マスターの酔いどれ紀行
三度の飯より潜るの大好きマスター。ニューヨーク陸ダイバー生活から伊豆の海に帰る。年中潜れる生活って、やっぱ素敵。


Visitors



プロフィール

マスター

Author:マスター
海に浸かってさえいればご機嫌の、筋金入りスクーバダイバー。ロチェスター駐在から帰還し、窒素をたんまり吸ってはニンマリ。日々日記と称しては、好奇心任せに細かいネタを拾い歩く。



Weather in Rochester

Click for Rochester, New York Forecast

[F]から30引いて2で割るとおよそ[℃]



Today's Moon

CURRENT MOON
lunar phases



日本の天気予報っす


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



海のギャラリー

バラクーダ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ギンガメアジ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ミジンベニハゼ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒレナガネジリンボウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ガザミの仲間

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

カミソリウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

キンギョハナダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎岬先端

ニシキフウライウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

スマ

Not avilable

Maldives Filitheyo island

マダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒメイカ

Not avilable

西伊豆大瀬崎大川下

Manta Ray

Not avilable

モルディブ

ハクセンアカホシカクレエビ

Not avilable

西伊豆大瀬崎先端

ハナシャコ

Not avilable

四国柏島

ナマコカクレエビ

Not avilable

マレーシアシパダン島

キアンコウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



カキ…
今シーズン最後のカキか…
今シーズン二回目の買出しだけどさ。
結果一つも食べられず…うぅ~涙。

西伊豆大瀬崎~893-894本目
寒いにゃ寒いが、温水シャワー浴びて着替えられるし、サンルームに暖房有り。
至極快適である。
その気になれば、畳にコタツまで。

日差しが春やなぁ…と。
DSC_6594.jpg
さて、湾内です、湾内。
ムレハタタテダイ、健在。
DSC_6575.jpg
その最深部。
DSC_6580.jpg
お、巨大カエルアンコウが。
DSC_6585.jpg
全長15cmあるかな。

こんなとこをパトロールし…
DSC_6587.jpg
そしてこれ…
DSC_6589.jpg
う~、ロープがキンクしていて気になる、気になる、直したい。
玉掛け技能講習修了者としては気になるぜぇ。
あ、クレーンも特別教育受けました。
ただ、私は資格マニアではございません、あくまでも。

さて、本日の三本目、マクロ105mmに換装して再び湾内。
DSC_6600.jpg
アップ…
DSC_6613.jpg
どアップ。
DSC_6608.jpg
オパールのよですね。

足。
鰭だけど。
エスカは釣竿。
DSC_6617.jpg
撮るだけ撮ったら、さっさと浅場に移動。

これ…
DSC_6620.jpg
ウミウシなんだよねって、信じられる?

なんか久々にタコを見掛けた。
DSC_6622.jpg
こういった極普通種ものを撮ってみたり。
DSC_6623.jpg
朝さえ起きられれば、真冬こそ面白いとぞ思ふ。

西伊豆大瀬崎~892本目
坂本龍一様、お考え違いをしておられます。CO2ゼロではございません。どこかで発電する必要があるのです。天然ガスか、石炭か、原子力か。自分の見えないところでコトがなされていれば良しとしますか?

一方で大量に安定的に眠っているメタンハイドレードを掘り起こそうとしています。エネルギーの救世主とにわかに言われだしましたが、大量のCO2源もしくは主成分のメタンは強力な温暖化ガスであることには変わりありません。

そう簡単に解答があってたまるか。

さて、温暖化の余波を受けての寒波と聞くが、今朝の気温-3℃。
DSC_6592.jpg
本日のお客三人。
う~む、この寒空の下潜るかぁ、好き者よのぉ。

でも水温は17℃あるんですよ。
DSC_6517.jpg
本日、午前は富士山方面から吹き付ける北西の風、外海クローズで先端へ。
DSC_6518.jpg
真っ直ぐ潜った本日の最深部。
DSC_6522.jpg
スジハナダイの群。
DSC_6523.jpg
おっとこれは、カワハギでなくマトウダイ。
DSC_6527.jpg
おフランス料理食材でもあるマトウダイ。
DSC_6532.jpg
これでも30cmくらいまで寄ってるんですがねぇ。
DSC_6536.jpg
さて、気を取り直して、岩の上にホタテ。
DSC_6546.jpg
岩の上にホタテ?
持ち上げてみようとしますが、何らかのゴム的なものでひっついてます。
DSC_6547.jpg
牡蠣が出す接着剤のよなもんだろか?
納得しかけたが、いやまて、ホタテは危険が迫ると泳いで逃げる貝だ。
う~ん、謎。

キンギョハナダイが乱舞する中をエグジット。
DSC_6548.jpg
あぁ、富士山がキレイやなぁ…っと。
DSC_6557.jpg

アンコウ鍋
いつもの魚屋で生アンコウ。
DSC_6511.jpg
よく似ているアンコウとキアンコウ、アンコウはクツアンコウ、キアンコウがホンアンコウということでややこしい。

まぁ、そんな話はともかく、この魚屋ではアンコウの吊るし切りをやっている。○十年前から通園バスの窓から見ていたのである。そのアンコウをここで買ってみるのは初めて。

さっと湯通しして、そらぁ、鍋でしょうなぁ、鍋。
DSC_6513.jpg
二日に亘って、締めうどんと雑炊で。

ところで、本日キアンコウ出没か?という情報ありも、朝起きられず…

ちょちくちょきんぎょ…じゃないのね
知りませんでした、貯蓄貯金魚だと思ってたが…
DSC_6487.jpg
1996年ちょきくちょきんぎょとしてデビューし、翌年ちょきんぎょに改名してたなんて。

ま、それ以上ふくらめようもないんすが…

国分寺
磐田市国府台。
DSC_6505.jpg
741年(天平13年)、聖武天皇の詔により全国に創建された国分寺のお一つ、遠江国分寺。
DSC_6504.jpg
ってことはなんですなぁ…
DSC_6507.jpg
いくら浜松が早くから拓けていたと言っても、少なくとも奈良時代には遠州の要は磐田だったと。

そいうこと?

緑十字機
磐田市役所。
DSC_6508.jpg
本館一階に展示コーナー。
DSC_6503.jpg
これ、緑十字機の増設燃料タンク。航続距離を伸ばすため、胴体内に設置された燃料タンク。
DSC_6501.jpg
このたび、漁船の網に引っ掛かって発見されたんだそうで。

緑十字機とは、終戦時、降伏受理協議日本代表団を乗せ、千葉木更津から沖縄伊江島(いおうじまでは無いゾ)まで飛んだ飛行機。マッカーサーの指示により、米軍機に撃墜されないよう真っ白に塗装し、日の丸の位置に深緑色の十字を書いた。この飛行機、降伏に反対する一部の部隊の日本機にも狙われていた。

8/19朝、一番機と二番機は木更津を飛び立ち、昼過ぎに米軍機の誘導で伊江島に到着。代表団はそこで米軍機に乗り換え、マニラの米軍司令部で日本進駐計画について協議を行った。協議を終え、8/20午後1時に再び伊江島に戻った代表団は、夕刻、故障した二番機を残して離陸。同深夜、燃料不足のため遠州灘海岸に不時着水した。燃料漏れとも、確認不足とも言われる。

ただ、米国側から零式輸送機と指定されていたにも関わらず、無給油で往復が可能な一式陸攻に拘ったという事実はある。堕ちた一番機は、一式陸攻の先行量産型である翼端援護機を転用した一式大型陸上輸送機。初期型ということもあって、相当使い古された状態であったともいう。
DSC_6502.jpg
砂浜に乗り上げた機体からは、無事代表団が降り立ち、トラックで早朝の陸軍浜松飛行場に移動し、たまたま基地に軽故障で残っていた四式重爆撃機飛龍で木更津に帰着した。

もし代表団が帰着できず、米軍の日本進駐が遅れていたならば、ソ連による北海道侵攻も有り得たともいう。また、この代表団の人選に当たっては、当時の軍高官達はなすり合いをするばかりでなかなか決定できなかった。こんなので、一億玉砕なんてチャンチャラおかしい。リーダーの存在意義は、いざというとき責任を取ることにあり。

砂浜に乗り上げた緑十字機は、戦後しばらく子供の遊び場となっていたそうだが、やがて台風の大波にさらわれて遠州灘に消えたのであった。

ワイン屋さん
ちょいとこじゃれた住宅街のワイン屋。

初めて入ってみましたが…
DSC_6498.jpg
意外とお手頃なワインもあると判明。

ただ…フィンガーレイクものはありませんでした。
当たり前か。

市営バス
最近の名○屋市長や○阪市長の言動見てると、北○鮮のことを笑うに笑えん。
ついでに言えば、都○事はもっとなんだかなぁ…

さて、その昔、浜松には市営バスが走っていた。
今でもたまに、払い下げられた車両が物置代わりに。

玉葱畑にその一台。
DSC_6495.jpg
ちなみにこれは古い方の塗装だね。
DSC_6493.jpg
一度も乗ったことはありませんでしたが…
DSC_6494.jpg
土に還るのも時間の問題。

虚空蔵さん
通り掛ったらやっとりました。
DSC_6490.jpg
虚空蔵さん。
DSC_6491.jpg
名前は知ってたが、来るのは初めて。

ダルマを買って、目を入れてもらうということですね。
DSC_6492.jpg
ってか、おっと、浜松の祭りには欠かせない存在、磯やきだぁ。
DSC_6488.jpg
並んでみたら…
「あと18本しかできないよ、もう最後ね。」
滑り込みセーフ。
DSC_6489.jpg
昔は賑わったけど今は3日間だから空いてるとか、3日目の明日は移動して道路上でやってるとか、そいうこと言ってたと思われるが、コテコテの遠州弁に分かりました?

で、獲物。
DSC_6497.jpg
う~ん、すげぇ甘塩っぱ!

懐かしいものは懐かしいままに封印すべし。

男子ご飯
休日出勤を乗り越え、ようやく巡ってきた土日というのに、かみさんが熱出して寝込んでます。ご飯が食べられないというんで、仕方なく一人で遊ぶことにする。

では早速、いつもの魚屋に。

ほぅ、浜名湖産穴子。
DSC_6473.jpg
ま、冷凍ですが。

太刀魚刺し。
DSC_6475.jpg
銀ピカには黒い皿と。確信犯ですね。

アナゴからいきましょ。
砂糖と酒と醤油で煮込む。
DSCN6040_20120213192212.jpg
30分後。
DSCN6042_20120213192222.jpg
残った煮汁を煮詰めに煮詰め、タレとする。
DSCN6043_20120213192232.jpg
その間に穴子を炙り、出来上がり。
DSC_6481.jpg
穴子握りと太刀魚握り。

どうや。

そうだ、ゴリ夢中が見られなくなって久しく、ガックリしてたんだが、この度放映復活。
あざ~す。

非常食試食
うちの備えは、特別な準備は無く、キャンプお道具バッグと米袋を持ち出すこと。

まぁ、それはそれとして、期限切れの非常食を頂きました。
DSCN6029.jpg
アルファ米ってやつですね。
十分美味しいということは知ってますが、ちょうど朝食に。
DSCN6030.jpg
調味粉を入れて、沸騰した湯を線まで入れたら15分。
DSCN6032_20120213192046.jpg
これだけでそこそこですが…

玉子焼きを乗っけてオムライスの出来上がり。
DSCN6034_20120213192104.jpg
こんなんじゃなくて、ダンボール箱入りのアルファ米炊き出し練習もやったことありますから。

別の朝。
DSCN6044.jpg
ミドリ安全の缶入りマフィン。
DSCN6045_20120213192256.jpg
安全靴じゃないんだ…

ストロボ修理Ⅲ
アバター?
Dance with wolvesの焼き直しじゃん。
惑星巡った壮大な話じゃないんかい。話ちっちぇっ!

さて、エントリー口でコケたら、水中でストロボが連続発光する不具合。
う~む、壊したか。

水中で軽く振ったら一応直ったけど…修理しときますか。
ではさっそく分解します。
DSCN6035_20120213192114.jpg
新調したOリングでガッツり嵌った前蓋を開けると…
カラン。
DSCN6036_20120213192125.jpg
どこの部品だ?

結局よく分からず、ストロボとしては作動しているので、排除してOKとする。

で、前蓋を取ったり付けたりしてたもんで、配線が疲労破断。
されば、半田付け、半田付け。
DSCN6037.jpg
直った。
DSCN6038.jpg
で、拡散板を失くして久しく、う~むと考えた末、前蓋の中にレジ袋のハギレを仕込む。
DSCN6039_20120213192157.jpg
またしばらくは大丈夫そうです。

豚饅
新大阪。
写真は使いまわし。
探しに探して、頼まれてるものが無い。
「555の豚饅、よろしくね。」

う~ん、551…これはバッタモンか?大阪だし。
DSCN6025.jpg
「あ~、それそれ!」
「お~~~いっ!」
DSCN6028_20120210193801.jpg
新大阪駅を隅から隅まで探し回った私の努力は…

んまい。

大阪で朝食を
目覚めた。
DSCN6020_20120210193734.jpg
3500円ってんで、どんなとこかと思ったが、なんのなんの。

昨夜は21:00まで働き…
DSCN6013_20120210193645.jpg
閉店まで呑んだ。

駅前。
DSCN6015_20120210193655.jpg
お好みでご飯が食べれる大阪人も、朝からは食わんらしい。

では、ここか。
DSCN6018_20120210193726.jpg
コンビニよりこちらでしょう。
DSCN6017.jpg
昆布うどん、240円。
DSCN6016_20120210193705.jpg
所謂讃岐とは違う、ずばり関西うどんですな。
懐かしいコシだこと。

休日出張
出張だ。旅立たねばならぬ。
向こう700系に手前N700系。さらに手前に車掌さん。
それが前日に決まろうが、土日であろうが、仕事のある限り。
DSCN6005_20120210193621.jpg
関ヶ原、積雪のため25分遅れ。
DSCN6011_20120210193635.jpg
ただ…

休日出勤手当ても代休もござんせん。涙。

新年会
呑まずにやってられるかぁ!
PAP_0003_20120210193502.jpg
ってんで、部の新年会も不参加だった私だが、とあるチームの呑み会に混ぜてもらって。
PAP_0002_20120210193511.jpg
温豚肉って名前にすべきだ、絶対。

まぁ、それはともかく…
PAP_0001_20120210193529.jpg
明日から土日、出張でっす。

呑んだ後には甘いもの
数量限定、遠州いちご大福。
DSC_6472.jpg
で、酔っ払ってたんで、あんまりよく憶えてないんすがね、えぇ。

まぁとにかく、今、ネタに困ってるわけです、はい。

朝、起きると…
「おいっ!雪降ってるぞ!」
DSC_6468.jpg
外は吹雪。

やばい、油断したぜっ。

家前の坂の状況からして、こりゃノーマルタイヤが厳しそうだ。
昨年の雪では、会社に着いたのが10時過ぎ。
しかも、それは前夜から身構えていての話。
DSC_6467.jpg
で、会社に着いてみたら雪なんてこれっぽっちも降っとらん。

どうなってんの?

ち・きゅう
朝、国道を走っていると、見慣れた櫓が。

帰り途、寄ってみます。
DSC_6459.jpg
おぉ、震災を乗り越えて再び帰ってきました。
見学の小学生を乗せたまま八戸で着岸できなくなってしまったり、推進装置の一部が損傷したりといろいろありましたが。
DSC_6463.jpg
スリランカ沖から寄航し、次の掘削の準備中。
次は渥美半島沖だそうで。