マスターの酔いどれ紀行
三度の飯より潜るの大好きマスター。ニューヨーク陸ダイバー生活から伊豆の海に帰る。年中潜れる生活って、やっぱ素敵。


Visitors



プロフィール

マスター

Author:マスター
海に浸かってさえいればご機嫌の、筋金入りスクーバダイバー。ロチェスター駐在から帰還し、窒素をたんまり吸ってはニンマリ。日々日記と称しては、好奇心任せに細かいネタを拾い歩く。



Weather in Rochester

Click for Rochester, New York Forecast

[F]から30引いて2で割るとおよそ[℃]



Today's Moon

CURRENT MOON
lunar phases



日本の天気予報っす


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



海のギャラリー

バラクーダ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ギンガメアジ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ミジンベニハゼ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒレナガネジリンボウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ガザミの仲間

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

カミソリウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

キンギョハナダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎岬先端

ニシキフウライウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

スマ

Not avilable

Maldives Filitheyo island

マダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒメイカ

Not avilable

西伊豆大瀬崎大川下

Manta Ray

Not avilable

モルディブ

ハクセンアカホシカクレエビ

Not avilable

西伊豆大瀬崎先端

ハナシャコ

Not avilable

四国柏島

ナマコカクレエビ

Not avilable

マレーシアシパダン島

キアンコウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



クリパ
あまりの大瀬の楽さ加減に、東伊豆に行かなくなって久しいが…
超近代駅なんだが…
ひよっ子時代から知ってるガイドさんが陸に上がるという。
それはお誘いに乗っからなくてはなりませぬ。

オフィス街のここ。
ビジネス時間以外はガラガラ。
さっそく乾杯!
その前からチビチビと。
部活動の活動報告あり。
日本選手権の表彰台を席巻。
参加者一同交流+ビンゴあり。
そうだ、これがあった。
そして、クライマックス。
このために呑みに来た。
泣けるのか?
花束贈呈。
と思いきや、再就職先が予想外に近かったので、皆さま拍子抜け。

そんなことは兎も角、新しい道に幸あれ。
いつも峠が超えられなくてすみませんね。


シンボル
んん~、どうなんでしょ。
何はともあれ、助かります。
ま、とにかく判り難いにぃ。

高輪消防署二本榎出張所
昭和8年落成のこちら、火の見櫓はさぞ眺めがよいことだろう。
おぉ、内部見学可能とな。
で、現役の消防署なんですけど…
まさかの出動?
なんですけど…

ついでに言うと、衆議院高輪議員宿舎、既に解体中でありました。

カレンダー
今年も頂きました。
プログラム頂きましたが、ここの航空祭の内容がまた凄い。
あざ~す。

本年版は寝床に供してる場所に貼ってましたが、2015年こそは正式に飾るスペースとして、隠れ部屋を完成させたいと思う次第。


田町~品川ぶらり
一日一善がモチーフじゃないのか。
老老介護。
という誤解が解けたところで、夕刻。
意外に遠い。
なんとか撮影可能な明るさで間に合ったか。
どっちから来てもほぼ真ん中。
花のお江戸の境界線、高輪大木戸跡。
既に立っている位置は江戸でなく。
今も昔も街道沿い。
するってぇと、高輪辺りのお屋敷は別荘?
で、も一つ。
再開発進むこの辺り、撤去前に間に合ったぜ、京浜急行線の高架橋。
多分これ、多分。
戦前に構築されたものの、一度も電車が通ることが無かったコンクリ。現在の京急じゃないっすよぉ。

あぁ、溜まってたネタ、気が済んだぁ。
あ、しまった、提灯潰しのガード下があったのかぁ!

祝100周年東京駅
…だったそうですね。いや、特にそれとは関係なく進めます。
ミニ東京駅ってのがあるとか。
ん~、この上には力士の手が飾りのモチーフになってるとか(by不思議発見)。
観光客の撮影スポット。
正式な入口でして、かつては八重洲口がなかったそですな。今でも通り抜けが不便なのだが。
屋根のスレートにもいわく有り。
でぇ、立ち寄ったのはこちら、東京中央郵便局。
ここかぁ。
えぇっとぉ…サイドビジネスを始めたということかな?民営化して。
いろんなとこでLED。
立ち寄ったのは確かに郵便局だが、見たいのは東京駅舎。
銀座で呑んで二ケツで送ってもらったのも懐かしい。
N700系の発車。
22時までは呑めるわけ。
…が見えるデッキがあるから。
ナイス。
局長室が当時の窓そのままにお取り置きされてます。
思ってたのとはちょっと違う。
で、東京駅に戻ってですね、見上げれば八つの干支が。
今度は足元見てみます。
干支と言えば12個1セット。残りの4個は、いつぞやの佐賀武雄温泉の楼門にあり(by不思議発見)。

ホントかね?

都内の紅葉
さきほどはあそこを通り抜けたのだ。
まだまだ行列。
北桔橋門から乾壕越しの光景。
さすがの石垣。
門を入ったら、いきなり天守かよ。
これでいいのか?
そんな立地条件で守り切れるのか?
まるでマチュピチュか。
って、そうか、北桔橋門の外は北の丸でまだ城内敷地か。
寒いといってもこの週はまだ甘かった。
やはり紅葉には人だかり。
撮影スポット。
ん?こちらは?
なんだ?
10月桜。
ほぉ、春にも咲くんですね。pg
で、何のことはない、常時公開されてるこちらの紅葉が凄い。
あそここそ目指すべき。
本丸から番所前を通り、二の丸へ。
城の構造は基本共通。
こちらは百人番所。
今も昔もサラリーマンの地なのだ、大手門。
そうだ、ここは春に一度通り抜けましたね。
そうでした、そうでした。
オリジナルの街灯。
LED化されたとか。
武蔵野を再現した雑木林が都会のど真ん中に。
こたつでアイスとかと同じ?
そいうことなんですね。
魚眼持ってくればよかった。
ここを見とけば用は足りたなと。
いいね。
見事、見事。
今年の紅葉狩りは都心で。
さぁ、冬の太陽はつるべ落とし。
明るいうちに着きたいし。
次にいきましょ、次へ。
ここか。

秋季皇居乾通り一般公開
たまたま来てますから、是非にと東京駅前。
東京駅から日比谷まで。
土曜の昼下がり、ま、多少の行列はあるけど…
日比谷から大手町まで。
所要で通りかかったのじゃが、翌日の午前に比べたら。
入れなかったらどうしようという心配は無用っした。
こんなボディチェック意味あんのってゲートを通過して折れたら…
コンサート並。
一方通行の入口、坂下門。
ここまで30分掛かったかな。
さぁ、ここから禁断の皇居。
さぁ、中へ。
とにかく、松を始め常緑樹多し。
青々。
おぉ、宮殿。
御所とはまた違うのね。
これは宮内庁ですね。
庁舎ということですね。
赤か黄色に群がる民衆。
だって…
だって、やっぱり松が多いよ、基本、松。
東京のど真ん中と思えば…
蓮池壕。この向こうが殿中でござるの松の廊下跡とか。
ここで右か真っ直ぐの選択肢。
ここが最大の見どころでしょうか。
やはり普段見られない真っ直ぐが正解。
既に出口の乾門。
通り抜けですから。
紅葉としてはどうでしょうか…
う~む。
ま、そいう理由で来たわけじゃないですけどね。
そいうこと。
滅多に立ち入り不能なところでした。

ツリー
捨てなくてよかったぁ…
米国経由、中国製。
再び役に立つ日が来るなんて。
枝葉が少ないともっぱら。
デコレはマイケルズの売れ残り。輸送中に玉が二つ割れたぜ、黒猫さん。
地味ですかぁ?
そして、かみさんがなけなしの飾りを落っことして割る。

ま、兎にも角にも、生モミツリーと薪ストーブの図。
今こそ電球ですよ。


富士山型パン
SAでたまたま焼き上がりに遭遇し、この結果。
匂いは抜群。
「そりゃお前、富士山と一緒に写すだろ。」
えぇい、さっさと写さんかい。
実はこれメロンパンでして…メロンパンでした、はい。

それ以上でもそれ以下でもなく。

ついつい
忘年会で当ててしまいました。
チーバーねずみーらんどアベック券。
そのままじゃんけん大会にでも供すべきだったのでしょうけどねぇ…

それも面倒でお持ち帰り。

料理教室シリーズ
行ったんだそうです、料理教室。
干クランベリーとクルミがおつ。
撮っちゃダメと言われようが、日々日記。

みたらし
駐車場で札が使えず、最寄りのだんごで崩す。
なんとも判断が…
思わず美味かったわけでして…
ありです。
5個刺しということは関西の影響か。うどんは真っ黒だったのに。

門前
只今、フィーバー中。
マスターブレンダ-。W・P・ローリー卿だそうです。
さて、正月でもないとなると、こんな状態。
土曜の昼下がり。
稲荷と言っても寺。
ま、一応。
正月には警察による交通整理があるなんて信じられない状態。
昔はクジが厳しいので有名だったが。
で、ですねぇ、いかがでしょうか。
元土産物屋を流用だとは思うんですが。


豊川のうどん
なんと桜ヶ丘ミュージアム、改築休館中。

では、ここまで昼飯逃してるんで、立ち寄りませう、豊川駅。
こんこん。
豊川駅の立ち食いうどんは薄口甘めのきつねうどんで結構美味い…
そうか、そうだよなぁ、建て替えだよなぁ。
はず、はずだった。
なんだこの黒い汁は?
駅舎も更新され、失われてしまったよです。見る影無し。

なんせ、30年以上前の記憶ですから。

豊橋陸軍墓地
軍隊が駐屯するとまず作るのが演習場と病院と墓地と書いたことがあるが、軍都豊橋も例外に非ず。
現在は公園。
騎兵第25、26連隊が高師に駐屯していたようで。
高師公園に現在も馬場が。
愛馬の碑。
軍用犬は?
振り返れば将校の馬の塚があったようだが、気が付かず。なんせ兵卒と同じ大きさの墓標だったもんで。
思えば、こんな数では足りぬはず。
落葉も美しいちびこ哉。
図らずも叔父んちの近く。


豊橋市公会堂
豊橋市公会堂。
国一から見えますし。
浜松出身中村與資平の設計により1931年竣工。
いつかいつかと延ばし延ばしで、本日の取材に。
その近くに見かけた、豊橋ハリストス正教会。
なかなかの建造物。
1913年に、南知多出身の建築家により、京都ハリストス正教会を模範に建設されたというので、地元大工の模擬西洋建築かと思いきや、この人なかなかでして後に司祭になっとります。ご子息と孫もかなりの建築家として知られているわけでして…
簡素な中にも優美あり。
いやぁ、みくびっておりました。

歩兵第十八連隊
豊橋公園。
枯葉散るぅ~♪
吉田城址でもあるのだが…
っていうより、さっきまで土砂降り。
明治17年に名古屋で創設された歩兵第十八連隊が長く駐屯した地。
これかぁ。
連隊の元営内神社。銅像は神武天皇。
紆余曲折ありまして。
歩兵第118連隊が昭和16年に創設された地でもあるが、これはまぁ戦時下の急造とでも言うか。
他にも第229連隊とか。
兵舎の灰捨て場なんかが残る。
これです、本日のメイン。
あと、判りやすいところだと正門。
豊橋では珍しくなく。
豊橋の公園の多くは何らかの形でコンクリねたかと。
まんまですねぇ。
そんなもんなんでしょうか。

生モミ
「さっさとしろ!選ぶんじゃない!」
既に選別されつくされてるのか、こんなもんなのか。
池谷に生モミがあると聞いてきたわけだが、既に19時。
生き物なんだから選ぶんじゃない、とか、ごたくを並べるのはそうさ…

これから下道で帰るからじゃ。
24時間営業ですから。
ってことで、晩飯は由比でサクラエビ天のうどん。

外郎
ういろうと言えば名古屋、そう刷り込まれてる遠州人ではありますが、本家本元は小田原にありと知って既に何年?
そいえばと思ったら、目の前を通り掛かった。
寄らなきゃいかんでしょ。

えっと、噂通り薬屋併設でした。ってか、薬のほが本家本元。

で…
見極めるには白だったか。
ういろうでした、はい。