マスターの酔いどれ紀行
三度の飯より潜るの大好きマスター。ニューヨーク陸ダイバー生活から伊豆の海に帰る。年中潜れる生活って、やっぱ素敵。


Visitors



プロフィール

マスター

Author:マスター
海に浸かってさえいればご機嫌の、筋金入りスクーバダイバー。ロチェスター駐在から帰還し、窒素をたんまり吸ってはニンマリ。日々日記と称しては、好奇心任せに細かいネタを拾い歩く。



Weather in Rochester

Click for Rochester, New York Forecast

[F]から30引いて2で割るとおよそ[℃]



Today's Moon

CURRENT MOON
lunar phases



日本の天気予報っす


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



海のギャラリー

バラクーダ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ギンガメアジ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ミジンベニハゼ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒレナガネジリンボウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ガザミの仲間

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

カミソリウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

キンギョハナダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎岬先端

ニシキフウライウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

スマ

Not avilable

Maldives Filitheyo island

マダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒメイカ

Not avilable

西伊豆大瀬崎大川下

Manta Ray

Not avilable

モルディブ

ハクセンアカホシカクレエビ

Not avilable

西伊豆大瀬崎先端

ハナシャコ

Not avilable

四国柏島

ナマコカクレエビ

Not avilable

マレーシアシパダン島

キアンコウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



潜入ルポ
ここに来るのは20数年ぶりでしょうか。
PAP_0004_20120130221103.jpg
当時、バブル末期。東モ上がりのプロトとかレーサーが来てまして、跨り放題、乗り放題でした。
地方のドサ回りの方がおもしろかったものです。

…とか関係ないしぃ。

次々と呼び出される担当さんに連れられて奥に吸い込まれてきます。
PAP_0003_20120130221116.jpg
そして、本題のくじ引き会場。
PAP_0001_20120130221135.jpg
ここは当たるんです。ここは予備抽選会。

で、本日電話が無かったってことは、順当に外れたんでしょうねぇ…
そらそうだ。

さぁ、次、次。

本日の獲物
謎の生物。
DSC_6380.jpg
正体は何か、近日公開。
乞うご期待。

ゆせん玉子
頂きました、ゆせん玉子。
DSC_6302.jpg
はうぅぅ…ま~ご好きにはたまりません。

新しいお家
どうです?新しい我家。
DSC_6324.jpg
だといいね、というお話。
DSC_6322.jpg
っした。

今切の赤灯台
浜名湖今切の赤灯台。
DSC_6321.jpg
そいえば昔潜ったなぁ…っと。
普段は釣り人が多いため、元旦狙いで。

そう多くは無いと思いますよ、んなとこ潜ったことある人。
浜名湖で潜るというショップを鋭意調査中。

工場見学会
昨年のお話…

海軍橋交差点。
DSC_6319.jpg
ここから先、元海軍航空隊の基地があった人工島ということなのだが、唯一信号機上の交差点名に名残。昭和18年に大型機搭乗員養成に完成したということで、実質的にはほぼ役にたってないらしいのだが…

ということでなく、話は2時間ほど遡りまして…
DSC_6303.jpg
え?こんなにバスがたくさん出るの?
そんなに大々的イベントなの?

さるクジに申し込むためには、このツアーに参加することが義務付けられてまして…
DSC_6304.jpg
やってきました、工場見学。
DSC_6306.jpg
こんなことやあんなことや…
DSC_6309.jpg
こんなものを見たりして…
DSC_6307.jpg
ある意味、この構造だったら当たり前だろと思わんでもないのだが…
DSC_6314.jpg
そんなことはともかくとして、ここは主滑走路に近い位置らしい。

結果的にこんなものまで頂いて帰ると、そいうことでした。
DSC_6317.jpg
誰かが買った物件に乗っかってるのかと思うと、申し訳ない。

きらきらな円形
ナビ姐さん働かず、おぉ太陽フレアの影響かと思いきや、電源リセットで復帰。
なんだぁ。

さて、円形がキラキラしとりました。
PAP_0001_20120120212647.jpg
溝の口、焼き鳥屋へGO。

ご馳走です。
力のバランスが崩れたって…
以後、地震が頻発してることぐらい誰でも知ってるし…
一箇所緩めば、その周りは歪みが溜まる。
このタイミングでその程度のことを言うなんて、無責任すぎる。

さて…

佐賀牛
PAP_0005_20120120212733.jpg
あ、そうじゃなかった、部下の結婚式。
PAP_0006_20120120212744.jpg
初主賓でした。
PAP_0004_20120120212709.jpg
そいうことは最初に言ってくれ。


闇の奥
これだけ物事決められない世も異常だが、決めてくれる人を待ち望む風潮はもっと危険だ。
こうやって現れるんだなぁ…と。

えっとぉ…
DSC_6104.jpg
「地獄の黙示録」の原作っちゅうか、元ネタちゅうか…

えっとぉ…大至急、読みます。
ベルギー国王レオポルド2世の私領地であったコンゴ自由国の話らしいんですがね。

閉塞感
コダック破綻ですかぁ…
元ロチェ在住者としては感慨ひとしお。

さて、気持ち、近くなってので行ってみました。
DSC_5960.jpg
前回が酷かっただけに、ま、人は戻ったか。
近いことはいいことだ。
DSC_6014.jpg
う~ん…
DSC_6027.jpg
これはどうだろうか。
DSC_5966.jpg
随分懐かしいが。
DSC_5963.jpg
そういう意味ではこっちもそうだが…
DSC_5988.jpg
これがもし電気じゃなかったら…
DSC_5991.jpg
もし内燃機関だったら…
DSC_5992.jpg
と思ってしまうところが、うまうまとやられてるんでしょうねぇ、おじさんは。

ということで、ブレーキのどアップ。
DSC_5998.jpg
ま、いいっか。

浜松百名山その9~井伊谷城山
井伊氏の居城、井伊谷城があったという城山。
DSC_6301.jpg
標高114.9m、あっさり制覇。
DSC_6297.jpg
展望よろしからず。
DSC_6300.jpg
も少し真面目に登ろうかと思います。

立須再び
川名ひよんどり会場(寒いから見学止めたけど)から三岳に抜けてみました。
三岳に登れば百名山入りだったわけだが、やっぱ寒いし。

ということで、ブンブン回る風力発電タービン前に車を置き…
DSC_6288.jpg
徒歩10分で立須。
DSC_6295.jpg
浜名湖が見える光景は圧巻。
DSC_6289.jpg
既にお伝え済みですから、百名山ならず。
DSC_6294.jpg
で、ですねぇ…年輪の目が広いほうが日が当たる南側って…
DSC_6296.jpg
見事に嘘です。

さらに言えば、山側の目が狭く谷側の目が広い…これすら当てはまらず。
斯様に気まぐれなのです、自然は。

んでもって無理やり雪崩れ込むが、ハイゼンベルクの不確定性原理、測定限界と量子揺らぎ(本来の不確定性原理)を混同していることが証明されたんであって、量子揺らぎが否定されたわけじゃない。だよね?

直虎の許婚
元ジョギングコースの堤防脇に墓。
DSC_6284.jpg
大老井伊直弼寄進の灯篭と伝えられる。

で、ここは井伊直親の墓。
彦根井伊家の始祖である赤鬼井伊直政の父、かつ井伊直虎の許婚。
DSC_6287.jpg
調査したところはいろいろあるんだが、直虎とはどんな赤鬼かと思いきや、実は井伊直盛の娘。直盛は嫡男が無かったため、その娘と直親は許婚となるが、その後謀反の疑いということでドタバタあり、諸事情により直親は別の人と結婚してしまう。

その直親も今川氏に謀反の疑いを掛けられ、申し開きのため駿河に向かうところを謀殺。亡骸はこの地(本来はここから東へ300mほど)に葬られたと。

井伊直親の息子直政も命を狙われるが、井伊家緊急事態に女当主となった直虎の庇護の下に。

ま、簡単に言えばそいうこと。
もっと手短にまとめろってか?

駒門にお立ち寄り
駒門と言えば、PAのバナジウム鉱泉…

とともに、気になってるのが駒門風穴。
大好きな穴だし。
DSC_6280.jpg
PAから歩いてこれると思うが…
DSC_6281.jpg
とにかくやってなきゃ意味が無い。
16時までって…お~い、現在15時50分。

結構長いみたい。
DSC_6282.jpg
えぇっとぉ…

銀座で川湯
たまたま立ち寄ったこちらで、前回どうしても見つからなかったものを見つけてしまい、新年早々の大散財。最近の高騰により、存在自体が稀有なのですから、仕方ない。
DSC_6271.jpg
海のバカヤロ~~っ!
失くした私が悪い?

さて…
DSC_6275.jpg
元マリオンを眺めながら、足湯。

え、何?ここは川湯?
DSC_6277.jpg
弟子屈硫黄山の川湯?
どうりで足の傷に沁みるなぁ。

で?君は?
DSC_6278.jpg
冷静に考えると、丹頂鶴かぁ…

わからんって。

十七代目紀ノ重
レトロ自転車の荷台に荷物なく、ぽつんと。
DSC_6270.jpg
んな正月の築地場外市場。
魚市場がそもそもやってねぇんだから…

と言いつつも来ちゃった。
DSC_6267.jpg
99%諦めていたが、まさかやってる!
DSC_6268.jpg
他にやってるのは、何軒も出してる24時間営業の店のみ。
しかも、行列無し!

首尾よく席を確保し、まずは平目を塩で。
DSC_6258.jpg
「撮ってもいいっすか?」
「いいよ。」
ダメかなとも思ったんだが、カメラOKで。
DSC_6259.jpg
だったら、全種類写しとくんだったか?
あ、このサーモンのスモークが、んまい。

真鯛を塩で。
DSC_6261.jpg
あとはサロマ湖の牡蠣と、錦江湾のナミクダヒゲエビ、江戸前のアナゴ…

で、これね。
DSC_6262.jpg
たまたま静岡県西部の方と一緒になり、おしゃべりと天狗舞の元旦絞り濁り酒のおすそ分けを頂戴。
DSC_6265.jpg
大将との会話も楽しかったが、ぼちぼち順番待ちの客が出てきたので退散と相成り。場所が場所だけにコスパに優れた店と言えよう。ってか、正月でなきゃ行列必至だわなぁ、こんなにゆっくりできるなんて。

ランチは11時から、夜は予約のみと。

あ、深海のナミクダヒゲエビ、甘味があって旨しだが、私、若干アレルギー発症気味。
「食べなきゃいいのに。」
「美味いんだもん。」

年末の牡蠣事情
浜名湖産の牡蠣。

サロマ湖の牡蠣より無名ではあるが、ある意味幻の牡蠣。
ググって見れば判る、通販なんて無いし。
水込みで500gかい。
で、年末は正月料金だし、そもそも大晦日、いつもの店休みだし。
市内のスーパーに並ぶのは、遠路はるばる岡山、広島産。

斜め向かいの店に、パック済みのやつを見つけました。

そいえば浜名湖産とはいえ、稚貝は東北からやってくるんだそうで、影響が心配。

西伊豆大瀬崎-883~885本目
あれ?ダイブログが一回飛んでるなぁ。

まだ11月半ばの定点観測。
DSC_5442.jpg
ガラスハゼ。
DSC_5446.jpg
幼魚は困るんだよなぁ…
DSC_5447.jpg
角田氏。
DSC_5449.jpg
えぇ、それを言いたいだけ。

最近、エビカニ好きの同胞を見つけて嬉しいです。
DSC_5453.jpg
思春期のキンチャクダイ。
DSC_5461.jpg
かなり小ぶりのブリ。
DSC_5466.jpg
イナダとも言う。

そいえば、最近エビ撮ってませんね。
DSC_5470.jpg
テグリだけど…ミヤケ?
DSC_5479.jpg
ゼブラが付いてるかもと、必ずひっくり返してみるわけ。
DSC_5484.jpg
ま、カワハギの類やね。
DSC_5496.jpg
幼魚だし、同定に投げやり気味。

おっと、そこを小走りに走る君は…
DSC_5501.jpg
可愛いポーズのカラッパ。
DSC_5510.jpg
バリボリ…
DSC_5516.jpg
意外と獰猛っす。

万能みそ
「うま○ら、買ってきてぇ。」
「ほぇ~い。」

さてこちら、手作り市○味噌○まいら工場。
PAP_0001_20111229213526.jpg
じゃんじゃん作ってるって工場でもない。
工場ったって、次々と流れてくるところを想像したらイカんぜよ。

ま、浜名○茶屋の市○味噌工場よりは、整然としてますな。

「すみませ~ん、直売してるって聞いたんですけど。」
ということで、なんなくゲット。
DSC_6180.jpg
「あれ?違うじゃん、この前のと。」
「えぇっ!わざわざ、う○いらって指定したじゃん。こないだのは○作味噌だぜ?」

妻は旦那の記事を大して読んでないって話っした。
そんなもんだ。

「それより、どうしてこんなに買ってくんのよ?」

浜松百名山その8~公園山
すっかり忘れてました、このシリーズのこと。
DSC_6179.jpg
ここから初日の出はどうかとも思ったが、曇りという予報にあえなく断念。

ぬくぬく寝てた方がいいやって。
というより呑み過ぎ?