マスターの酔いどれ紀行
三度の飯より潜るの大好きマスター。ニューヨーク陸ダイバー生活から伊豆の海に帰る。年中潜れる生活って、やっぱ素敵。


Visitors



プロフィール

マスター

Author:マスター
海に浸かってさえいればご機嫌の、筋金入りスクーバダイバー。ロチェスター駐在から帰還し、窒素をたんまり吸ってはニンマリ。日々日記と称しては、好奇心任せに細かいネタを拾い歩く。



Weather in Rochester

Click for Rochester, New York Forecast

[F]から30引いて2で割るとおよそ[℃]



Today's Moon

CURRENT MOON
lunar phases



日本の天気予報っす


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



海のギャラリー

バラクーダ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ギンガメアジ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ミジンベニハゼ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒレナガネジリンボウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ガザミの仲間

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

カミソリウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

キンギョハナダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎岬先端

ニシキフウライウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

スマ

Not avilable

Maldives Filitheyo island

マダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒメイカ

Not avilable

西伊豆大瀬崎大川下

Manta Ray

Not avilable

モルディブ

ハクセンアカホシカクレエビ

Not avilable

西伊豆大瀬崎先端

ハナシャコ

Not avilable

四国柏島

ナマコカクレエビ

Not avilable

マレーシアシパダン島

キアンコウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



治一郎のバウムクーヘン
職人:治一郎のバウムクーヘン。
DSCN8053_20100221162957.jpg
一部で有名なんだそうだが、工場直売店では行列をなすとか。

なぜなら、切り落としが割安に購入できるから。
DSCN8054.jpg
なんだ、ヤタローか。昔からあるローカルパン屋ではないか。

え?シャンボールを展開してるの、ヤタローなんだ。
ふ~ん、いつのまに。

それはともかく、美味しゅうございました。

フキノトウ
昨年植えたフキからフキノトウ…
DSCN8051_20100220113408.jpg
二つ。
DSCN8102_20100221163247.jpg
これ取っちゃっても、また生えてくるんでしょうか?
そうでないと、えらい高いものにつく。

ま、考えててもしょうがない。
やっぱ天麩羅だよねぇ。
DSCN8105.jpg
月並みだが、ほろ苦くて素敵。
日本酒と言いたいところだが。

たった二つのフキノトウのために油を用意なんて許されず…
DSCN8106_20100221163315.jpg
とっくに賞味期限切れのバッファローチキンウィングソースで。

銀座でランチ…待ち
かみさんは、友達と銀座でランチ。

なのに…
DSCN8035.jpg
ある意味、おにぎりが無いコンビニを始めて見たね。

なぁ。
DSCN8038_20100220113233.jpg
船を見ながらのランチっした。
DSCN8039_20100220113242.jpg
晴海埠頭。
DSCN8043_20100220113312.jpg
何をしてたかは秘密。

勝鬨橋を渡り…
DSCN8045.jpg
ピックアップだが、そうか、この建物無くなるんだ。
DSCN8047_20100220113340.jpg
どうりで皆写真撮ってる。

で、レインボーブリッジを無料で渡れば…
DSCN8048.jpg
振り出しに戻ると、そいうこと。


唯一の現存帝国海軍艦艇
南極観測船宗谷。
DSCN8000_20100220112157.jpg
巡視船宗谷。灯台補給船宗谷。特務艦宗谷。商船地領丸。貨物船ボロシャエベツ。
いろいろ名前を持っているが…
DSCN7931_20100220111652.jpg
最初から帝国海軍艦艇として生まれた海防艦志賀が、巡視船を経てチーバーで公民館としての役目を終えて、1998年に解体されてしまった今、最後の残存帝国海軍艦艇である。

いや、コンクリで固められた戦艦三笠、防波堤に塗り込められた駆逐艦、その他特殊潜航艇や特攻魚雷回天(これを艦艇と呼ぶかはともかく)も結構残っているから、海に浮かび、現在も船籍を有するという意味で、唯一の残存帝国海軍艦艇である。

さて、乗船口。
DSCN7937.jpg
大丈夫です。吸いません。
DSCN7942.jpg
さぁ、これがミラクルワールドへの扉。
DSCN7944.jpg
このバルジは、南極観測に際して後付けされたものであろう。
DSCN7945_20100220111749.jpg
どなたですか?
DSCN7948_20100220111810.jpg
宗谷の雄姿。
DSCN7951.jpg
後部甲板下は物置ですな。
DSCN7954.jpg
通路の高さはかなり厳しい。頭ぶつけるよ。
DSCN7956_20100220111851.jpg
当初は蒸気ボイラーであったはずだが、ディーゼル機関に換装。
DSCN7962.jpg
こちらは以前の姿、帝国海軍特務艦宗谷時代。
DSCN7964.jpg
ま、軍艦と看做すかどうかは微妙ではある。
それでも、魚雷が飛び込むものの不発という幸運に、爆雷で返り討ちという武勲を誇るのだ。

そんな艦内のここに注目。
DSCN7966_20100220111928.jpg
実家のガラスと同じ模様を発見。

南極観測といえば、アイスクリームフリーザー。
DSCN7968_20100220111945.jpg
極寒の南極でぬくぬくしながらアイスを食うのが、至極の幸せ…
実際のところ、赤道直下の灼熱対策であろう。

このブリッジを見た後だと、羊蹄丸のブリッジが近代的なこと。
DSCN7974_20100220112001.jpg
海上保安庁時代のシンボル。
DSCN7977_20100220112040.jpg
艦歴、ゆうに70年。
DSCN7982.jpg
初代しらせは、解体予定から一転、ウェザーニュース社に引き取られたとのこと。
長く大切にされるのか?若干の不安。

羊蹄丸
潜水艇たんかい(実物)。
DSCN7917.jpg
下半分はメタクリル樹脂というから、視界はよろしいが、そんなには潜れないだろな。

自立航行可能なしんかい6500なんかとは違って、ケーブル使って降ろします。
そいえば、むか~しむかしに持っていた絵本にこんな潜水球が登場していた気がする。
これのことか?

その昔、ココムなんてものがあったことを思い出させますね。
DSCN7924.jpg
さて、爆沈した陸奥の主砲なんかありまして…
DSCN7927.jpg
あ、そうだ、海底村プロジェクトってご存知でしょうか?ここに展示されてるのは海底ハウス歩号1世だが、海底ハウス歩号2世は営業してたっていうから、70年代ってパラダイス。

さて、本題。

青函連絡船として活躍していた羊蹄丸。
DSCN7934.jpg
やはり、最後部のレールがポイントでしょうか。
DSCN7990.jpg
内部はゴージャスな姿に改装されてるが、下層の青森駅セットは見ごたえあり。
DSCN7993_20100220112113.jpg
モノホンの機関車と客車が納まってるあたりが。

そいえば、十和田丸には、フィリピンマクタン島で乗船したことが。
昼飯をうまうまと奢らせようとしたガイド君、あまりの冷房のきつさに早々に退散。
DSCN7999.jpg
あぁ、ダイナマイト漁の熱帯魚とか(ビニール袋に入れる作業場見学。こうやって日本のペットショップに行くんだなぁ)、闘鶏とか(ガイドくん飼育の鶏がチャレンジ!)、じゃぱゆきさんに憧れる少女とか(こう書くと誤解を与えそうだが、ガイドの友達んちで子供に将来の夢を聞いてみたのだ)、おおらかなフィリピンの思い出やぁ。海外経験三回目にして、強烈な体験。

メッサーシュミットとBMW
エコロジーコラムで、最近のハイブリッド車オーナーは環境意識が低く動力性能ばかり気に掛けていると、苦言を呈しているエコロジスト氏。三代のプリウスを乗り継いでいること誇らしげに語っているが、環境意識低いぞ。

「Mottainai」を参照のうえ、これを見よ。
DSCN7907.jpg
メッサーシュミットに…
DSCN7908_20100220111541.jpg
イセッタ。

ほ、欲しいっ!

ダイフェスだったそうで
あそこで、ダイビングフェスティバルが開催されているという、この日…
DSCN8030.jpg
んなところには絶対に近づかないという、へそ曲がりぶりを遺憾なく発揮し、ここ。
DSCN8040_20100220113301.jpg
世界は一家、人類は皆兄弟。
DSCN7918.jpg
右の方で、衆議院議員で、慈善家で、日本船舶振興会のドンであったが、ここで評するほど私には知識がない。
DSCN7925.jpg
ただ言えるのは、二式大艇がいまだにここに存在すれば、わざわざ鹿児島鹿屋まで行く必要はなかったのだ。

ま、それはそれとして…
DSCN8009_20100220113022.jpg
船の博物館ですから、そのよな展示の中…
DSCN8018.jpg
海上保安庁も展示のうち?
DSCN8019_20100220113128.jpg
その他、特殊法人事務所、多数入居中。

そのような特殊展示もさることながら、これだ。
DSCN8013_20100220113034.jpg
日本でも最初期のスクーバセット。
DSCN8015.jpg
というか、レギュ発明の年の刻印が。ふ~む、これは貴重な。

世界初のダイコン。
DSCN8017.jpg
う~ん、見方がわからん。

モデラーという種族
う~ん。
DSCN7996_20100220112124.jpg
これをどうやって持ってきたのかと考え出すと、夜も眠れませんね。
DSCN7998.jpg


チョコ
自宅から約15分の地点で、野生のサルを目撃
東京都区内ならニュースねた間違いなし。

今まで聞いた事も無かったが、最近は小学校裏にも出没との由。
里山の崩壊、深刻。

それはそれとして…

頂きました。
DSCN7906.jpg
対極な話題二つ、でした。

冬景色
一体どこに向ってるんだ?
DSCN7903.jpg
雪国?

湾岸署
この辺り、ドラマ、否、最近で言えばのりぴーで有名になった東京湾岸警察署があったはず。

お、これか?
DSCN8003_20100220112209.jpg
いや、待てよ。本物は、隣のこちらのはず。
DSCN8004.jpg
はて?

警視庁湾岸警察署?
DSCN8005.jpg
と立ち止まっていたら、警備員に追っ払われてしもうた。
失礼な。

見られたくなかったら、こんな公道に面したところで堂々とやるんじゃねぇ。
DSCN8021.jpg
ということで、意地でも記事アップ。
DSCN8029.jpg
ロケ準備、着々のよです。

なあ青嶋くん。

牡蠣のシーズンですから
牡蠣屋さんに行くと、その場で詰めてくれはるの。
DSCN7905.jpg
「アサリと違って、一週間は大丈夫!」
ホントですか?

もちろん、浜名湖産は加熱用が前提。
DSCN7890_20100220111217.jpg
大振りブリで美味しゅうございました。

ツボミフクラム
もう少しでしょうか。
DSCN7896.jpg


ボトルキープ
諸事情により、ようやく。
DSCN7892.jpg
昨年三月に入れたんじゃね?

一年前のポン酒のお味はともかく、よくもまぁ残してくれてる。
(ちびちび飲ってるから、来店が一年ぶりってわけじゃないけど)

外せない焼アナゴ。
DSCN7893_20100220111258.jpg
今度から焼酎に切り替えるか。

縄張る
最近の庭仕事のお友達。
DSCN7873_20100220111109.jpg
必ず現れる。

なんという警戒心のなさか…
DSCN7874_20100220111120.jpg
この冬の力作、小石の金字塔の天辺でさえずり…
DSCN7886_20100220111129.jpg
そして、一番フンをした。
DSCN7889_20100220111158.jpg
縄張り宣言ですか?

チキンライス
久しぶりに作ってみた。
DSCN7857.jpg
基本夏野菜の季節じゃないしぃ、フライパン焦げ付くしぃ。
なんか、パンチ足りないしぃ。


そういう食べ方?
う~ん、絵柄がそうだからって、ホントにそんな食べ方なのか?
DSCN7858_20100207112808.jpg
あんこ、そのまま食ってるみたいな。
強いて言うなら、モンブランの栗クリーム?

俺はデザートとしては認めんぞぉ。

三保の舟艇庫
あ~っっっと!これは!
DSCN7852_20100207112746.jpg
舟艇庫に間違いない。

ちなみに、ご近所には甲飛予科練があったとかで、跡地は某大学になっとります。
現役飛行場も存在するが、赤十字飛行隊専用とか。

も一つおまけに、ダイビングスポットでもありまして、アカタチなんぞが見られやす。
セルフが基本の、なかなかハードなスポット。

ちきゅう
「今日はまだ居るかな?」
朝の東名清水インター付近から、櫓の頭が見えましたから…
DSCN7836.jpg
ちきゅう。
DSCN7834_20100207112629.jpg
見れば見るほど、こりゃまた巨大な。
DSCN7835_20100207112641.jpg
この四角い後姿が、巨大に感じさせないのかな?
DSCN7843.jpg
ぐるっと正面に回ってみました。
DSCN7849.jpg
こんなに長く逗留するなんて…
DSCN7850_20100207112735.jpg
①冬は海が時化るから
②整備・修理のため
③予算が尽きた

さて、3/6,7に一般公開だそうです。行かなくちゃ。

西伊豆大瀬崎~784-785本目
既に2月だが、これは1月分。
DSCN7820.jpg
そして、本日、この冬一番の寒気団。
DSCN7821_20100207112349.jpg
でも雪は減ったね。どちらかと言えば、溶けたというより、吹き飛ばされたみたいな。

大瀬とは思えぬ透明度で、思わず現在地を見失いそになる。

本日はトン汁に…
DSCN7825.jpg
大盛り飯。
DSCN7826.jpg
そして、昼に思わずベタ凪になった。
DSCN7824_20100207112438.jpg
この透明度、魚眼ですよ、魚眼。
DSCN7828.jpg
そんな水温13℃の海よりの中継っした。
DSCN7830.jpg
あ~、寒い。