jpg

徒歩、ものの5分でした。次は、登山届出してやる。

ここから先は長野県。
DSCM5785.jpg

視点を変えれば、中央構造線の破砕帯が走る峠でもあるわけでして…青崩というだけあって、長野県側は崩れた崖が目立ちますな。
DSCM5787.jpg

日々日記、限界感じる取材哉。お粗末