マスターの酔いどれ紀行
三度の飯より潜るの大好きマスター。ニューヨーク陸ダイバー生活から伊豆の海に帰る。年中潜れる生活って、やっぱ素敵。


Visitors



プロフィール

マスター

Author:マスター
海に浸かってさえいればご機嫌の、筋金入りスクーバダイバー。ロチェスター駐在から帰還し、窒素をたんまり吸ってはニンマリ。日々日記と称しては、好奇心任せに細かいネタを拾い歩く。



Weather in Rochester

Click for Rochester, New York Forecast

[F]から30引いて2で割るとおよそ[℃]



Today's Moon

CURRENT MOON
lunar phases



日本の天気予報っす


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



海のギャラリー

バラクーダ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ギンガメアジ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ミジンベニハゼ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒレナガネジリンボウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ガザミの仲間

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

カミソリウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

キンギョハナダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎岬先端

ニシキフウライウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

スマ

Not avilable

Maldives Filitheyo island

マダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒメイカ

Not avilable

西伊豆大瀬崎大川下

Manta Ray

Not avilable

モルディブ

ハクセンアカホシカクレエビ

Not avilable

西伊豆大瀬崎先端

ハナシャコ

Not avilable

四国柏島

ナマコカクレエビ

Not avilable

マレーシアシパダン島

キアンコウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



お相撲さんのいる街~本所松坂町公園
昨夜の新人歓迎会は一次会で引き揚げ、本日の潜りは悪天候のため中止。よく寝ました。

さて・・・まだ歩くぞぉ。


よくよく考えてみるに、ここから水上バスを使えばよかったか・・・
DSCO0547.jpg

まぁいいや。下町の風情。
DSCO0551.jpg

江戸当時、この辺は相当な僻地とされていたとかで、この人のお宅も事件後ここに移ったらしい。
本所松坂町公園。
DSCO0554.jpg

殿中でござる。
DSCO0558.jpg

で、押し入られたお宅跡地。
DSCO0557.jpg

えぇっとぉ、ぼちぼち向かわねぇと遅刻じゃんかぁ。
DSCO0556.jpg

では、河岸を変えるとします。

お相撲さんのいる街~横綱町公園
連日の4時半起きにもかかわらず、夜は電話会議だったりして、一向に二次会の話に辿り着かん。明日も早起きに加えて、新人歓迎会。どこまで行けるか、体力の限界。

さて、なんつっっても、横綱町公園でっせ。寄ってみない訳には・・・


・・・って騙された。横網(よこあみ)町公園。

で、思わぬものが・・・
DSCO0518.jpg

東京都慰霊堂。
元は関東大震災の犠牲者を納めたものだが、その後、東京大空襲の犠牲者も合祀。

ここが、関東大震災で3万8千名が火災旋風で犠牲となった、本所陸軍省被服廠跡なのだな。当時、既に跡であって、公園建設予定地であったことを知る。
DSCO0525.jpg

こういう事実もあったということ。
DSCO0535.jpg

中国から送られた鐘の下では、猫の餌付け。
DSCO0522.jpg

四川はおから建築だから、な~んて言い切れるのか?かつて、カリフォルニア地震で崩れ落ちた高速道路橋の映像を前に、日本では建築基準法が厳しいのでありえないこととされたが、どこぞの高速道路高架橋は根こそぎポッキリいっちまったし。ましてや、自分ちの屋根裏、床下、壁裏って見たことある?

いや、話が逸れた。まだまだ両国、歩きます。

お相撲さんのいる街~旧安田庭園
入り待ちの雑踏を抜け、都会のオアシスへ。


旧安田庭園。安田財閥創始者の寄贈。
DSCO0512.jpg

関東大震災で壊滅的に丸焼けとなったが、その後復興。

隅田川の干満を利用したせっかくの汐入回遊庭園ですから、肝の水門なぞ。
DSCO0510.jpg

お隣は、やはり安田財閥の寄付金による両国公会堂。震災復興のシンボル的存在だったが、その後食料配給所、GHQクラブと数奇な運命を経て、老朽化による利用停止に至る。
DSCO0509.jpg

これは是非保存すべきである。

マンドリンとリコーダのコラボ。
DSCO0517.jpg

下町の日焼け。
DSCO0515.jpg

やはり、オアシス的存在っした。

えっと、明日も5:00出社でして・・・

お相撲さんのいる街~両国国技館
明日は5:00出社ですから、さらっと流させていただきます。


ストーカーみたくしてても仕方ねぇ。
DSCO0550.jpg

それ、国技館。
DSCO0501.jpg

入り待ちの人垣を掻き分け、前に進むと、雅山。
DSCO0487.jpg

そう声が掛かったので、そうらしい。じゃなけりゃ、分かるかい!舞妓はんの入り待ちとどっちが健全だろか?
DSCO0500.jpg

ま、通り掛っただけっす。えぇ。

お相撲さんのいる街~江戸東京博物館
今日は夕方から友人の結婚式二次会。それまで暇さ。どこに出掛けるか・・・

何のアテがあるでもないが、降り立ってみる。
DSCO0462.jpg

お相撲さんのいる街。
DSCO0463.jpg

あ、いたいた、早速。
DSCO0464.jpg

そんなこんなで、両国ポンプ場。そうだ、元気ですかぁ?
DSCO0481.jpg

じゃなくて、一般には江戸東京博物館ですね。
DSCO0471.jpg

言問橋の欄干に見とれ・・・
DSCO0468.jpg

江戸の家康像はこんなか、と感嘆。
DSCO0467.jpg

でも博物館は見ない。見ないけど、近くに蕎麦屋が見つからなんだので、7Fで江戸名物かき揚丼。
DSCO0472.jpg

予想通りの出来だが、目当てはこちらだ。
DSCO0474.jpg

で、何しに来たんだっけ?俺。

群集
うぉぉっっと、凧場以来の群集だぁ。


普段、んなもの目にする機会なんてないからねぇ。いや、最近勤務先が変わってそうでもないか。今朝も駐車場を探すのに一苦労したが、そこはチビ子。枠外に突っ込む。

あれ?いつも行列なしてる店が暇そげ。
DSCO0457.jpg

人がいないのかと言えば、振り返ると人だかり。
DSCO0456.jpg

これか。最近、また歌を出して売込み中ですね。
DSCO0459.jpg

ま、冒頭の群集は、単にここが駅だからでしょう。

八景島BBQ
京急が旧型車両を一般に売り出すというニュース。JR東海が鉄道博物館を作るというニュース。
DSCO0381.jpg

本日、それは関係ありません。金沢八景から、シーサイドライン。
DSCO0383.jpg

うわぁ~い、無人運転だぁ。
DSCO0387.jpg

八景島手前、海の公園。
DSCO0400.jpg

何を話し込むか。
DSCO0397.jpg

しかし、私の視線は飛び込み禁止、あるいは新造タンカー。

本日、ここでBBQ。
なのだが、トンビには気をつけるように。凶暴である。
DSCO0417.jpg

そして、ギャルは嫌いではない。
DSCO0429.jpg

などと言っていたら、既に焼きソバフェーズかぃ。お肉は?
DSCO0420.jpg

いや、やはり社会派ネタでツメタガイ。10匹集めると、「はまっ子どうし(500ml)」がもらえるそうです。
DSCO0423.jpg

え?何それ?珍しい。いや、水らしい。

ということで、皆様、お疲れ様でしたぁ。
DSCO0432.jpg

やっぱ、自己紹介は吹っ飛びましたね。では次は潜りで。

さわやか
菊川が発祥のレストランチェーン。ここが現在の本拠地らしい。


なんと、メントレGにも出てたらしい。
DSCO0366.jpg

そうか、いつの間にそんな全国区に。・・・などということはともかく、前から気になるとのリクエストを受け、10数年ぶりにGo!

はいはい、紙を隅を持ってね。
DSCO0360.jpg

丸いハンバーグがやってきて・・・
「中身が赤い程度が食べ頃です。」
DSCO0361.jpg

と言いつつ、二つに切って鉄板に押し当てる。
DSCO0362.jpg

そうすると、見事に赤いどころかウェルダン。んな記憶があったが、今回は生だね。レアじゃなくて、生。確かに赤いですが。

バンダナ巻いた妙齢のおねぇさんが、こんな形のもっとデカい奴を持ってきて、
「胡椒はおかけ致しますか?」
と、妙な振り付けで振りかける。
DSCO0365.jpg

・・・などということもなく、平穏なファミレス。

ライスとコーヒーのAセット399円。見切ったぁ!ライス180円に缶コーヒー。

水戸温泉慰安旅行~後編
そうだ、日頃の激務の慰安旅行だった。
DSCO0322.jpg

温泉に飲み。
DSCO0313.jpg

水戸ということで、○十年ぶりになっとぅ食ったが、旨くな~い。あ、なっとぅ写真忘れた。
DSCO0316.jpg

んが、慰安であって慰安でない。れっきとした出張。もう一泊の予定だったが、急遽呼び戻されるハメに。

翌日、強制送還。
DSCO0328.jpg

んが、転んでもタダでは起きぬぞ。
DSCO0329.jpg

水戸に残した部下たちには、新橋でギャルと飲んだということになっとります、よろしく。
DSCO0330.jpg

ボトルで入れた焼酎と、さわやかな何とかの風とかいう料理。
DSCO0332.jpg

・・・はともかく、共通の友人「姐」、なかなか登場しないため、
「あ、初めましてぇ。」
でスタートの飲み。そんなの久しぶり。

唯一浜松に停まるN700系に乗って帰りましたとさ。
DSCO0334.jpg

始発まで飲むんだったかなぁ。

水戸温泉慰安旅行~前編
日頃の激務を慰労するため、向かうは茨城水戸だ。

よく外国人に聞かれるのは、茶畑に林立する扇風機。気にするなと言いたい。
DSCO0244.jpg

第三京浜で方向を間違えるというお茶目があったが、まぁよい。ただ、湾岸に抜けるんだったら、素直に保土ヶ谷バイパス使った方が安いし、速くね?
DSCO0245.jpg

な~んて、以後意識を無くしていたら、水戸突入。いいぞ、泉町會舘。
DSCO0255.jpg

お宿は、とっても素敵な環境に位置するとの事前情報は正しい。
DSCO0256.jpg

ご出勤前のお掃除に忙しいのです。
DSCO0257.jpg

上司曰く、「予科練があったからねぇ。」ホントにそんな理由なんでしょうか?

いかん、いかん、良い子の皆さんもご覧になる健全ブログ。水戸といやぁ、黄門様。
DSCO0260.jpg

これにて、日本三名園制覇。
DSCO0267.jpg

つぅか、単なる梅畑ではないか。他の二つはちゃんと庭してたぞ。
DSCO0263.jpg

しかし、水戸は平地という勝手なイメージ、崩れる。偕楽園は千波湖そばの台地上。
DSCO0270.jpg

偕楽園公園を目指した私は、間違っておりました。名所は偕楽園。偕楽園公園ではない。
DSCO0278.jpg

慶喜と斉彬。新しいな。NHK大河ドラマの頃らしい。
DSCO0284.jpg

眼飛ばす黒鳥母。目つきわりぃぞ。
DSCO0295.jpg

市中、弘道館。
DSCO0299.jpg

そうか、勝手にイメージしてたのは講道館だ。以上、水戸観光、制覇。いやぁ、1時間半で歩き倒した。

そんなことより、水戸最大の収穫。ファッションセンターしまむら”ビルヂング”!
DSCO0309.jpg

こりゃ、驚いた。

ルッコラ
思えば、米国ではルッコラをよく食していた。しかし、日本ではさほど見当たらず、止むを得ず自家栽培。

今回は間引き分の収穫。
DSCO0232.jpg

ほら、ここ、ここ。
DSCO0233.jpg

ついでながら、主菜は米国直送アンチョビのパスタ。
DSCO0235.jpg

リベンジするほど、そんなにスペイン飯屋はダメでしたか・・・

オイル交換
みゅーすけと、ちびこのドリンク。
DSCO0227.jpg

カプチ君のスペサルドリンク。
DSCO0230.jpg

ガソリンに比べりゃ、それほど値段が上がっていないようです。

にしても、3台もあると、オイル交換時期の管理が難しい。
DSCO0231.jpg

そうだ、ここに書いておけば良いのだ。みゅーすけ36,000km。ちびこ30,000km。

一大事
シャクナゲ・・・
DSCO0219.jpg

に隠れちゃってるじゃないか、枝豆(黒豆)。がんばれ、収穫予定は80日後。

ブラックベリー。
DSCO0220.jpg

・・・が本題でなく、一大事。
DSCO0224.jpg

朝からスズメバチが。数年前に巣を作り掛けられたことがあった。
ブシュっと殺虫剤を掛けてみたが、その後も複数匹がうろうろ。

う~む、既に手遅れ、近くに巣を作られたか?せめて家の敷地内でないことを祈る。

と思ったが、2・3日で姿が見えなくなった。この花が好物だったのか。しかし・・・何れにしても近所にスズメバチの巣があること、間違いなし。

コンクリその後
折角、また通りかかりましたので、陸軍明野飛行学校天竜分教場格納庫跡。
DSCO0206.jpg

F-86納まらず。コンクリ支柱、低過ぎ。

その近く、天竜川河口、掛塚は昔から海運で栄えた街。
DSCO0209.jpg

んな、掛塚橋のちょい南側に表示されるこれ。福長飛行場跡。
DSCO0207.jpg

ライト兄弟に触発された福長浅雄により創設された福長飛行機研究所。日本発の民間旅客機、天竜10号を生み出した後、彗星のように消滅した。飛行士として集まった面々には、後日NHKドラマの「雲のじゅうたん」のモデルになった今井小松もいたと言う。ただし、私はそのドラマ、知らない。

まぁ、いい。浅雄は1980年、88歳で亡くなったと言うから、んなに昔の話でもない。
そのプロペラが近くの公共施設に残っており、日本楽器製らしい。その後の日本楽器に影響を及ぼしたか。

んで、最後に三方原爆撃演習場の追分監的跡。
DSCO0214.jpg

最近の学校は、不審者対策に気を使われているでしょうから、とても中には入れない。休日、正門外からのショット。

つまり、ま、だからどうした?ってことです。はい。

四谷の千枚田
どうせならということで、愛知県鳳来まで出張る。

千枚田の写真を収めようという企画であるが、ちと早過ぎた。山間地は田植え前。
DSCO0174.jpg

石垣にこんなもんがあったりして。
DSCO0175.jpg

石積みと思わせて、畦はコンクリ。ジャンルはコンクリにするべき?

・・・はともかくとして、見所は下からだと思う。見事に山間に広がる千枚田。
DSCO0194.jpg

しかし、この光景、明治37年、鞍掛山とびんぼう山の間に溜まった泥流による山津波の痕と言われると、妙に納得。その災害痕を開墾した結果の千枚田。
DSCO0199.jpg

その挙句、しょぼいネタだと、突っ込まれる。そうか?付き合わされる者としては、そうかもしれん。

ところで、長篠駅から鳳来寺山に向かう山中、いつも目にするこの橋脚跡は・・・?
DSCO0200.jpg

鋭意、調査中であります。え?どうでも良いって?いやいや。

何はともかく、水田の取材は収穫期ですかね?また来ま~す。

凱旋門
いや、大変な取材量で追いついてないが、とにかく時系列でお伝えします。

都田川に掛かる杭瀬橋。


普通車で行くと、大変な目にあう。ま、なかなか魅力的な橋ではあるが、本日のお題ではない。

大銀杏がシンボルのこの村。
DSCO0167.jpg

日本に二つしか残っていない凱旋門があるという。
DSCO0159.jpg

凱旋門とは、古代ローマを起源とした戦勝記念の建築物であるが、日本の場合、樹木で飾られた緑門を直接の起源とするため、構築後一定期間後に撤去されるのが普通。だいたい日露戦争辺りがブームで、建築ピークとされる。

ま、そんな薀蓄はともかく、あまりに当たり前のように目の辺りにしていたため、そんなこと今更言われても。
DSCO0163.jpg

明治39年建設、日清、日露戦争従軍者の名前が記載される。これを機に、うちの関係者の名前が無いか、チェック。取り敢えず、分かりやすいところでは、見当たらず。

ちなみに、この村で同級生が星ペンをやっているとの情報有り。近日、取材・・・か?

じゃがいもの花
元爆撃演習場は、ジャガイモ畑。
DSCO0218.jpg

じゃがいもの花。
DSCO0217.jpg

そんな歌あったっけ?無いか。マリー・アントワネットも愛でたということでして、まぁそういうことです。

新じゃがのポテチ、旨いよねぇ。・・・ってか?いやぁ、かなりお疲れモードっす。

スペイン料理店
あれ?

うちから近いこんなところに、新しいスペインレストラン開店。
DSCO0154.jpg

撮るものも取り敢えず、試してみなくてはなりません。

あ~ら、生ハムの塊を置いちゃったりして、期待できるかな。
DSCO0142.jpg

トマトとアンチョビのサラダ。
DSCO0145.jpg

随分大胆な。アンチョビ好きだからいいけどさぁ。

イベリコ豚の生ハム。
DSCO0147.jpg

・・・にしても大胆だ。

トルティージャ。
DSCO0148.jpg

まぁ、オムレツ。卵好きだからいいとして。

どう考えても、これがダメならダメだろ。
DSCO0150.jpg

ま、言うても私、スペイン行ったことないしぃ。

凧揚げ
無料駐車場に車を止め、バスにて祭り会場。ちなみにバスは有料。
DSCM9979.jpg

こういうことだ。
DSCM9985.jpg

凧場に来たのは、数度目。ま、そんなものである。
DSCO0002.jpg

今回は知人の初子のお祝いに。
DSCO0067.jpg

やってきました、凧場会場。
DSCO0086.jpg

動画派ではないのだが、音楽の街を標榜する以上、これを見てもらわねば。


ま、こういうほが絵になりますわな。
DSCO0033.jpg

夜の部も見ますか?

浜岡砂丘
心配しちゃうけど、営業中。
DSCM9920.jpg

さて、浜岡大砂丘。見所はここ!この坂道だからね。
DSCM9919.jpg

なぜなら登りきると、すぐに海。あぁ、この坂道が砂丘なのかと、納得。
DSCM9917.jpg

遠江射場の着弾点付近なのであるが、立ち入り不可。これこそ、コンクリの塊。
DSCM9923.jpg

その昔、チェルノブイリ事故直後にこの砂丘にたまたま来たことがあって、デモ隊の一員と間違われた経験有り。いや、あの、でも、ちょっと、違うんです。