マスターの酔いどれ紀行
三度の飯より潜るの大好きマスター。ニューヨーク陸ダイバー生活から伊豆の海に帰る。年中潜れる生活って、やっぱ素敵。


Visitors



プロフィール

マスター

Author:マスター
海に浸かってさえいればご機嫌の、筋金入りスクーバダイバー。ロチェスター駐在から帰還し、窒素をたんまり吸ってはニンマリ。日々日記と称しては、好奇心任せに細かいネタを拾い歩く。



Weather in Rochester

Click for Rochester, New York Forecast

[F]から30引いて2で割るとおよそ[℃]



Today's Moon

CURRENT MOON
lunar phases



日本の天気予報っす


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



海のギャラリー

バラクーダ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ギンガメアジ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ミジンベニハゼ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒレナガネジリンボウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ガザミの仲間

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

カミソリウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

キンギョハナダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎岬先端

ニシキフウライウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

スマ

Not avilable

Maldives Filitheyo island

マダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒメイカ

Not avilable

西伊豆大瀬崎大川下

Manta Ray

Not avilable

モルディブ

ハクセンアカホシカクレエビ

Not avilable

西伊豆大瀬崎先端

ハナシャコ

Not avilable

四国柏島

ナマコカクレエビ

Not avilable

マレーシアシパダン島

キアンコウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



世界遺産
冬でなくても見えるんだぁ。しかも天気はよろしくないのに。
DSC_3102.jpg
初めての体験。

フェスタ2013-その7
倉庫…って言うと叱られますぜ。
DSC_6295_20131020220828354.jpg
やはりオイル受けは基本ですね。
DSC_6361.jpg
ピカピカですねぇ。
DSC_6363.jpg
こっちは結構修理しぃしぃのよですが。
DSC_6367.jpg
あ、またしても木造建築物を撮り忘れたぜぃ。

フェスタ2013-その6
降りてきた、降りてきた。
DSC_3176_201310202207048e9.jpg
ノーズを高々と上げ、滑走。
DSC_3192_20131020220706420.jpg
着陸。
DSC_3206.jpg
これで終わりか?いやいや、引き返してくるんだが…
DSC_3210_20131020220710bf1.jpg
あ、こっちへ来る。
DSC_3216.jpg
もっとドでかいレンズで撮ってみたいもんです。
DSC_3219_201310202207494c7.jpg
もはや一眼レフはミラーレスに押され風前の灯とも。
DSC_3221_20131020220752b58.jpg
そもそも写真を撮る道具なんで、目的を果たせりゃいいわけなんですけどね。
DSC_3232.jpg
あ、手を振ってます。
DSC_3233.jpg
やんや、やんや。

フェスタ2013-その5
思えば昨年は、遥か北のお山の上からでした。
DSC_6322_20131020220830239.jpg
やはり現場で広角、これが正解。
DSC_6330.jpg
あ、でもやっぱり望遠。
DSC_3149.jpg
2台体制になって楽になりました。あ、魚眼。
DSC_6341.jpg
ほらこっち。
DSC_3167.jpg
さ・く・ら。
DSC_6353_201310202208365c2.jpg
以上です。

フェスタ2013-その4
5番、6番が遅れて離陸。
DSC_3033_2013102022055406f.jpg
背後に見えるのは富士山だね。

先に離陸した4機編隊。
DSC_3062.jpg
むむ。
DSC_3110_20131020220600ca7.jpg
これが限界か。
DSC_3111_20131020220627e77.jpg
合流。
DSC_3126_20131020220631407.jpg
そうだ!
DSC_3132_20131020220633b07.jpg
とうとう10月は潜りに行かれませんでした。
DSC_3139_20131020220634d5d.jpg
報告です。

フェスタ2013-その3
VR。
DSC_2997_20131020220452921.jpg
テイクオフ。
DSC_3000_20131020220454a5d.jpg
さすがDXフォーマットに300㎜。
DSC_3002_20131020220456c41.jpg
次々に行ったかと思うと…
DSC_3004_201310202205225b2.jpg
引き返してくる。
DSC_3013_20131020220525a28.jpg
そうそう、良いフォトレタッチソフトを拾いました。
DSC_3015_2013102022052641e.jpg
一瞬の出来事っしたが…
DSC_3021_20131020220528856.jpg
よく追えました、マル。
DSC_3026_20131020220530f6f.jpg
今年の夏、住処を見に行った青イルカ達っした。
DSC_3027_20131020220552ab2.jpg
まだまだ続く。

フェスタ2013-その2
おしり。
DSC_2977.jpg
おしり。
DSC_2978_20131020220440d4b.jpg
いろんなセンサがくっついてますね。
DSC_2980.jpg


フェスタ2013-その1
今週末また台風ですかぁ…とうとう月一回の行が叶わぬかも。

さて…
DSC_2915_20131020220400fbd.jpg
767っす。そいえば、JALがエアバス機導入とか。

あれ?待機中でいいのかな?
DSC_2931_20131020220405d31.jpg
赤イルカは九州出身のいつものひとっすが…
DSC_2928.jpg
こ、これは?
DSC_2936_201310202204072f8.jpg
何の意図の下面緑色?

よく見たら富士山が描かれてました。今、気が付いた。

赤土台地のイタリアン
住宅街の…ってか、大根もしくは馬鈴薯畑の真ん中の一軒屋。
DSC_6275_20131020220016c9a.jpg
イタリア~ン。
DSC_6276.jpg
季節によっては沢庵の匂い漂うかと…

さて、ここを選択するに当たってさる店を強引に封印したというのに、ビニールの敷物が一緒ということはどいうことなんでしょか?本日一番のビックリっす。
DSC_6277_20131020220020423.jpg
自家製炭酸水がありました。引佐産のレモンを添えて。
DSC_6281_20131020220022e95.jpg
ぜひ、空中二酸化炭素固定装置付きの炭酸水メーカーが欲しい。
でなけりゃ、チェリオの最強炭酸水が58円ですから、カートリッジ代考えたらあわん。
如月博士、お願いします。

カダイフの巣、ジャガイモのピュレと冷凍卵黄、フォアグラのムース。
DSC_6283.jpg
シュークルトのフラン、オレンジ風味のソース、チーズのチュイール、ローズマリーのクッキー。
DSC_6285.jpg
小メロンのピクルス生ハム添え、ひじきとオリーブのタップナード色々野菜とともに、ソフトシェルシュリンプのライスペーパー巻。
DSC_6287_20131020220056bd6.jpg
唐辛子を練り込んだ手打ちマルタリアーティ、パンチェッタとマッシュルームのクリーム。
DSC_6288_20131020220058e35.jpg
白地が広く見えます。

蕪の冷たいポタージュ。
DSC_6289_201310202201009fc.jpg
鴨のロースト。
DSC_6291.jpg
デザートに到達し、ほっ!
DSC_6292.jpg
ランチ+αっすが、超高コストパフォーマンス。

野菜は我が家と同じ三方原のパブマから。
シェフの目撃談からそう断定されます。

今時、大手ホテルの表示を鵜呑みする人なんていませんよぉ。
国産う〇ぎとか。

電話予約の栗羊羹
再三再四の要望により、電話予約。
DSC_2885.jpg
巖邑堂の栗羊羹の端切れ。

おいち。

瀬戸
四式中戦車が沈んているとも言われるこちら。
DSC_2899.jpg
問題は、ここに乗り入れるにはそれ相応の道が必要だということ。
旧道も橋に合わせて盛られていると見受けられるから、強ち無理というわけでもないらしい。
DSC_2900_20131018200526348.jpg
ま、それはともかく…

MPではないようです、どうやら。
DSC_2897.jpg


営繕
チト量産車が沈むとも言われるこちら…
DSC_2887.jpg
の背後のこちらに用事が。
DSC_2888_20131018200322c19.jpg
暫く前に某国営TVに取り上げられとりました。
DSC_2890.jpg
どうかなって。
DSC_2893_20131018200520485.jpg
う~ん、反省の色が…
DSC_2891_201310182005184b9.jpg
ま、ね、現場も知らんと正論言われてもね、それは理解。
DSC_2903.jpg
ただ、そのうちあちこちでメンテしきれなくなったインフラ続出なこと請け合い。

ひつまぶし
事情により、炭火焼きができませぬ。

ということで、レトルトうなぎ。
DSC_2840.jpg
いや、でも美味いですな。

川床
「高速道 ほぼ自動で走行」
最近流行りの自動運転実用化報道だが、その状態で寝るなと?

さて…
豊川の支流、宇連側のそのまた支流である乳岩川。
DSC_6270_2013101120562001c.jpg
この川床、一枚岩。靴で歩ける。

岩脈も再び
ここまで来たら、やはりこちらにも来ます、当然。
DSC_6265_201310112056148b7.jpg
先ほど乳岩峡で足を滑らせ、片足水に突っ込んだかみさん、気にしてる、気にしてる。

先週、私はここで片足突っ込みましたがね。
DSC_6268_201310112056173fe.jpg
で、帽子を無くしたとかで、乳岩峡へ三度ゴー!

乳岩峡の駐車場で車を止めると、ドアを開けたそこに帽子があったという奇跡。
なんなんすかねぇ。

乳岩
夕方辺りから社内も異様な高揚感に包まれていたが、ここからみると東にずれとる。ついこないだの豊橋8:00上陸に比較したら通勤も大丈夫かと。

さて…

鍾乳洞になってるわけでしてね、こちらは目薬岩。
DSC_6242_20131011205403b9d.jpg
なぜ目薬なのかは後々。

も少し先まで行くのですが…
DSC_6244.jpg
なぜかトカゲが多い。
DSC_6245_20131011205450d5e.jpg
そして、動かぬ。

いやいや、ここを登るのぢゃ。
DSC_6246.jpg
ま、見えるのは基本杉林ですけど。
DSC_6248.jpg
こちらこそは穴ッポコ。
DSC_6250.jpg
一番奥はこの通り。
DSC_6259_20131011205548196.jpg
ここは乳岩なんすが…
DSC_6252_2013101120550216c.jpg
そもそもは、この天井の石筍のことを形状からして乳岩と言い、磨り潰して飲むと体にイイとか、治るとか。そうすると、さきほどの名前もそういうことかと。
DSC_6254.jpg
岩があるところに信仰有り。
DSC_6256_20131011205544d7f.jpg
では帰りましょう。
DSC_6258_20131011205546d42.jpg
この先、鬼岩は60分ということで、また今度。
DSC_6263.jpg

乳岩再び
二週連続で鉄梯子。
DSC_6218.jpg
先が判ってるってだけで安心感。
DSC_6220.jpg
ただ…
DSC_6221.jpg
これです。

そして、最後の体を押し込む難所を改めて見ると…
DSC_6222_20131011205356c6b.jpg
崩れた岩が詰まって停まってるだけ。

んで、出たっ!
DSC_6224.jpg
紅葉シーズンはどうなっちゃうんでしょね?
DSC_6236.jpg
駐車スペースが…

乳岩峡再び
二週で三遠南信道、三往復目。
何が酔いどれさんを掻き立てる?

朝9時にして、駐車場はこの状況。
DSC_6206.jpg
ボルダリングの人は早起きのよっす。

さて、私は…
DSC_6207.jpg
かみさん連れて再び乳岩。
DSC_6208.jpg
朝露で滑る岩棚を歩く。
DSC_6210.jpg
今回は魚眼ですからばっちり。
DSC_6214.jpg
目指すのはあの岩。

三河河合駅
ご安心ください。最寄りの駅、小奇麗なトイレ完備っす。
DSC_6202.jpg
風情あるかつての旅館兼食堂が閉店し…
DSC_6205_2013101120522074e.jpg
と、もののHPに紹介があったが、ここは今は倉庫(たぶん)。この斜め向かいにご立派な建物が、そして今、リフォーム中なのである。観察不足ですぞ。

三遠南信道
山間部をトンネルでもってバビュ~んと高規格道が無料で開通。
DSC_2805_20130929155212130.jpg
山村の中でもさらに辺鄙だった場所が、いきなり表に出てしまったかのような。
DSC_2802_201309291552114e1.jpg
基本は下道を愛用するが…
DSC_2806_20130929155214b91.jpg
アーチーズの入口までものの30分ですからねぇ、近いっすね。