マスターの酔いどれ紀行
三度の飯より潜るの大好きマスター。ニューヨーク陸ダイバー生活から伊豆の海に帰る。年中潜れる生活って、やっぱ素敵。


Visitors



プロフィール

マスター

Author:マスター
海に浸かってさえいればご機嫌の、筋金入りスクーバダイバー。ロチェスター駐在から帰還し、窒素をたんまり吸ってはニンマリ。日々日記と称しては、好奇心任せに細かいネタを拾い歩く。



Weather in Rochester

Click for Rochester, New York Forecast

[F]から30引いて2で割るとおよそ[℃]



Today's Moon

CURRENT MOON
lunar phases



日本の天気予報っす


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



海のギャラリー

バラクーダ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ギンガメアジ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ミジンベニハゼ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒレナガネジリンボウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ガザミの仲間

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

カミソリウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

キンギョハナダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎岬先端

ニシキフウライウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

スマ

Not avilable

Maldives Filitheyo island

マダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒメイカ

Not avilable

西伊豆大瀬崎大川下

Manta Ray

Not avilable

モルディブ

ハクセンアカホシカクレエビ

Not avilable

西伊豆大瀬崎先端

ハナシャコ

Not avilable

四国柏島

ナマコカクレエビ

Not avilable

マレーシアシパダン島

キアンコウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



棚を自作編
スーパービ〇ホームで調達した幅280mmの板を切って、オイル塗装。
P1070049.jpg
もちろん手ノコっすが、切ってもらえばよかった。
ここの精度がのちのちモノをいう。
ただ、一枚板なので、そっくり返っていてそもそも精度もへったくれもない。

いよいよ組み立て開始。
P1070052.jpg
完成後では運び込むことが困難になるため、現地にて。

一段目完成。
P1070053.jpg
一マスの大きさは、某家具屋の品と同等。
そうすることで、引きだしユニットとか籠が流用可能。

接合のためにドリルで穴開けて…
P1070054.jpg
木製ピンを打ち込む。
P1070055.jpg
二段目完成。
P1070056.jpg
そして、ほぼ完成状態。
P1070058.jpg
これが隠れ部屋に収まる。
P1070061.jpg
パーテーションとしても使用可能。
P1070063_201509211820185e3.jpg
如何でしょうか。

子育て
庭木に作られた巣。
P1070045.jpg
どうしているのかと、親鳥不在の隙に強行撮影してみれば…
P1070046.jpg
口デカ!

せっせとエサを持ってきているようでして…
DSC_6645_201509211819277ef.jpg
普段はグタッと。
P1070047.jpg
なんかの拍子に音を立ててしまうと、この調子。
P1070048.jpg
エサは動物性タンパク質のよですね。
DSC_6646_20150921181931d86.jpg


南瓜
早めに収穫したカボチャを、夏休み明けに調理。
P1070041.jpg
やはり早過ぎたようで、ほっこりといふわけには…
P1070042.jpg


一周終えて
富士山周遊は、まさに30年ぶりか。
P1070040.jpg
今日は勘弁してください、素通りです。

北口本宮富士浅間神社
寄ってきましょう。
P1070026.jpg
登山道旧吉田口の出発点。
P1070029.jpg
巨木っすね。
P1070033.jpg
まさかと思ったが、東口本宮富士浅間神社が存在することを知る。
南口は?

富士山レーダードーム
道の駅に移設したレーダードーム。
P1070017.jpg
作った時には、こんなに早く撤去されると思っていなかったのでは?
P1070018.jpg
それより、稼働中は部品供給にメンテと執念で動かしてたはずで、今現在クルクル回ってる回ってるレーダー見て、その執念も引き継いでるのかしらん、そう思った次第。

5年越しで訪問
滝のような大雨の中、8月最終日ですから、こちらへ。
HI3H0001.jpg
5年ほど前から、そうか行かなくちゃと思いつつも…
HI3H0007.jpg
気が付きゃ9月だったりして空振り。
HI3H0010.jpg
ほぼ倉庫というのはWings of Eaglesのよです。
HI3H0012.jpg
また次に取り掛かるのかな?
HI3H0022.jpg


西伊豆大瀬崎~1,034-1,036本目その3
三本目を柵下へ。
DSC_1731.jpg
シラコダイが寄ってくる。
DSC_1734_20150915223939df6.jpg
その調子でマンボウでも連れてきたまえ。

あ、ちょっと待て、タカベの群を発見。
DSC_1747.jpg
あっちに行き…
DSC_1750_20150915223942670.jpg
こっちに行き…
DSC_1754_20150915223943b83.jpg
後ろからさらに大きなツムブリ群。
DSC_1764.jpg
タカベが追われてる?
DSC_1771_20150915224013dae.jpg
いや、追われてるのはこっちだ。
DSC_1777.jpg
イワシの群がツムブリに狙われてる。
DSC_1779.jpg
固まって変形して防御態勢。
DSC_1781.jpg
浮上までギリギリ粘って食物連鎖を観察。
DSC_1783.jpg
こちらはイサキですか。
DSC_1795_201509152240387c8.jpg
半水面写真でこんなに水中が映るとは。
DSC_1798.jpg
やはりよほど青いということで、満足。
DSC_1811_20150915224056a48.jpg


西伊豆大瀬崎~1,034-1,036本目その2
この雨続き(この時点で8月末)にも拘わらず、外は水が青いとのこと。
これは外に行かなくては。
DSC_1674_20150915223913d02.jpg
確かに青い。
DSC_1691.jpg
縦じまと横じまで明らかに違うのに、なぜ混ざる?
DSC_1698_20150915223916c0f.jpg
何はなくとも…
DSC_1712_20150915223917390.jpg
青いってだけでもいいじゃないですか。
DSC_1726_20150915223919abd.jpg
もう一本。

西伊豆大瀬崎~1,034-1,036本目その1
定点観測。
DSC_1636.jpg
本日はかみさん付き。
ということで、湾内から。

ミツボシクロスズメ。
DSC_1644_201509152238527fd.jpg
結構デカい。
この夏の高温ですくすくと成長したねぇ。

スズキはいつも腹が凹んでいる気がするが。
DSC_1648_20150915223853a99.jpg
で、見つけた、コブダイ幼魚。
DSC_1665_20150915223854358.jpg
あとはキスか。
DSC_1672_201509152238562e2.jpg
そりゃぁ湾内ですから、地味ですよ。

北のお土産
いやいや、JAL機内誌に載ってたこれ。
P1060966.jpg
想像以上に小っちゃいなあ。
P1060969.jpg
ただ、美味し。

フツーの余市と蒸留所限定のウッディ&バニラ。
P1060970.jpg
ドラマのせいで原酒不足とか。
結局のとこ、買い付けの旅でした。

北の圀から'15~帰還
ホテルを6時出発。
朝食を微妙に食べ損なう。
P1060926.jpg
そもそも遅い時間帯行きの早い時間帯帰りなのでチケットが取れたと、そいうこと。

以前は行列なしてたもんですが、時は流れる。
P1060928.jpg
折角テントを持ってきたのだが、テント泊は1泊のみ。それすら必要なかったと感じさせたオヤジ号。見直したぜ、これで必要にして十分。
P1060933.jpg
不老長寿の秘薬、ハスカップ。
P1060934.jpg
じゃーねぇー
P1060939.jpg
さぁ、いよいよフライト。
P1060942.jpg
あれはどこかのテストコースかと。
P1060947.jpg
土木研究所の苫小牧寒冷地試験道路かと。

で、一気に飛んできまして、千葉は木更津。
P1060954.jpg
新日鐵住金君津製鐵所かと。
P1060956.jpg
そして、大型タンカーを愛でた後…
P1060958.jpg
羽田に滑り込む。
P1060961.jpg
逆噴射。
P1060965.jpg
とうとう終わっちゃいましたね、夏休み。

既に9月か。引っ張りに引っ張り、ようやく完了!

北の圀から'15~最終夜の晩餐
北海道放浪記も今夜が最終夜。

やっぱスープカレーかね。
P1060923.jpg
具とカレーを別々にオーダーするシステムがなかなかに厄介。

野菜中心に。
P1060918.jpg
真ん中のナスの下の野菜は何だろう?
食べ進むに従って判明する。

上げ底だ。

生ビールもこれ。
P1060920.jpg
で、今日現在、近所のスーパーに北海道限定ビールが並んでいる。全くもって甲斐がないというもの。

ところで、クラシックはちょうど30年前に販売開始。いろんな意味で30年ぶりの北海道訪問。

こちらラム肉に辛目のカレーを組み合わせ。
P1060922.jpg
弱った体に鞭打つようだ、まったく。

そこで、帰り途にゲットしたのは、不老長寿のクスリ、ガラナ。
P1060924.jpg
なぜだか北海道ではメジャーな存在だとか。
これで、大丈夫。

北の圀から'15~市中観光
北海道庁の赤レンガ庁舎。
P1060916.jpg
そこから程遠からぬ位置に、時計台。
DSC_1624.jpg
もっとビルとビルに囲まれてってイメージだったが、そんなこともなく堂々とした建造物。
DSC_1626_20150907220733e8f.jpg
さらに頑張って大通り公園。
DSC_1632.jpg
盆踊りの真っ最中ですが…
P1060912.jpg
結局、トウキビを食べ損なったな。

畑で見かけたら、取り敢えず食っとけが教訓。

北の圀から'15~北大キャンパス
サッポロビール博物館からバスで駅前帰還。
P1060899.jpg
かみさん置いて、怒涛の市中観光決行。

北大。
DSC_1610.jpg
さすがですね。
DSC_1612_201509072207098b7.jpg
30年ほど前にお会いしております。
DSC_1613_20150907220711777.jpg
で、ポプラ並木まで歩きに歩く。
P1060902.jpg
ポプラ並木が二つ存在していることは理解している。
DSC_1617.jpg
で、後日談として、この脇で「草」を勝手に栽培していて捕まった輩が居る?
その位敷地が広いってことですね。

北の圀から'15~サッポロビール博物館
札幌のお宿は駅前好立地。
DSC_1572.jpg
素敵。
DSC_1573_20150907220602643.jpg
さて、サッポロビール園から攻めようと思うが、バスがジャスト行ってしまったばかり。
P1060892.jpg
30分待つのもなんなんで、20分ほど歩いてサッポロガーデンパーク到着。
DSC_1574.jpg
名物ジンギスカンは食べ放題・飲み放題で3900円。
しかし、我が家に放題は適さない。
ただただ、ビールを少々飲みたいだけなのだ。

ということで、ジンギスカンは既に富良野で済ませてきました。

麦をホップを製すればビイルという酒になる。
DSC_1607_20150907220649e27.jpg
開業式の飾り付けレプリカ。
ここは日本初の国産ビール製造所跡。
P1060894.jpg
「ビール工場の見学をしたいんですが…」
「ビール工場はもう何年も前に移転してしまい、ここではありません。」
「え?」

うちが目指していたのはサッポロビール博物館だったようだ。
DSC_1576.jpg
別に工場見学をしたいわけではない、試飲したいだけだ。
その程度の前知識で観光客は来てしまうものである。

家を継がずに密航し、ベルリンのビール工場に潜り込んで醸造法を学んだ不良息子の件を学んでみたりする。
DSC_1577_20150907220622e72.jpg
開拓使の時代は短く、使い捨てられてしまったようだが。

麦汁の煮沸釜。
DSC_1586.jpg
なんだか懐かしい黒ラベル。
DSC_1590_20150907220627816.jpg
これは懐かしく、お世話にもなった。
DSC_1591_201509072206288e5.jpg
で、美味しいビールの注ぎ方講座開講。
DSC_1594_201509072206433ad.jpg
当然、実演に缶ビールを使用しますから…
「どなたか、よろしかったら召しあがりますか?」

一瞬、観客の皆さまを一周見回して…


「では、どうぞ。」
「頂きます。」

1Fに移動してガイドツアーは終了。
待ってました、テイスティングサロン。(既に1本頂いているが)
DSC_1599_2015090722064407d.jpg
黒ラベル、クラシック、開拓使麦酒それぞれ200円または三種飲み比べセット500円。
DSC_1602.jpg
素敵な空間で安く呑める。
DSC_1605.jpg
求めていたものはこれだ。満足。

北の圀から'15~やり過ぎました
こんな風景だらけの旅でしたが…
P1060886.jpg
大都会に突入する前に、垢を流す。
P1060887.jpg
三笠って、アンモナイトのとこでしょ?時間が許せば見てみたかったが、温泉もなかなか。

で、予約を入れた寿司屋。
DSC_1570_2015090722054546b.jpg
「駐車場は?」
「車は回しておきます。」
「は、はぁ…」

気おくれして、肝心の寿司の写真は撮り損なってしまった…
P1060888.jpg
もちろん、寿司は申し分なく。
丸山公園近くの寿司〇本店でございました。

確かに、小樽ではカウンターで食べ損なったとは言いましたけど。

北の圀から'15~ダメを押す
ここは麓郷。
P1060879.jpg
「興味無いって言ったでしょ?」
「いや、それは間違い無い。ドラマはほぼ見たこと無いし。」
DSC_1567.jpg
「とは言え、ダメ押ししとかなくちゃいけないわけで、このためにまた来るなんてないように。」
DSC_1556.jpg
う~ん、さっぱり判らないわけで。
DSC_1565_2015090722052001e.jpg
トンボが止まったりするわけで。
P1060885.jpg
近くのジャム屋の試食が充実してるわけで。
DSC_1568.jpg
これで思い残すことないわけ。

北の圀から'15~三度雲海
寝る前は閑散としていて、左右隣りと均等なスペースを開けて駐車したのだが…
P1060870.jpg
目覚めると満車。
驚異の世界。

5時のリフト乗り場は稼働中。
P1060871.jpg
う、雲中?
P1060873.jpg
ま、何とかそのうち晴れ上がるか。
P1060874.jpg
ということで、機上の人。
DSC_1533.jpg
見事に雲中。
DSC_1535.jpg
2時間粘るも、この状況。
DSC_1538_20150907220456fdf.jpg
根負けしました。
DSC_1541.jpg
くそっ!
DSC_1548_20150907220459149.jpg
うまうまと破綻リゾート再生策にハマってしまいましたね。
DSC_1552_20150907220501848.jpg
いやいや、西に東に走り回る中、この短期間で3回挑戦したという事実が重要。

北の圀から'15~羅臼の幸
あそこに浮かぶのは北方領土か。
P1060850.jpg
ま、雲だけど。

道の駅、らうす。
P1060851.jpg
ここでは、漁協提供の魚介をその場で食せるわけで、生牡蠣。
P1060853.jpg
食べてから言うのもなんなんだが、あれ?8月だぞ。R付いてないぞ。
これは厚岸産の牡蠣で、水温低いがゆえに、日本唯一年中出荷。

満足。

国後街道…
P1060855.jpg
のち、ひたすら西へ。
P1060859.jpg
もちろん、制限速度順守で。

さすがの十勝でも20㎞先の花火大会は見えず。
P1060861.jpg
宿泊前の晩御飯は、さきほどの羅臼の幸。
P1060864.jpg
タラバとトキシラズと昆布からなる押し寿司。
P1060866.jpg
ということで、おやすみ、です。
P1060868.jpg
いやぁ、北海道は狭いぜ。