マスターの酔いどれ紀行
三度の飯より潜るの大好きマスター。ニューヨーク陸ダイバー生活から伊豆の海に帰る。年中潜れる生活って、やっぱ素敵。


Visitors



プロフィール

マスター

Author:マスター
海に浸かってさえいればご機嫌の、筋金入りスクーバダイバー。ロチェスター駐在から帰還し、窒素をたんまり吸ってはニンマリ。日々日記と称しては、好奇心任せに細かいネタを拾い歩く。



Weather in Rochester

Click for Rochester, New York Forecast

[F]から30引いて2で割るとおよそ[℃]



Today's Moon

CURRENT MOON
lunar phases



日本の天気予報っす


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



海のギャラリー

バラクーダ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ギンガメアジ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ミジンベニハゼ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒレナガネジリンボウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ガザミの仲間

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

カミソリウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

キンギョハナダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎岬先端

ニシキフウライウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

スマ

Not avilable

Maldives Filitheyo island

マダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒメイカ

Not avilable

西伊豆大瀬崎大川下

Manta Ray

Not avilable

モルディブ

ハクセンアカホシカクレエビ

Not avilable

西伊豆大瀬崎先端

ハナシャコ

Not avilable

四国柏島

ナマコカクレエビ

Not avilable

マレーシアシパダン島

キアンコウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



そだ、京都に行こう~早くも目的達成編
「そだ、京都に行こう。」
どこぞの鉄道会社のCMコピーを、何気に口にしたわけだが・・・


本気だったか。
DSCM8852.jpg

いまさら18とは、ずうずうしいが・・・

おっと、魅力的な鉄道だが・・・もっと小さい現役の軽便鉄道をそのうち取材しよっと。
DSCM8490.jpg

とか言ってるうちに、到着。おっ!その右手の土手みたいなのは・・・
DSCM8496.jpg

あった、傾斜鉄道(インクライン)。
DSCM8502.jpg

琵琶湖疎水、あまりに有名だからいいですね?
DSCM8512.jpg

えぇっと、南禅G。
DSCM8541.jpg

本年のポスターだったと思うが、基本的に京都は寒い。桜、まだじゃん。

本当に有名だからいいっすね?
DSCM8544.jpg

でも、ロチェで運河に目覚めましたから・・・
DSCM8550.jpg

やっぱ外せないでしょ。
DSCM8567.jpg

つ~か、ホントに来ると思ってなかったんで、リサーチ不足の感、否めず。
DSCM8566.jpg


東京花見ツアー後編
真っ直ぐ東京駅に向かっております。
DSCM8429.jpg

北の丸公園・・・
DSCM8434.jpg

から皇居東御苑に抜けてみる。
DSCM8440.jpg

石垣マニアも納得の出来栄えであろう。地方大名の上前ハネて築造された最高峰。
DSCM8441.jpg

江戸城本丸、天守閣址ですからな。
DSCM8445.jpg

本丸御殿址なめの有楽町方面。
DSCM8446.jpg

ここはブルーシートも無く、落ち着いた雰囲気。
DSCM8455.jpg

日本で東京ほど緑の多い都会も少ないだろう。
DSCM8456.jpg

番屋。基本的に城の構造は掛川と同じだと言える。
DSCM8465.jpg

大手門。暫く前、足しげく大手町に通っていたが、初めて見た。
DSCM8469.jpg

ここまで来たら、少しだけ、少しだけ寄り道。二重橋。
DSCM8480.jpg

どっちかっつ~と、ここに集まる観光客層をウォッチしに来たわけでして・・・
DSCM8482.jpg

中国語優勢っした。さすが、勢いある。

その後、帰宅。
DSCM8483.jpg

なぜ牛丼なのだ・・・ 昼は親子丼にしただけマシか。

東京花見ツアー前編
思わず仕事が早く完了。

ということで、なか卯で親子丼。


さて、どうしたものか。そだ、これを見ておかなくっちゃ。
DSCM8382.jpg

場所取りの職場弱者。社会は弱肉強食の世界だ。
ちなみに米国にブルーシートを敷くという習慣は無い。これ、相当珍しい光景らしいですぞ。

ここがどこかと言えば、靖国神社。
DSCM8386.jpg

既にほぼ見ごろである。
DSCM8387.jpg

うちの職場の花見は来週末。仕事で欠席だからイイけど・・・

こんなものもあるんだった。
DSCM8391.jpg

外には満開の桜。
DSCM8395.jpg

感想を一言述べると、展示を否定するものではないが、こりゃやっぱ怒られまっせ、海外から。

さて、駆け足で駆け抜け、千鳥ヶ淵。
DSCM8418.jpg

うむ、ほぼ満開。
DSCM8421.jpg



静岡おでん
静岡に住んでたし、おでんも随分食ったが、当時「静岡おでん」などという言葉は存在しなかった。
ここは掛川。

そいえば当時、営業許可無くて、深夜0:00過ぎにしか開かない店ってのがありました。えぇ、さすがにもう無いでしょうから、時効。

ネパールカレー
伊豆に向かう橋のたもとにあるカレー屋。
DSCM6903.jpg

ず~っと気になってたんで行ってみた。つ~のが、早何ヶ月前の話?

ま、そりゃいいとして、我が家が最も忌み嫌う、バイキング方式、食べ放題の店っした。ま、そういえば、米国においても、カレー屋はバイキング方式が一般的でした。

それより、この衝撃。
DSCM6905.jpg

卵のカレー。
DSCM6907.jpg

飲み物はやっぱラッシーでしょう。

春を一気見せ
菜の花・・・
DSCM8352.jpg

でなく、食べ損なった白菜。やけくそだ、放っとく。

出遅れたスイセン。
DSCM8355.jpg

あまりに強烈な芳香剤のかほりがする・・・

うちのソメイヨシノ。
DSCM8356.jpg

開花宣言は、そーとー先って感じ。

マユミの新芽。
DSCM8357.jpg

ユキヤナギ。
DSCM8359.jpg

ホトケノザ。
DSCM8368.jpg

こう見えて、雑草である。きれいだから放っとくことにするが、そうやって居つく人達多数。

ハコベ。
DSCM8369.jpg

典型的雑草だが、春の七草であることを始めて知った。つ、つまり食えるわけだ。

食えるといえば、これ。ニラそっくり。
DSCM8367.jpg

ハタケニラ。食えねぇ。一旦侵入を許すと、やっかいなのだ。これに比べりゃ、スイセン(有毒っす)をニラと間違えるなんて、全然似てねぇよ。

侵入されると厄介と言えば、これ。
DSCM8366.jpg

モリムラマンネングサと思われる。こ~れが、根が抜けないわ、抜くとポロポロこぼれてそこから増えるわ、抜いて置いといても枯れねぇわで、最強最悪の敵。

が、しかし、意外なことにこれを駆除するというHPが存在しない。な、なぜだ?栽培記事ばかりだ。し、しかも、これを買い取るというHPも存在する。25×25cmで150円!おぅおぅ、全部持ってってくんな。屋上緑化のホープなんだそうだ。

一つ記事を見つけた。「万年草を枯らしてしまいました。栽培のコツを教えてください。」
そっちこそ教えてくれ!

ホープと言えば、これ。
DSCM8361.jpg

実は、モリムラマンネングサがびっちり生えてた場所に侵入し、勢力赤丸急拡大中。

さぁ、どうしたもんだか・・・

燃費
ちびこで1400km余走ったが・・・
DSCM8375.jpg

中間報告、リッター20.8km。通勤、街乗りでこの数値。

エライぞ。

チリ紙街道
大雨降って、ボチボチ終盤戦ですが・・・
モクレン通りなんてヒネリねぇ。

チリ紙街道にチリ紙散って、ある意味見頃。

大きい文字
ただでさえ文字がデカい新聞なのだが・・・
DSCM8332.jpg

やめてくれ。もっと文字を詰めてくれ。 by 活字中毒患者

これはない
貰いもんですけど・・・
意味不明。

人気者同士を掛け合わせりゃいいってもんじゃない。

ちなみに、なぜロイスでなくロイズなのか。公式見解は、ROYCE'SのSが省略されてるらしいですけど、そうだとしてもこの発音にはなんねぇだろ?

世の中、同様に気になった方は多数存在する。

春の残り野菜カレー
帰国以来、初めて製作、カレー。
暫く、カレー続き。

菜の花とブロッコリの脇芽、庭の残り野菜ということでして。ハコベとか、カラスノエンドウも入れてみるべきだったでしょうか。

評判は・・・別々に食べた方が良かったみたい。

開花宣言 西伊豆大瀬崎~695~698本目
本日もダイビング行。半ば、定点観測と化してる。
DSCM8337.jpg

久しぶりに外海。
DSCM8342.jpg

柵下からエントリー。
DSCM8343.jpg

大川下まで流す間、「ピコ~ン」「ピコ~ン」と、どこからともなく間欠音がする。

こ、これか?
DSCM8345.jpg

上がってみれば、沖合いに軍艦。TVに出てきそうな、絵に描いたようなソナー音だったが、本物?

さて、このダイブショップ、本日土曜も昼食付き。
DSCM8339.jpg

じゃなくて、桜の巨木付き。
DSCM8348.jpg

本日、開花が確認された。
DSCM8350.jpg

来週は、すごいことになるんだろう。
DSCM8340.jpg

富士山に海に桜。
DSCM8351.jpg

日本一ゴージャスなシャワールーム、と言ってよいのではないか。

で、来ましたよぉ、700本リーチ。

半額
本日は一人。カレーを作るのと引き換えに、買っていいよと言い渡された夕刻。

すし○るに出向いてみた。作り置きが無い、ということは注文しなくてはならんが、長蛇の列。う~、買う気が失せた。スーパーにでも行ってみるか・・・

で、スーパー。

買い物カゴ持って、店内に入った瞬間。
「ただいまから全品半額!」
DSCM8278.jpg

目が合ったら買わなくちゃいかんでしょ、やっぱ。

経緯はそういうこと。経費で落ちるよね?

現役
陽気も良くなってきましたから、冬眠から起こす。
DSCM8269.jpg

いつもの湖岸の道を流す。

癖のあるバイクという点を差し引いても、乗れてねぇなぁ。
DSCM8271.jpg

たったこれだけの距離で、首の筋肉痛と腱鞘炎になりそう。いかんなぁ・・・

使用品
未だデジタル化ならず。経費を考えると、うかうかシャッター押せまへん。
カメラはほぼ重り代わりに持ってるだけ。

どっちかつ~と、フジの発色の方が好みなのだが、選り好み言ってられない。値段優先。

ブルートレイン
朝、由比辺りを走っていると、鉄道マニアがよく陣取ってるわけで、何をそんなに熱心な。

と思っていたら、ブルーの寝台特急が!
逃げ切られる寸前でキャッチ。

ほほう、寝台特急銀河が廃止されたというニュースが流れた直後だったが、ブルトレが全廃されたというわけではないらしい。

その程度の知識である。

巨峰
巨峰。
DSCM8300.jpg

それは葡萄の品種。富士山にちなんで名付けられたという。へぇ。

そんな巨峰、生まれ故郷は中伊豆だとな。そ、それは、巨峰栽培者としては訪れてみなくてはなりません。先日、(元)中伊豆ワイナリに出動してみたが、なんら関係ないことが判明。自宅調査の後、出直しだ!

まず、中伊豆温泉病院まで行ってみたが、手掛かり無し。そこで、一旦、市営温泉白岩の湯へ。
「すいません。この辺に、葡萄の巨峰を研究していたという研究所があると聞いたんですが・・・」
「え?あぁ、大井上さんとこかなぁ。あ、でも一度行ったきりで、入り口がわかんないなぁ。」
暫し、地図で探してくれたが、結局不明。地元のご老人が分からないという始末。う~む。
「とにかく、橋を渡った向こうの山の上にあるよ。」
手掛かりはそれだけ。

とにかく、登れそうな道に入ってみると、急勾配の上は行き止まり。しかし、ご婦人がおりました。
「すいません、この辺に、葡萄の巨峰を研究していたという研究所があると聞いたんですが・・・」
「あ、それね。筋違い。ここを降りてね、神社の入口の一つ向こうを右に入って、サプライ温泉のとこ、また曲がるの。」
「あ、そうですか、ありがとうございます。サプライ温泉、ですか・・・」

有力な情報です。

う~む、これだろうか。
DSCM8326.jpg

どうやら、間違いないらしい。サプライ温泉。
DSCM8327.jpg

その先、登りきったところに、それはある。
DSCM8304.jpg

山の上というよりは、尾根だが・・・

大井上理農学研究所。
DSCM8301.jpg

学会から異端視され、戦前から戦後に掛けて、葡萄研究に没頭した館。困窮を極めた生活であったという。そりゃそうだ、世は食料増産が掛け声の時代。誰が葡萄の栽培に目を向けようか。マッドサイエンティスト!
DSCM8311.jpg

昭和17年新品種の交配に成功、昭和21年に巨峰と名付けられる。
DSCM8313.jpg

この狭い尾根のどこに畑があったのかといぶかったが、裏にあった。
DSCM8310.jpg

わんこがいる。
DSCM8318.jpg

して、これが巨峰の原木、ということになるのだろうか。
DSCM8319.jpg

その反対側、銅象と碑。
DSCM8323.jpg

そして、なにやら削り落とした跡。
DSCM8322.jpg

う~む、怪しい。何が書かれてたんだ!

あ、ちなみにこの建物、国の登録有形文化財。全国巨峰栽培家の聖地であります。


西伊豆大瀬崎~693, 694本目
今日もよく吼えた。やりたくてやってるわけでなく、止むに止まれぬ事情でして、心底疲れる。

さて、日曜は富士山が素晴らしかった。
DSCM8300.jpg

風も弱く、ベタ凪。この陽気にダイバーもぼちぼち湧いてきてる。


カメラマンもそこここ。
DSCM8286.jpg

止まってるもの撮るんだから、場所取りで95%決まると推測される。

さて、本日1本目は、100円握り締めて岬先端。
DSCM8289.jpg

春のくせに、浮遊物あれども予想外に透明度よろし。ニタリが出ているという話もあったが、そうそう遭遇できるわけではない。

よく考えると、ここは神社の境内である。神木ビャクシン。
DSCM8291.jpg

ついでだから、ひさしぶりに先端の灯台を見に行く。
DSCM8295.jpg

富士山と灯台を一枚に収めるのは困難なのである。

なぜかといえば、こんなものがあるからだ。一体、何なんだ?
DSCM8292.jpg

こちらのショップ、日曜には昼食付き。助かります。
DSCM8299.jpg

さて、帰宅してから気がつきました。あと4本潜っておけば、黄鰭7周年に700本達成ではないか!

やるか?

ミツバチ
月曜は月9だっつうに、ドイツから電話。しまった、帰りそびれた。

さて、二日連続で虫ネタ。
DSCM8226.jpg

最近、よく訪れてます、ミツバチ。
DSCM8229.jpg

腹部上部の橙色帯が目立つことから、セイヨウミツバチと知れる。

天敵、スズメバチに対する対抗策を持たないことから、旺盛な繁殖力にも関わらず、野生化は確認されていないらしい。
DSCM8236.jpg

と言うことはですよ、この人達は一体どこからやってきたのか?近くにハチ箱が置いてあるのか?3km先に養蜂屋があることは知ってるが、そこから?
DSCM8242.jpg

んなとこから飛んできて、エネルギー収支的に合うのか?それ以前に、花なら手前にいくらでもあったろ。
DSCM8244.jpg

一つの花に執着するやつに、明らかにやっつけ仕事な、移り気なやつ。この個性はどこからくるのか?

眺めながら、んなこと考えるわけっす。ま、所詮、彼らの眼中に無いわけですが、私。

ちなみに、ミツバチ飼育入門キットなるものまで売られている今日この頃。どうですか?

カイガラムシ
ダイバー向きな名前だが、月桂樹に大量発生のこれが厄介。

ルビーロウカイガラムシ。
DSCM8225.jpg

排出物で殻を作っちゃうんで、殺虫剤が効かない。

う~む、いっそのこと、大量に集めて色素でも取れないか実験してみますか・・・