マスターの酔いどれ紀行
三度の飯より潜るの大好きマスター。ニューヨーク陸ダイバー生活から伊豆の海に帰る。年中潜れる生活って、やっぱ素敵。


Visitors



プロフィール

マスター

Author:マスター
海に浸かってさえいればご機嫌の、筋金入りスクーバダイバー。ロチェスター駐在から帰還し、窒素をたんまり吸ってはニンマリ。日々日記と称しては、好奇心任せに細かいネタを拾い歩く。



Weather in Rochester

Click for Rochester, New York Forecast

[F]から30引いて2で割るとおよそ[℃]



Today's Moon

CURRENT MOON
lunar phases



日本の天気予報っす


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



海のギャラリー

バラクーダ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ギンガメアジ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ミジンベニハゼ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒレナガネジリンボウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ガザミの仲間

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

カミソリウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

キンギョハナダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎岬先端

ニシキフウライウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

スマ

Not avilable

Maldives Filitheyo island

マダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒメイカ

Not avilable

西伊豆大瀬崎大川下

Manta Ray

Not avilable

モルディブ

ハクセンアカホシカクレエビ

Not avilable

西伊豆大瀬崎先端

ハナシャコ

Not avilable

四国柏島

ナマコカクレエビ

Not avilable

マレーシアシパダン島

キアンコウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



海を持って来たいね
う~ん、海が見えんねぇ。
DSCN7647_20100126224042.jpg
次は、海水持ってくる?

マシュマロ
とってもお高かったの
DSCN7643.jpg
でも、大して美味くもなかったのぉ

厄除けダンゴ
遠州地方で初詣人気No.1と言ったら、どこか?
多分、ここは上位ランカーであることは間違いないが…

君が来たいと言ったから・・・
DSCN7618.jpg
法多山(はったさん)。
DSCN7619.jpg
なぜ上位ランカーなのか、私には理解できん。
その謂れ因縁はともかくとして、新し過ぎる。何もかも。

で、何はともあれ、これは押さえておくか…

チケット売り場。
DSCN7623_20100126223604.jpg
ダンゴ引換所。
DSCN7626.jpg
手に手にものすごい量の厄除けだんご。ご近所・親類一同に配るのかな。

ダンゴ大量生産現場。
DSCN7637.jpg
だんご組合事務所。
DSCN7639_20100126223917.jpg
その昔は、個人事業主によるものだったらしいが、なんかあったんでしょうか。
DSCN7641_20100126223930.jpg
そして、名物5本串の厄除けだんご。
DSCN7642_20100126223943.jpg
5本の串に意味はあるのか?

だから言ったのにぃ。

サロン・デュ・ショコラ
長々とやってたパリシリーズも完了…

…したのだが、そもそもの目的はさておいてパリの休暇を楽しんだだけ。
それでいいのか?

んで、新宿。
DSCN7759.jpg
某デパート。
DSCN7755.jpg
タレ込み情報によれば、おフランスの片田舎から来日しているとな。
DSCN7756.jpg
お店の大将が。
DSCN7758.jpg
あ、ちょっとお取り込み中のご様子でした。

ホントにパリに行った意味はなんだったのか?わざわざ行かなくとも、やって来たとは。

姪っ子が詰めたと聞いているのは、赤い箱。
DSCN7776.jpg
これも赤い箱。
DSCN7774.jpg
どれ?

大変美味しゅうございました。
DSCN7779_20100127205942.jpg
2/1までの開催だそうで。

華の都は食い倒れ~帰国
あぁ、ほぼ一ヶ月近くの本シリーズもいよいよお終い。ネタ探し的には楽できたのだが…

北駅で、地下鉄から近郊列車RERに乗り継いで…
DSCN7594.jpg
行くわけなんだが、改札があるんだかないんだか、するりと乗れてしまうわけで…
DSCN7595_20100120221449.jpg
車掌と揉めている方がいらっしゃいました。

最寄の地下鉄駅から、空港までの乗車券を買いませう。どうもパリエリア内からなら、同額料金のようだ。行きも空港からするりと地下鉄に乗れたが、その理由がわかってすっきり。

人生初自費欧州の旅を終え…
DSCN7596.jpg
機上の人。
DSCN7607.jpg
こんなことをダラダラと書くのは、それは本日が機中無料新聞サービス最終日だったからだ。

で、私の唯一といってよい土産。
DSCN7608.jpg
いつぞやの材木の香りベネディクティンDOM。空港免税で市中より安く買えることは、後でわかった。

Kよ、とうとう手に入れたぞ。呑みにくるか?コロラドから。

華の都は食い倒れ~渾身のランチ
サンジェルマン界隈の超人気店、ル・コントワール・デュ・ルレ。
DSCN7591_20100120221421.jpg
こないだは、牡蠣食って見送りましたから、心残り。

満を持して突撃!

幸い、最後の二名席をゲット。
それにしても、パリの客席は狭い。テーブルを一旦引いて奥に入るのが常識。
狭い狭い東京と比較しても、その比ではないかもしれない。

これだ!
DSCN7586_20100120221319.jpg
テリーヌ♪

エスカルゴ。
DSCN7585.jpg
若鴨のグリル。
DSCN7587_20100120221339.jpg
なんちゃらのパスタ。
DSCN7589_20100120221353.jpg
クリームブリュレ。
DSCN7590.jpg
パリに思い残すことな~し!あ、いや、クリームブリュレがコーヒー味だったのが残念。

あ~、カードの請求が怖い。

華の都は食い倒れ~ウィンドウショッピング
未だ未完成、サン・シュルピス教会。
DSCN7576_20100120221218.jpg
うへぇ、こりゃ寒いわけだ。
DSCN7567_20100120221144.jpg
ダ・ヴィンチコードで有名になったんすか?
DSCN7573_20100120221155.jpg
確かに古い建物基礎に対して、やや斜めって建てられているかの説明はあった。
それだけ。

さぁ~て…
DSCN7578_20100120221237.jpg
日本のウィスキーが評価されてるって話、とりあえず嘘じゃないみたい。
DSCN7579.jpg
日本のウィスキー専門店。

日本語の新聞、格好よく見えるんですかね?
うちはルモンド持ち帰りました、はい。

華の都は食い倒れ~サンジェルマンデュプレ
サンジェルマンデュプレ教会。
DSCN7564.jpg
手前にクリスマス市の名残が。

かつては隆盛を誇ったようだが…
DSCN7548.jpg
現在は、おされスポットのシンボル的存在。

さて、前夜のシャンゼリゼ店に引き続き、サンジェルマンデュプレ店。
DSCN7560_20100120221122.jpg
ふんふん。
DSCN7554_20100120221059.jpg
ここで、敢えてマカロンでなく、モンブランを頼む勇気を。
DSCN7559.jpg
でも、さすがに持ち帰れないや。

華の都は食い倒れ~早朝パン屋
最終日、朝。パン屋求めて商店街。
確かに、バケットを朝から買い求めるパリジャンをよく見かける。

う~ん、イートインスペースがあるところで…
DSCN7532.jpg
って、日本にも進出済みのチェーン店さん。
DSCN7527.jpg
ま、それはそれで、現場で焼いてるよですから。
DSCN7526_20100120220940.jpg
満足。

華の都は食い倒れ~ナイトライフ
ワインバーに引き続き、ナイトライフに奮発してみました。
DSCN7515_20100120220859.jpg
シャンパンショーですから。
DSCN7519.jpg
昼間に寄って予約を入れたわけなんだが、
「ショーだけっての、ないの?」
って聞く観光客続出。キャバレーだから、酒無しってわけにはいかぬ。
DSCN7520.jpg
ま、おねーさんはともかく、年末にTVで観た金粉兄弟をここで見ることになるとは思わんかった。

生金粉アクロバットショー、一見の価値あり。

華の都は食い倒れ~ワインバー
栗ヨーグルト食って英気を養ったところで、夜、シャンゼリゼに繰り出す。
DSCN7492.jpg
マカロンが超有名なパティスリー、「ラデュレ」。
DSCN7493.jpg
店内はごった返しております。

で、店頭販売のその奥、ラデュレのバー。
DSCN7495.jpg
一転して、優雅な空間。
DSCN7496.jpg
ワインを楽しみながら、つまむ。
DSCN7499.jpg
雑踏の店頭販売コーナーを横目に、さんざん飲み食いして…
DSCN7507_20100120220837.jpg
マカロンをオーダーすると、優雅(?)に皿に盛り付けられる
DSCN7509_20100120220848.jpg
そいうこと。

凱旋門に登る時間が無くなっちゃったぜ。

華の都は食い倒れ~小休止
疲れたので、ショッピにてお買い物。

栗クリームヨーグルト。
DSCN7490_20100120220711.jpg
どんなに栗好きだ?

無性に炭酸が飲みたく…
DSCN7491.jpg
んまい!

どうやら、アルコール飲料みたい。

華の都は食い倒れ~駅舎跡
ルーブルから、セーヌ河挟んでの対岸風景。
DSCN7439_20100120220457.jpg
名物古本屋は開店前。
DSCN7440.jpg
思えば、この中に商品が保管されているわけで、治安がよいと言える…?

オルセー美術館。
DSCN7444_20100120220532.jpg
…の入口前には、人人人。しかも、流れ極めて悪し。
さすが、無料開放日。
DSCN7445_20100120220541.jpg
ふ~む、昼時、腹が空いた。

名物、焼き栗5ユーロ。
DSCN7446_20100120220558.jpg
空き缶七輪にドラム缶蓋。スーパーのカート、どっかからかパクったでしょ。
DSCN7448_20100120220607.jpg
お味の方は、ドイツの屋台で買った焼き栗より、美味しゅうございました。

予定では、美術館内部のおされレストランでランチのはずだったのだが…
DSCN7451_20100120220627.jpg
無理。

入場待ち時間は、都合1時間以上。
DSCN7469.jpg
パリ万博時の駅舎を再利用したとかで、鉄ちゃんにも大満足(?)。

こんなのや、あんなのや…
DSCN7461.jpg
美術の教科書に載ってるよな絵が、当たり前のよに。

ただ、思ったより広くないのね。

華の都は食い倒れ~人類の至宝再び
こんなに早く舞い戻るとは思わなかった。
DSCN7350.jpg
世界には、もっともっと知らないところが一杯あるのに。

それを言ったら、ボルネオに10数回行っておきながら、オランウータンを見たことがない。

まぁよい。にしても、人人人。
DSCN7353_20100120220338.jpg
世界一の美女の目前は、それはもう大変なことに…
DSCN7354.jpg
前回訪れたのは、よほどの閑散期だったのだな。
DSCN7363_20100120220401.jpg
ふへぇ~、とにかく広い。
DSCN7369.jpg
ここも、相変わらず写真屋の撮影会状態。
DSCN7389.jpg
目には目を!
DSCN7406.jpg
…のハンムラビ法典。

世界最古の、と書きかけて、世界で二番目に古い法典なのですな。そう習ったかなぁ?
DSCN7430_20100120220447.jpg
ま、そんなことはどうでもいいか。

オイル交換
チョコ、オイル交換14300km。
ちびこ、55200km。

華の都は食い倒れ~夜明けのマカロン
本日は、宿屋にて。
DSCN7314.jpg
夜明けのパリ。
DSCN7316_20100120220109.jpg
いや、なに、9時はとっくに過ぎてるんだがね。

徒歩にてやって来たのは…
DSCN7326_20100120220126.jpg
ルーブル。
DSCN7332.jpg
月。
DSCN7333.jpg
出遅れた!
DSCN7334.jpg
第一日曜日はねぇ、主要観光地がタダなんだよぉ。
DSCN7342.jpg
昨夜のマカロンでも食って、待ちますかぁ。
DSCN7345.jpg

華の都は食い倒れ~お宿でアラカルト
2CVチャーリー。
DSCN7282.jpg
本場モノだな。

さぁ~て、サンジェルマンおされ界隈。
新年第一日曜に食べるというガレット・デ・ロワで王冠被りたかった。
DSCN7283_20100117213605.jpg
でも、二人じゃきっと食べきれない。

蕎麦粉のクレープも食べたかったな。
DSCN7285.jpg
ラ・クレプリー・デ・カネット、新年お休み。
う~ん。

この近所のモノプリ(スーパー)はお勧めだ。惣菜が充実している。

ショバを変えて、オペラ座の裏、ギャラリー・ラファイエット(デパート)。
DSCN7297_20100117213629.jpg
なんたって、元旦と日曜に挟まれたこの日、混むの混まないのって…

で、結局のところ、宿屋の裏手の商店街、パン屋さん。
DSCN7299.jpg
バケットが超旨そうだ。マカロン、購入。

肉屋さん。
DSCN7300_20100117213656.jpg
王室御用達はさておいて、キッチュとパテを購入。親切。

イタリア食材屋。
DSCN7302_20100117213708.jpg
野菜のオイル漬け、購入。ボった?

で、最寄のスーパーでサラダと泡のやつを買って、おうちでデリごはん。
DSCN7306_20100117213721.jpg
落ち着きます。何より、お財布に優しい。

そして、肉屋の包み紙がおしゃれって…
DSCN7311_20100117213736.jpg
そうか?

華の都は食い倒れ~生牡蠣を食す
サンジェルマン界隈。
DSCN7259.jpg
おされスポットなんですか?

ま、関係ないや。興味の対象は、サンジェルマン市場。
DSCN7261.jpg
古いマルシェらしいが、現在は近代的なビルの中。服屋さんの奥に生鮮食料品店。
DSCN7256.jpg
ほほう、生ダコに…
DSCN7253_20100117213319.jpg
ホウボウ、マトウダイまであるか。
DSCN7255_20100117213335.jpg
で、何を買うでもなく、市場の一角のベンチで小休止。

というのは、目の前の店が12時開店だから。
「Huitrerie Régis(ユイトルリー・レジ)」。
DSCN7262_20100117213431.jpg
こじんまりとした牡蠣専門店。
DSCN7278_20100117213540.jpg
白を基調の小奇麗な店。
DSCN7267_20100117213455.jpg
背後の緑の盆は、ご近所の配達用。席数少なくて大丈夫?という心配は無用。
頻繁に、お盆返却のお客が訪れる。

そして、並ぶのは当然の白ワイン。
DSCN7269_20100117213505.jpg
う~ん、Fine6ヶ、Special6ヶにワインが付いたセットを二つオーダー。
DSCN7263.jpg
ほ~ら、どうだ。昼からだぞぉ。
DSCN7275.jpg
特別に仕入れているというこの牡蠣。

く~っっ、んまい
DSCN7271.jpg
夜までかみさんが体力的にもつまいという判断により、昼から生牡蠣でしたぁ~

華の都は食い倒れ~ノートルダム寺院
朝9時過ぎ、ようやく明るくなってきた。
夕方がもっと早く暗くなるのかと思いきや、暗くなるのは17時。
DSCN7118.jpg
ノートルダム寺院に到着し、内部を覗いてみたが、はて?登り口は?
DSCN7133_20100117212829.jpg
グリ~っと、周囲を一周。
DSCN7135_20100117212848.jpg
新年明けても、クリスマスの飾りつけ。
DSCN7121.jpg
お、あった、あった。登り口には既に行列が。
DSCN7142.jpg
10時までお外で待つこと暫し。
DSCN7147_20100117212936.jpg
人数制限しながらのご入場。こりゃある意味、エッフェル塔に登るより貴重な体験。

そして、期待値が最高潮に盛り上がったところで・・・
DSCN7149_20100117213005.jpg
まずはお土産コーナーに連れ込まれる。

そして、螺旋階段を昇り、いい加減疲れた頃、お外に出るとお屋根が見える。
DSCN7152.jpg
「ふ~む」
DSCN7157.jpg
街を長年眺めて飽きませんか?

その心配は要らないよですね。
DSCN7162.jpg
塔の先端も間近。
DSCN7171_20100117213112.jpg
こっちのは、うさぎ食ってるし。
DSCN7179_20100117213133.jpg
この空中回廊散歩で終わりかと思いきや、さらに上に向かう階段。

さらによい眺め。エッフェル塔。
DSCN7192_20100117213151.jpg
モンマルトル方面。
DSCN7209_20100117213207.jpg
セーヌ河。
DSCN7226_20100117213225.jpg
こんな眺めを、んな空中回廊から一望。
DSCN7237.jpg
以上で、ツアー完了。これはお勧めだが、なんせ客の回転が悪いから、登るなら朝早く行け。

で、降りてみると、これが最近の街頭パフォーマーのトレンドなよです。
DSCN7242.jpg
こんな動かない芸で稼げるほど、甘かないぜ、世の中。

・・・というパリの朝風景、ノートルダム寺院からでした。
DSCN7243_20100117213306.jpg

華の都は食い倒れ~日の出前
朝8時。
DSCN7107.jpg
やっぱ、誰も起きてこないのね。

屋根付き商店街パッサージュに、朝飯を食わせる店は無いかと覗いてみれば…
DSCN7108_20100117212701.jpg
超ビックリ。
DSCN7109.jpg
ロウ人形の館らしい。

ということで、パッサージュは諦めて大通りのパン屋。
DSCN7116.jpg
そうそう、これこれ。
DSCN7113.jpg
大手チェーン店さんですがね。
フランスはパン!