マスターの酔いどれ紀行
三度の飯より潜るの大好きマスター。ニューヨーク陸ダイバー生活から伊豆の海に帰る。年中潜れる生活って、やっぱ素敵。


Visitors



プロフィール

マスター

Author:マスター
海に浸かってさえいればご機嫌の、筋金入りスクーバダイバー。ロチェスター駐在から帰還し、窒素をたんまり吸ってはニンマリ。日々日記と称しては、好奇心任せに細かいネタを拾い歩く。



Weather in Rochester

Click for Rochester, New York Forecast

[F]から30引いて2で割るとおよそ[℃]



Today's Moon

CURRENT MOON
lunar phases



日本の天気予報っす


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



海のギャラリー

バラクーダ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ギンガメアジ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ミジンベニハゼ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒレナガネジリンボウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ガザミの仲間

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

カミソリウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

キンギョハナダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎岬先端

ニシキフウライウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

スマ

Not avilable

Maldives Filitheyo island

マダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒメイカ

Not avilable

西伊豆大瀬崎大川下

Manta Ray

Not avilable

モルディブ

ハクセンアカホシカクレエビ

Not avilable

西伊豆大瀬崎先端

ハナシャコ

Not avilable

四国柏島

ナマコカクレエビ

Not avilable

マレーシアシパダン島

キアンコウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



ヤマメの塩焼き
アイスランド国家規模の破綻ですか。ホンの半年前までは世界で最も裕福な国の一つと言われていた気がしますが、やはり経済の実態は無かったと。タラと地熱くらいしか無い国でしたからねぇ。そのタラも乱獲で15年で絶滅かと言われております。いやぁ、他人事じゃない。

さて、やまめの塩焼き。
DSCN5044.jpg
これで日本酒さえあれば・・・
DSCN5045.jpg
いや、あるんだろうが、車で来なけりゃねぇ、という問題でした。えぇ。

米!
昼から東京に向かったにも関わらず、いつもより4時間も早くご帰宅とは・・・

さて、日本の秋と言えば、稲刈りですな。
DSCN5031.jpg
極めて日本的な光景と言えましょう。
DSCN5040.jpg


舞阪祭典
浜名湖の太平洋との出入り口、今切に程近い舞阪。東海道の宿でもあるが、この港町、祭りもユニーク。
DSCN4757.jpg
何がって、太鼓がデカイ。これ、子供用。
DSCN4770.jpg
こちらが本物。バットサイズのバチを、太鼓皮に拳を打ち付けるように打ち込む。
DSCN4778.jpg
拳が擦り切れて、血染めの太鼓となるわけ。ではもっと大きな太鼓があってもいいではないかとのご意見もあろうが、この大きさには意味がある。それは後ほど。

宿場町の面影が残る通りを練り歩く。
DSCN4781.jpg
通りの家々は扉を開け放ち、ド宴会。その昔は、関係あろうが無かろうが、通りかかる人を引っ張りこんでは振舞ったという。そういう街なのである。バイトしてた家にお呼ばれしたことがあるので、その話に間違いあるまい。よくシラスとか太刀魚とか、頂きものもありました。

岐佐神社。
DSCN4794.jpg
そもそも、この神社の祭典なのだが、そのクライマックスとは・・・
DSCN4797.jpg
この階段を大太鼓が登る。いや、よってたかって引っ張り上げる。なぜか?と言われてもそうだからと答える以外にありえない光景となる。
DSCN4800_20081018193813.jpg
そのためには、太鼓がこの鳥居をくぐらねばならんので、最大径が定まっているというわけ。

で、それが一体いつ始まるのかと言いますと、少々出動が早過ぎたようです。
DSCN4802.jpg
晩飯も食わずにかみさんを連れてきたのは間違いだったか!そして、連日の疲れのため、本年は断念。来年の楽しみと致します。新聞では祭典は21:00迄となっていたが、階段を登るのは21:00位かららしいんで、ご注意。来年のための覚書として。

ついでながら、神輿もあったのだが、撮影ご法度ということらしいっす。

三ケ日ミカン
期待が多大過ぎました。
DSCN4818.jpg


旧車
ボケラッと走っていると、
「お?」
DSCN4744.jpg
執念の追跡の結果、追い詰めたぜぇ。マツダ・コスモスポーツ。
DSCN4754_20081018193640.jpg
少なくとも35年以上昔の車だが、現代でも十分通用するってか、現代の車では得難いものがある。

・・・ってな車評じゃ、極フツーだなぁ。あ、でも、オーナー様、かっこよかったですよぉ。17年もののカプチ君、がんばれ、あと18年。

天気予報
今日の話じゃないんだけどさぁ。

雨が降るって書いたじゃん。
DSCN4742.jpg
朝からピーカンってどういうことよ。

いや、しかし、天気予報が外れるってことは珍しくもないし、いちいち目くじらを立てていては大人気ない。が、だ、他の天気予報は朝から晴れって予報なんですよぉ、中日新聞さん。天気予報にユニークさはいらない!一体、どこの天気予報会社と契約してるんですかぁ

新聞の天気予報見るより、サイコロでも投げた方がマシ。

はっきりと苦情です。

かまきり
かまきりのお母さんは、産卵寸前。ですから、一杯食べなくてはなりません。
DSCN4726.jpg
だからって、人間様を狙うとは・・・
DSCN4730.jpg
いい根性してんじゃねぇかぁ。

焼き鳥パーチー
客人来る。
DSCN4733.jpg
その前に余計な石油発動機イベントなぞに出掛けてしまいましたが、その分働く。本日は焼き鳥屋さん。
DSCN4732.jpg
つくねを・・・
DSCN4735_20081018193402.jpg
卵黄で頂くのもオツでしょう。
DSCN4736_20081018193411.jpg
ただ、サンマは余程熾き火にしないと・・・
DSCN4738_20081018193606.jpg
大変、美味しゅうございました。昼から二人で泡盛空けて叱られましたけど。

とにかく、ここのところの焼き鳥ブームには終止符。次は何?

石油発動機愛好会
静岡県石油発動機愛好会のイベント・・・
DSCN4666.jpg
ローカルニュースの「ました系」ネタで紹介さる。大東町(だったかな?)のサンサンファームにて。

くそぉ、昼からイベントがあるぜ。ぶつくさぶつくさたれていたら、
「行ってくれば?」
「そ、そうかい?」
ダッシュで駆けつけ。
DSCN4667_20081018193036.jpg
ところで、石油発動機って知ってるけ?
DSCN4669.jpg
農作業によく使用された灯油で動くエンジンでして、開放水槽による冷却が特徴。
初期のタイプは焼玉式。炭火をここに入れまして、着火するわけ。
DSCN4675.jpg
メカニズムが外から丸見えというのが魅力の一つ。
DSCN4676_20081018193130.jpg
ま、米国でいうところの蒸気機関という位置づけだぁな。
DSCN4684.jpg
も、とにかく回す、回す。ただそれだけのイベントなのである。
DSCN4693.jpg
精度があまり要らなかったから、その辺の鉄工場で作製可能でして、ローカル製造メーカーが乱立、ここらへんは初期のオートバイに会い通じるところがありますな。
DSCN4699_20081018193229.jpg
もう、このぐらいの大きさになると、とにかく凄い。何が凄いって、とにかく凄い。
DSCN4701_20081018193250.jpg
あぁ、その昔、この近くの廃屋に落っこちてた発動機を拾ってくるんだった。
DSCN4718.jpg
焼玉式に引き続き電気プラグ式。このイグナイタだけは鉄工場の手に負えなかった。
DSCN4720_20081018193310.jpg
その後、石油発動機は脱穀機、耕運機、稲刈り機といった農機具に取り込まれていったわけでして、単独の発動機としては下火となる。

う~む、一見ですぞぉ。

いや、ホント、ホント。

茶の菓
頂きました。ロチェのジャズフェス以来ですね。
DSCN4661.jpg
京都のお菓子。
DSCN4662_20081018192945.jpg
一日一個づつしか食べられない我が家って・・・

どぶろく
一日に、記事三本立ての大盤振る舞い。がんばりまっす。

さて・・・
「これ、頂きものの発泡ワインなんだけど、どぶろくなんだって。開けてみよっか。」
DSCN4658.jpg
「えぇっと、何これ、うぅ~ドウブルシックス?」
DSCN4655.jpg
あなたがたった今言及した通り、「ドブロク」だろ?

それはともかく、さすがドブロク、この不透明感。おいしゅうございました。
DSCN4664.jpg
問題は、これで開けてよかったのか?という事実だ。
DSCN4660_20081018192926.jpg


犬釘談義
これ書いたかなぁ・・・

米国フルサイズ規格鉄道の犬釘と、軽便遠州鉄道奥山線の犬釘。
DSCN4653.jpg
鉄ちゃんのコレクターズアイテム?

それだけさぁ。

ザクロ!
今年は二つ生ったが、一つは熟す前に
DSCN4652.jpg
さて、今回は・・・
DSCN4741.jpg
えぇんでないのぉ、今回は。この食べ難さを除けば。

ミョウガの花
みょうがの花~♪、咲く頃~♪
DSCN4649.jpg
ミョウガとは、花穂を食べるもの也。しかし、これだけ咲いちまうと・・・ふにゅっとなって、食えたモンじゃありません。

で、よく見たら、5~6個程のツボミを発見。ミョウガは秋のものなのですなぁ。

蜘蛛合戦
例年通り、クモ屋敷とかしてます、我が家。ま、いいじゃないですか、悪いことはしませんから。

いやしかし、あまりにもクモの巣がひどく過ぎるなぁ・・・と、竹箒で払ってみたが、一匹のクモが他のクモの巣に引っ掛かった。

途端に始まるクモ合戦。
DSCN4647_20081018192714.jpg
実際問題、圧倒的実力差に、あっという間にノシてしまったようっす。う~む。

オイル交換
日本ってどうして責任を取らない体質なんでしょ。ある意味、空港の名前がメジャーメディアに露出しまくりでPR。しかし・・・樹が、んなに伸びるかぁ!(そういう意味で言っているわけでないことくらいはわかりますがね。)

さて・・・
DSCN4640_20081018192657.jpg
ぼちぼち、オイル交換をしなくては。

ついでに空気圧を調べましたら、ぜんぜん足りない。いけません、燃費が悪くなる。
DSCN4641_20081018192706.jpg
って、空気入れで入れるものですから、総計タイヤ16本の空気入れ。これは相当な運動量でがんす。筋肉痛必須。ま、ガススタンドで入れればいいわけなんすが、気持ちの入り方が違いますから。

んでもって、今回の特記事項。
ちびこ: 36000km
みゅう助: 40000km

麺・・・
小麦が高値と聞いておりますが・・・
DSCN4634.jpg
一袋19円ほどとは格安な気がしますな。つ~か、このご時世、怪しい・・・

というか、焼きそばを作ってくれとは、また珍しいことを仰いますな。以前は、かみさん不在時の第一食目の定番でしたのに。

秋味
さんま・・・
DSCN4635_20081018192627.jpg
ガスレンジに入りきらず、やむなく真っ二つ。

とりあえず「秋味」で。
DSCN4636_20081018192639.jpg
まぁ、んな季節ということでして。

庭先の紅葉
また、貯蔵ネタに戻りやす。最近、妙にネタを貯めこんどりまして・・・

キンモクセイの香りがするなぁと思ったら、案の定。
DSCN4630_20081018192552.jpg
ツボミの頃が一番香るわけで・・・
DSCN4639.jpg
トイレの匂いだなぁと思うのは、芳香剤がよくできているせいでして、キンモクセイのせいでは決して無い。

ハナミズキ。
DSCN4631_20081018192600.jpg
港区の木。いや、別に意味はない。

ケヤキ。
DSCN4632.jpg
勢いで植えたが、これ以上デカくなったらどうする?

えっと、後者二種はどちらかと言えば、異常に早く紅葉したわけでして・・・多分、毛虫の食害のせい?

みんなでランチ
14:30までだというランチタイム。無理やり電話でねじ込みました。セーフ・・・か?
DSCN4623.jpg
ランチだけど、バイキングじゃないんですね。安心しました。イタリアンのランチと言えば、バイキングが常識のお土地柄。
DSCN4624.jpg
セットにしたら、サラダは小さい方。
DSCN4625.jpg
ただし、前菜付き。
DSCN4626.jpg
水菜とルッコラのピザはよいと思う。
DSCN4627_20081005174749.jpg
もう随分日が経ってしまって、何だっけ?このパスタ。
DSCN4628.jpg
何れにしても、そこそこ悪くない。違う?
DSCN4629.jpg
誉めるには今一歩及ばなかったようっす。次の店の挑戦を待つ!