マスターの酔いどれ紀行
三度の飯より潜るの大好きマスター。ニューヨーク陸ダイバー生活から伊豆の海に帰る。年中潜れる生活って、やっぱ素敵。


Visitors



プロフィール

マスター

Author:マスター
海に浸かってさえいればご機嫌の、筋金入りスクーバダイバー。ロチェスター駐在から帰還し、窒素をたんまり吸ってはニンマリ。日々日記と称しては、好奇心任せに細かいネタを拾い歩く。



Weather in Rochester

Click for Rochester, New York Forecast

[F]から30引いて2で割るとおよそ[℃]



Today's Moon

CURRENT MOON
lunar phases



日本の天気予報っす


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



海のギャラリー

バラクーダ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ギンガメアジ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ミジンベニハゼ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒレナガネジリンボウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ガザミの仲間

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

カミソリウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

キンギョハナダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎岬先端

ニシキフウライウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

スマ

Not avilable

Maldives Filitheyo island

マダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒメイカ

Not avilable

西伊豆大瀬崎大川下

Manta Ray

Not avilable

モルディブ

ハクセンアカホシカクレエビ

Not avilable

西伊豆大瀬崎先端

ハナシャコ

Not avilable

四国柏島

ナマコカクレエビ

Not avilable

マレーシアシパダン島

キアンコウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



和田岬を行く。
この街には他に無いんですかね?
DSCO3846.jpg
さて、ピューッと。
DSCO3847.jpg
和田岬砲台。
DSCO3852.jpg
江戸末期、勝海舟が設計したという砲台群のうち、現存する一基。

和田岬と言えば・・・
ピンと来る方にはピンと来る場所であるが、新田次郎の「孤高の人」。

神港造船所。
DSCO3853.jpg
・・・と言えば、加藤文太郎。単独行の加藤で有名な、実在社会人登山家。コーナー有り。
DSCO3854.jpg
加藤文太郎と言えば、北アルプス。今回は、そのための前フリだぁ~!

飯茶碗
新米の季節になりました。

じゃなくて、その話はまた今度。
DSCO3843.jpg
いつも使っている茶碗は、気に入っている自作茶碗。
DSCO3845.jpg
陶芸、面白いんですけどねぇ。如何せん、時間と金が・・・

ギョウザ競演
ニラはできるだけ細か~く刻んでぇ・・・
DSCO3820.jpg
つなぎとしての最低限の豚ひき肉と塩、ごま油。
DSCO3823.jpg
練る。とにかく練る。
DSCO3825.jpg
皮は端折って市販品。具を詰めて・・・
DSCO3826.jpg
北京直伝ニラギョウザ、スタンバイ。
DSCO3829.jpg
日本で十指に入る(サライ調べ)という浜北は石松のギョウザ。浜松ギョウザの元祖とも。
DSCO3831.jpg
夢の競演、判定はビールと枝豆を添えて。
DSCO3833.jpg
結論。今回、繋ぎの豚ひき肉を入れ過ぎました。石松の皮は透明感があり、ムッチリと上等な感じである。しかし、少なくとも、石松より紀楽のが好み。

んが、何れにしても、両者共に焼きがなっとらん。店の焼き方を観察していると、少々の油で焼き目をつけた後、ギョウザが半分ほど埋まる量の水を注して蒸し焼きにしているようだが、それだけではダメ。
DSCO3841.jpg
上はムッチリ、下はカリカリ。これです。最後は揚げるほどのごま油が入っていなくてはなりませぬ。

ローカルルール
浜松でどうしても合点がいかぬこと。

片側二車線の幹線道路の中央分離帯に点々と切れ目。
DSCO3815.jpg
ここで右折する奴、転回する奴、横切る奴。尻出して右折待ち停車するもんだから、浜松では、右側レーンは渋滞するものというのが常識。転回禁止でないから合法。

多分だが、以前から存在する生活道路を、この幹線バイパスが横切ってしまったための処置だと思うが、こんな道路、他で見たことがない。埋めてまえっ! 

危険じゃ!

収穫物
電話がありました。
「はい・・・」(迷惑電話が多いので名乗らない)
「あ、○○さん?」
「はい・・・」
「○○町の○○さんはもう退院したかな?」
「はい?○○という名は何件もありますから・・・(知るか!)」
「○○和子さんはもう退院したかな?」
「ですから、何件もありますから知りません。」
「○○和子さん、知らない?」
「知るかぁっっ!」

さて、本年、茶豆収穫第二弾。
DSCO3800.jpg
このよなチビっちゃいのも容赦なし。
DSCO3805.jpg
そして今更ながら、ゴーヤが豊作。
DSCO3802.jpg
本日の収穫物。誤って蔓を切ってしまったゴーヤに茶豆、シソを少々。
DSCO3807.jpg
茹でまして・・・
DSCO3819.jpg
当然ながら、ビールのお供に。
DSCO3839.jpg

一回休み
IOPダイビング行の後、ビール二本で撃沈。全線有料道路を避けたのも一因かと。それはそうと、中伊豆バイパス、無料になったようですが、ま、使うことはないでしょう。

あぁ、右耳に水が入ったらしく、ぼわぁ~んとして、腰も重い。んが、機材洗わなくちゃ。
さて・・・

遠目で見て、「お?ドクター中松?」
DSCO1340.jpg
違いました。まじ、間違えた。

あまり顔色が冴えないようです。
DSCO1284.jpg


最後の一杯
秘蔵のフィンガーレイクワインも最後の一本。

Merlotの2004年モノ。
DSCO3796.jpg
ま、こんなものは当てにはならぬ。
DSCO3791.jpg
フィンガーレイクらしく、若々しい赤。
DSCO3798.jpg
品川直送のイチジク入りパンと美味しゅう頂きました。
DSCO3799.jpg
そして、なんでイチジクはトイレの前というイメージなんでしょう?えっと、植えてみようかな。

柿田川湧水
日本の秘境100選。

何を想像するか?
DSCO3753.jpg
これほど幹線道に近い秘境が存在するだろうか。桶ヶ谷沼にも勝る、4車線国道1号線のジャスト脇。
DSCO3754.jpg
いまさら言わずと知れた柿田川湧水。東洋一(こういう物言いも最近ないね)。
DSCO3758.jpg
富士山の湧水がこれだけ滾々と湧き出ていながら、一時は魚が住めない状態にまで追い込んでしまうとは・・・
DSCO3761.jpg
カワセミが住むほどの清流と言うが、正直言ってカワセミはそれほど清流でなくとも住んでいる。細江テクノランドに埋め立てられる以前の谷にも住んでいたのを目撃。
DSCO3773.jpg
まぁいいとして・・・
DSCO3781.jpg
確かに、沼津・三島の水道は美味そうである。
DSCO3784.jpg
ただ、ここより”秘境”な場所を、少なくとも100箇所は知ってるぜ。

海辺の祭り
西伊豆の入口辺りを年中走っていると、結構この結界つ~か、綱が張られているわけで・・・
DSCO3749.jpg
海辺の神社のお祭り。
DSCO3741.jpg
いつもいつも気にはなっていたが、もうそんなシーズンか。ってか、夏前にもやってたろ?
DSCO3742.jpg
10年以上通い続けてて、初めて寄ってみた。
DSCO3744.jpg
フツーにお祭りでした。えぇ。

西伊豆大瀬崎~728本目
西に迷走台風、東に熱帯低気圧。予報は明日から雨、雨、雨。
DSCO3732.jpg
そして、世の中三連休のど真ん中。(私は土曜に休日出勤)

さらに海の家ははけ、ダイビングシーズン到来。
DSCO3730.jpg
必然的に混まないわけがない。
DSCO3731.jpg
いつもいつも予約も無しで、フラッと現れてすいやせん。

いいなぁ、焼き鳥やりたいなぁ。
DSCO3733.jpg
さて、外海も収まってきたということでして、偵察。
DSCO3734.jpg
救出作業中でした。
DSCO3739.jpg
あ~、怖い、怖い。ということで、先端。

これも大島で見たけど、ムチカラマツを見かけたらとりあえず探してみる。
イボイソバナガニ♀。
Photo_10.jpg
砂地にいたけど、見つかってないつもり。ナイフで掘り起こしても、逃げん。
Photo_11_20080920171235.jpg
えぇっと、カニ。何だか吐き出してるぜよ。
Photo_12_20080920171242.jpg
キンギョハナダイ幼魚。
Photo_14.jpg
冷静に考えると、意外に撮ったことがないソラスズメダイ。
Photo_15_20080920171256.jpg
とにかく、シーズン到来やぁ。

西伊豆大瀬崎~726, 727本目
三連休の真ん中、日曜日。勢い余って8:30に到着してしまったにも関わらずこの人出。皆さん、お泊りだったかな?
DSCO3721.jpg
ちびこはと言えば、
「そこに立て掛けといてイイですよぉ。」
DSCO3726.jpg
さて、そそくさと一本目。
「あ、今日はうねりが入ってますから、外と先端は厳しいですよ。」
う~む、スギ様が潜った昨日とは打って変わって、出遅れたぁ!

気を取り直して湾内。

クサハゼ。
Photo_01_20080920170734.jpg
最近見どころとされるサンゴタツはすご~い人だかりということで、パス。迂回して奥へ。
Photo_02_20080920171053.jpg
フサカサゴの類。
Photo_03_20080920171102.jpg
奥に行ったら、一応空き缶を覗いてみるわけだが、今回は外にいた。ちびミジンベニハゼ。
Photo_04_20080920171109.jpg
二本目。同じく湾内。

ソウシハギ。大島にもいました。
Photo_07_20080920171205.jpg
セトミノカサゴ。やたらとバックを見せたがるので、回り込む。頭からパチリ。
Photo_08_20080920171213.jpg
エグジット寸前、ガラス瓶。ん?なんか居る。
Photo_09_20080920171220.jpg
蛸だ。

さて、本日の昼食!うどんバイキング。
DSCO3723.jpg
温泉卵も付けまして。
DSCO3725.jpg
グー


独身貴族
本日、かみさん不在にして、独身貴族なれど・・・
仕事が終わらず、帰り道、ジャスコに寄ってみれば、特売品は既に一掃。

東北一周の折に購入した非常食サンマ缶で一杯。
DSCO3714.jpg
冷蔵庫に何もなかったんで、庭のネギ入り黄金チャーハン製作。
DSCO3716.jpg
作り過ぎたようで、気持ち悪くなってそのまま寝ました。残してたまるか!

時計修理
かみさんの時計が動かなくなって久しい。有体に言えば、壊れたわけだが・・・

ここまで分解したのは私。
「あぁ~!こんなにして元に戻るの?」
DSCO3701.jpg
戻るわけないじゃん。戻す気ないし。

時計のムーブメントなんて消耗品。プラッチックの歯車だもの。慌てず騒がず、もう一つ不要な時計をバラして、新しいムーブメント、ゲット。
DSCO3705.jpg
・・・なんだが、針の根元の形状が違うじゃん。付かねぇ~っ!!

ということで、バラバラの状態で、一ヶ月ほどよ~く寝かしておきます。

さて、それじゃあかんというので、はい、こちら。
DSCO3707.jpg
ムーブメント購入。都会ならば東急ハンズに出向けば間違いないところだが、浜松にもありました、陶芸材料屋。陶板もしくは木工細工のハンドメイド時計を作るための素材ですから。

内容物はこちら。
DSCO3708.jpg
ムーブメントを本体に取り付けるのにちょっと工夫が必要で、さらにオリジナルの針を取り付けるのに大胆さが必要とされたわけで・・・
DSCO3711.jpg
見事復活。
DSCO3712.jpg
で、今回分かったことは、こんなどれでも同じに見える時計ムーブメント。意外なことに規格化されていないということ、っした。う~む。


ご面会
意外に早くチャンスが巡ってきた。

三島と沼津の中間点、清水町八幡神社。
DSCO3689.jpg
ググっと奥に行きまして、社殿の左側。
DSCO3685.jpg
石。
DSCO3687.jpg
1180年、富士川の戦いに向けて出陣した兄源頼朝と、欧州から馳せ参じた弟義経が兄弟対面を果たしたという対面石。どちらがどちらに座ったかという固定観念はともかく、柿もあります。

多分、二回訪れることはないでしょう。えぇ。

ケーキ屋再び
三島を通るんだったら、是非に前回のケーキ屋に寄りたいとのオーダ。
DSCO3678.jpg
今回も斜め向かいのミニストップでコーヒー買うんです。えぇ。それに、前回頂いた300円割引券を行使させて頂きます。
DSCO3679.jpg
洋ナシのタルトに・・・
DSCO3680.jpg
名前は忘れた。
DSCO3682.jpg
そして、マンゴープリン。
DSCO3684.jpg
・・・?え?二人なのに、なんで三つ目があるの?300円割引きで購入した意味がないでしょうがぁ。

え?普通だ?おいっ!こないだの記事の責任を取ってくれ!単なるマンゴー好きだったというオチかよぉ・・・


ギョウザとラーメン。
久しぶりにラーメンにギョウザを食べたいなぁと。ラストオーダ間際の店に駆けつけるが、予想外に繁盛しているご様子。待つこと少々で、なんとか店内へ。

ラーメンとギョウザ5ヶとご飯のラーメンセット二つか・・・いや、見切った!ラーメン二つとギョウザ一人前10ヶだ。
DSCO3697.jpg
もやしは必需品として、この店の特徴はタレに入れるラー油唐辛子。そして、今回、値上がりしていない代償として、具が以前ほど詰まっていないのでは?との疑義を申し立てる者あり。そうか?

それよりだ、ラーメン470円、安。
DSCO3698.jpg
が、だ、社食に劣るこのレベル。麺がいけません。そうだった!10年ぶりに思い出した。
うん、ギョウザお持ち帰りに限るぜ。

伊豆大島トウシキ~722-725本目
お待たせしました。台風直撃、最接近の頃合に、現像上がったフィルムを取って参りました。

さて、それでは水中のご案内を。
黒いベニカエルアンコウ。

水深1mってとこですか?エントリーして直ぐの岩。そういえば、100円払い損なってますね。(業務連絡)

そして直ぐ横っちょにいるピンク君。
Photo_12_20080920165539.jpg
水深2m、ベニシボリ。
Photo_22_20080920165652.jpg
ウミウシブームの次は貝だ。それとも海藻?

トウシキのアイドル、えっと、ハマフエフキかな。
Photo_28_20080920165708.jpg
どうも。
Photo_17_20080920165607.jpg
ミナミハコフグでぇ~す。
Photo_15.jpg
イサキくん。その夜の食卓でお会いしました。
Photo_16_20080920165558.jpg
お尻フリフリ、イソギンチャクモエビ。
Photo_18_20080920165614.jpg
でへ。
Photo_19.jpg
卵のお世話中、スズメダイ。
Photo_21_20080920165639.jpg
あ゛~、ウミウシの名前は分からん。
Photo_20.jpg
そういえば、リバーサル現像代、値上がりしましたね

丹那断層
熱海から熱函道路。
「あ、ちょっと寄っていいかなぁ。」

実際には、有無を言わさずではあるが・・・
DSCO3670.jpg
いつぞや寄った天然記念物魚雷の原因、北伊豆地震の張本人。

ズレてますねぇ。
DSCO3675.jpg
そして、近所のガキタレが悪事のかぎりを尽くす。
DSCO3673.jpg
当時ここにお屋敷がありまして、円形の塵捨場がズレて半円形に。
DSCO3676.jpg
よっしゃぁ!気が済んだぁ。


秋のツアー~帰還編
東京反省会直行便を見送り・・・
DSCO3652.jpg
熱海行きボーイング929に搭乗。
DSCO3653.jpg
本日の昼飯、岩海苔むすび+茹卵。ターミナルの食堂だが、侮り難し。
DSCO3655.jpg
わずか40分にて到着。んが、本日、防災訓練の日。静岡県防災訓練に自衛艦のサポート。
DSCO3659.jpg
ひうち型多用途支援艦5番艦「えんしゅう」。
DSCO3660.jpg
一般公開だったのかなぁ。時間無いや。
DSCO3662.jpg
ま、こうやってオープンカーを作るという手もありそうだな。
DSCO3668.jpg


秋のツアー~島の時間
えっとぉ、島の時間は内地と違う。

ゆったりと、そして心和む・・・などという余裕は全く無い。全然無い。少なくともその日に帰ろうと思うんだったら、なんと慌しいことか。
Photo_02_20080917232448.jpg
とるものもとりあえず二本のダイブを終え、機材を洗って干して、風呂入って、機材片して、ハイ出発!
Photo_03_20080917232456.jpg
出航5分前。5分前。
Photo_06_20080917232505.jpg
どこぞの仲間待ちの釣り人は搭乗階段から引きずり下ろされ、出航!
Photo_07.jpg
「じゃぁねぇ!」
「またお出でぇ!」
Photo_09.jpg
あれ?うちは島残留?