マスターの酔いどれ紀行
三度の飯より潜るの大好きマスター。ニューヨーク陸ダイバー生活から伊豆の海に帰る。年中潜れる生活って、やっぱ素敵。


Visitors



プロフィール

マスター

Author:マスター
海に浸かってさえいればご機嫌の、筋金入りスクーバダイバー。ロチェスター駐在から帰還し、窒素をたんまり吸ってはニンマリ。日々日記と称しては、好奇心任せに細かいネタを拾い歩く。



Weather in Rochester

Click for Rochester, New York Forecast

[F]から30引いて2で割るとおよそ[℃]



Today's Moon

CURRENT MOON
lunar phases



日本の天気予報っす


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



海のギャラリー

バラクーダ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ギンガメアジ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ミジンベニハゼ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒレナガネジリンボウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ガザミの仲間

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

カミソリウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

キンギョハナダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎岬先端

ニシキフウライウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

スマ

Not avilable

Maldives Filitheyo island

マダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒメイカ

Not avilable

西伊豆大瀬崎大川下

Manta Ray

Not avilable

モルディブ

ハクセンアカホシカクレエビ

Not avilable

西伊豆大瀬崎先端

ハナシャコ

Not avilable

四国柏島

ナマコカクレエビ

Not avilable

マレーシアシパダン島

キアンコウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



西伊豆大瀬崎~1,066-1,068本目その1
なんか、潜り方なんて忘れてしまいそうな勢いですが…
P1100403.jpg
しまった、定点観測写真が…
P1100404.jpg
さて、外に行きます。
透明度もそこそこいいそうですし。
P1100407.jpg
ニュースはと言えば、柵下にコンクリアプローチ復活。
DSC_5396_20160824230654a62.jpg
で、潜って気が付いたが、沖縄でバラしたストロボケーブルつけ忘れた!
DSC_5287.jpg
なので、自然光で。
DSC_5315.jpg
浅場の群狙いにしておこう。
DSC_5342_201608242306349c1.jpg
さらに超浅場。
DSC_5352.jpg
もっと浅くて、実際は腹這いだ。
DSC_5356_201608242306376f0.jpg
ここから…
DSC_5362.jpg
ズボっと富士山を拝む。この時点、山頂との高低差3776m。
DSC_5380_20160824230640e05.jpg
えぇ、今年も登りませんとも。

Space Barley
ん?
当たったんですか?
P1100398.jpg
私も知りません。

激務にはこれ
いやぁ…ワークライフバランスって何でしょうか、こうも連日23時帰りだと。
P1100388.jpg
ということで、絶滅危惧種、頂きました。
P1100389.jpg
それはもう、丁寧に炭火で炙ってやるしかありません。
P1100391.jpg
明日の活力となるのです。
P1100394.jpg
そして、蚊に刺されまくり。

ぶらり香港二人旅~そしてまた食べる
なんかねぇ、美味しい麺でも食べたいなぁ、と。
P1100348.jpg
すっきりしてそうで、これ。
P1100344.jpg
意外にも濃い口スープ。
空港ですもんね。

そうだ、これも食べてない。
P1100347.jpg
ということで、順調に出国して…
P1100355.jpg
電車乗って、ゲートに到着したら既に搭乗開始済み。
P1100357.jpg
おかしい。
3時間以上前に空港に到着していたはずではないか。
P1100363.jpg
だだっぴろ~い空港を無事飛び立ち…
P1100368.jpg
仕事がある明日を憂いつつ…
P1100371.jpg
機内食”も”食らう。
P1100372.jpg
でもお供は炭酸水。
P1100374.jpg
食らう。
P1100375.jpg
所詮機内食ですもの。

4時間ほどの空の旅。
P1100376.jpg
んで、香港観光って、これでいいの?

ぶらり香港二人旅~飛行機博物館
第二ターミナルの方にさ…
P1100296.jpg
飛行機博物館があるって…
P1100300.jpg
これ?
P1100302.jpg
それはともかく、ターミナルビルの屋上展望台に上がれる。
DSC_5266_20160808225858fc6.jpg
おぉ~!
P1100314.jpg
着陸。
P1100318.jpg
着陸。
P1100322.jpg
やっぱ、国内キャリアを見かけると、カメラで追ってしまう。
P1100330.jpg
よっと、左脚で着陸。
P1100331.jpg
でもやっぱり、ジャンボは格別なものがあるのです。
P1100335.jpg
え?かみさん?

こんな灼熱地獄の屋上に付いてくるわけがない。

ぶらり香港二人旅~香港繁盛記
空港までの復路のバスは、直行便。
P1100241.jpg
確かに早いが、お高くついた。
P1100248.jpg
直ぐに高速道に乗ると、周りはベッドタウンの高層マンションだらけ。
P1100250.jpg
お、あれはマカオ路線の高速船、メンテ中。
P1100255.jpg
そして、見よ、このキリンの群。
P1100261.jpg
これはホンの一角だ。

そして湾を埋め尽くす貨物船。
P1100277.jpg
むむ~、これが現実。アジアのハブ港は日本に非ず。

橋を渡ると…
P1100280.jpg
コンテナ船が疾走し…
P1100283.jpg
その脇で、これか。
P1100287.jpg
まさに混沌。

というわけで、3時間前には到着。
P1100293.jpg
ま、早め早めの行動がいいと思いますよ。

ぶらり香港二人旅~最後の追い込み観光
さて、飲茶もしました。
DSC_5251.jpg
最低限のノルマは果たしたとはいえ…

最後のあがきで、上海街をぶらぶらします。
DSC_5252_20160808225517ecd.jpg
やはりどこに行っても、不動産屋のぞきは基本中の基本。

新装開店の高級食材スーパーで見物。
DSC_5255.jpg
厨房用品屋で月餅の押し型を買おうか、本気で悩む。
DSC_5257_2016080822552060e.jpg
お、そうそう、これね、昨日一人で寄った甘味処。
DSC_5258.jpg
営業は衝撃の午後から。
DSC_5259_20160808225537a20.jpg
仕方が無いので、通りすがりの中国式寺院にお参り。
DSC_5260.jpg
なかなか風情ある光景。
DSC_5261_2016080822554062d.jpg
さぁ、あとは?
DSC_5262.jpg
スーパー寄って…
DSC_5263_20160808225543e57.jpg
バスに乗りますか。

ぶらり香港二人旅~飲茶でGo
いやぁ、ようやくかみさんの体調がそれなりに復活したようです。
というか、今日帰国しなくてはいけない。

じゃ、何しに来たんだという話になってしまうんで、とにかくいつものバス停からお出かけ。
P1100236.jpg
もはやバスも慣れたもんだ。
P1100237.jpg
旺角くんだりで下車して目の前のここ。
DSC_5229_20160808225406e2c.jpg
なるほど、なるほど。
DSC_5245.jpg
二階へどうぞと案内に従い、エレベータへ。

ほほう、想像以上の大広間ですなぁ。
DSC_5230_20160808225408d8c.jpg
まずは席についたらお茶が供される。
DSC_5232.jpg
ただしくはここで箸と器を洗うのだけど、無理です。

さて、戦闘開始。
まずは何も考えず、いや、揚げ物はスルーして…
蒸し餃子に…
DSC_5234_201608082254290c3.jpg
焼売。
DSC_5235.jpg
ここはもはや絶滅寸前という、昔ながらのワゴンサービススタイル。
DSC_5237_201608082254334eb.jpg
ワゴンが回ってきたら、見せてもらってチョイスして、ハンコをペタっ。
DSC_5236_201608082254321a0.jpg
物珍しさに取ってみたが、こういった粉もんは腹に溜まる。
DSC_5238.jpg
なんだかんだと、3/4はわしが食うことになるわけでして。

出た!待望の蝦プリ餃子。
DSC_5239.jpg
なかなか欲しいものが回ってこないからと、ワゴン車出発前にお迎えに行くと、
「まだ!」
P1100239.jpg
だそうです。
それでも人が殺到してるけど。

もはや限界は近い。
マーラーカオ(中国風カステラ)をデザートに…
DSC_5240_2016080822545515f.jpg
と思ったが、あっちのテーブルで食べてるこれが食べたい。
DSC_5241_20160808225457e36.jpg
鶏のコラーゲンたっぷりなとこが載ったご飯。
お茶を掛けて頂くのが正しいようで。

茶漬けで締める香港の朝食。

ぶらり香港一人旅~夜食?
23時過ぎにホテル帰着するも、
「夕飯食べてないし。」

ということで、ホテル目前のこちらへ。
P1100234.jpg
ビールと言ったがお茶が出る。
P1100232.jpg
ホントに食事のときに酒を飲むという習慣薄そう。
もはや、疲労困憊で修正する気にもならない。

そして、潮州炒麺。
P1100233.jpg
まぁそれなりに美味いけど、量が半端なく、そしてお高くついた。

冷えてないマカオビール飲んで、寝る!
P1100235.jpg
こうして香港フリータイムは過ぎ去ったのである。
競馬もやってないしさ。

ぶらり香港一人旅~100万香港ドルの夜景
地下鉄の中環駅下車。
DSC_5166.jpg
お前は誰だ?
P1100187.jpg
徒歩15分ほどで…
DSC_5168_20160806221528a42.jpg
ピークトラム乗り場到着。
DSC_5171.jpg
サンセット前に山頂登って、暗くなる香港市街でも眺めようかと軽い気持ちで行ったのがいけない。
そんな観光客は山のようにいるわけで、この大行列に並ぶのか?ホントに?
と怯む。

取り敢えず、ピークトラムを見て、その輸送能力を確認。
DSC_5173_2016080622153231c.jpg
絶望的だが、せっかく主義なので並んでみた。
P1100189.jpg
ほぼ1時間半ほど経過したところで、ようやく乗り場への道路横断。
横断前にこのカードを渡され、渡った先でのドサクサ横入り防止。
P1100193.jpg
ようやく建物に入れた。
DSC_5177.jpg
この群衆の中に…
DSC_5183_20160806221555594.jpg
ピークトラム車両が突っ込む。
DSC_5187_20160806221556458.jpg
乗れた!
DSC_5189_20160806221558c01.jpg
いやぁ、都合2時間。観光地を甘く見ちゃいけません。
DSC_5192.jpg
着いた先、屋上展望台は有料のため、無視。
DSC_5194_20160806221616fee.jpg
外に出て山頂取り巻く遊歩道方面へ。
DSC_5196.jpg
あれね、有料展望台は。
DSC_5198.jpg
歩きだすと、途端に人が居なくなる。あれだけの人は一体?
DSC_5222_20160806221652829.jpg
10分ほど歩くとこの光景。
DSC_5202_2016080622162126d.jpg
2時間ありゃ、下から歩けたんじゃないか疑惑ですね。
DSC_5215_20160806221622ea2.jpg
あの建物の根本がピークトラム乗り場。
P1100197.jpg
えい、自撮り。米ドルじゃなくて香港ドルだもんなぁ。
DSC_5218_201608062216497fd.jpg
せっかく主義なので、もう一枚。
P1100198.jpg
当然のことながら、登ったら下る、これ道理。
DSC_5226_20160806221654d5d.jpg
1時間半で車上の人。
P1100216.jpg
いやぁ、既に22時過ぎ。
DSC_5227_20160806221710e5a.jpg
急げ、急げ、噴き出る汗も気に留めず、走る、走る。
P1100221.jpg
地下鉄経由、バス車上の人。
P1100227.jpg
いやぁ、甘くみてましたぜ。

ぶらり香港一人旅~マンゴー
ホテルの冷房利いた部屋でダラダラ過ごし、イカン、これでは。
何しに来たんだ、と腰を上げる。

まずはフェラーリなんて見ながら、近所のスーパーに紅茶を買い付けに出掛け…
P1100179.jpg
またまたバスで中心部ネイザンロードへ。
P1100183.jpg
ホント、50mおきだよ。

上海街のこちら。
P1100184.jpg
スイーツの有名店。
DSC_5159_20160806221507bef.jpg
寝込んでるかみさんに代わり、念願のマンゴースイーツを。
DSC_5158.jpg
美味し。

因みに上海街は調理道具街。香港のかっぱ橋。
DSC_5160_20160806221509cd5.jpg
では、地下鉄にて次へゴー!
DSC_5164.jpg

ぶらり香港一人旅~弁当
いやぁ、しかし、ほっそ長い高層建築が多いっすね。
DSC_5142_2016080622133185a.jpg
う~ん、手軽に麺とか食べられる店がないかなぁ。
DSC_5143_201608062213558c1.jpg
市場に入り込んでしまい…
DSC_5146_201608062213561e1.jpg
ますますもってお手軽な食事とかけ離れていく。
DSC_5149_20160806221358685.jpg
ランチメニューがある店に入ったものの、火鍋を食わされそうになり、ダメだこりゃ。

ということで、これだ!
DSC_5152_201608062213596e7.jpg
お持ち帰り専門店。
DSC_5156.jpg
鹵水鶏片と冬瓜スープ。
DSC_5154_20160806221401e9b.jpg
ホテルに戻って頂き、結局、弁当が一番美味い。

ぶらり香港一人旅~九龍寨城
ホテル帰着12:00。
一旦様子見に帰ってきたけど、やっぱダメだそうです。

では、九龍の魔窟跡を訪れてみましょう。
DSC_5107_2016080622123857b.jpg
ホテルから徒歩三分。
DSC_5108_20160806221240d3e.jpg
自転車コースとかある公園になってまして…
いわゆる魔窟として有名だった九龍寨城は、あくまでも公園の一角、砦跡地を指す。

で、今は閑静な中国風庭園。
DSC_5111.jpg
ふ~む、想像することすら難しい、ここに林立する建造物があったとは。
DSC_5113_20160806221259129.jpg
人もまばら。散歩のオジサンとか昼寝する地元ビジネスマンがちらほら。
DSC_5117_2016080622130050d.jpg
ど真ん中にある建物は、清朝時代のもので、高層建築物群にの中に埋もれて健在だったらしい。
DSC_5139.jpg
清朝時代の砦跡は、英国への割譲後も対象外の飛び地として残ったが、日本軍占領時の空港拡張工事に城壁などが取り壊されてしまった。
DSC_5121_201608062213027c9.jpg
戦後もこの区画だけは英国の統治及ばぬ治外法権の地として、大陸から流れ込んできた人々が無計画に建築したもんだから、ご覧の通り。
DSC_5125.jpg
裏に入ると…
DSC_5138_201608062213263fb.jpg
寨城内のかつての生活を疑似体験できるコーナー。
日の当たらぬ路地にあった小売店。
DSC_5132.jpg
屋上は唯一青空が見える場所。啓徳空港にアプローチするジェット機の姿が壮観だっただろう。
DSC_5137_20160806221324785.jpg
よく見りゃ、入口のとこに模型。
DSC_5140_20160806221329cd4.jpg
いやぁ、しかし、Gメン75とか見過ぎでしょうかねぇ。
どうしても魔窟というイメージが強すぎです。

ぶらり香港一人旅~トラムに乗って
この界隈、太平山街といって、英国統治の際に中国人居住地と定められた下町地区。
DSC_5073_20160806221129a0d.jpg
骨董市とか立つらしいんですがね、要らぬものを買い込んでも仕方ないし。
DSC_5075_201608062211308c2.jpg
ということで、トラムに乗り込みます。
DSC_5088.jpg
同じ二階立てながら、冷房なしの趣きたっぷり。
DSC_5077_20160806221132380.jpg
それこそ、停留所案内なんて表示ないから…
DSC_5079_2016080622113369c.jpg
この辺かなと思ったら、一階に移って…
DSC_5086_201608062211351ec.jpg
様子をみて、ここだ!と下車。
DSC_5087_2016080622115294a.jpg
大体あってたみたいですよ。
DSC_5092.jpg
で、スターフェリーで…
DSC_5094_20160806221156b35.jpg
取って返して、九龍方面へ。
DSC_5095_201608062211572f7.jpg
もはや冷房席は欠かせません。
DSC_5097_201608062212121d9.jpg
急げ、急げ。
早12時。(勘違いで現在香港タイムで11時)
DSC_5101_20160806221214a69.jpg
1881ヘリテージもバスからの眺め。
P1100164.jpg
え?どうせショッピングモールでしょ?

このまま海水浴に行くのもいいかと。
P1100167.jpg
町並み眺めて気になるのは、周大福。
P1100172.jpg
装飾品店が50mおきにあるけど、いやオーバーじゃなく、成立するのかと感嘆。

建材屋街を通ったり、すでにバス路線を熟知。
P1100176.jpg
そいや、結局女人街も行かなかったしね。
P1100177.jpg
海パンは現地調達すればいいって話でした。

ぶらり香港一人旅~香港医学博物館
さまざまな果物・野菜が並ぶ中…
DSC_5032_20160806220941bb0.jpg
これ、結構な坂道ですよ。
DSC_5033.jpg
この上かぁ…
DSC_5034.jpg
歴史ある細菌研究所が医学博物館として公開中。
DSC_5035_2016080622095996f.jpg
ぐるっと回り込んで…
DSC_5039.jpg
入口。
DSC_5040_2016080622104217a.jpg
1866年、ペスト流行の災禍に立ち向かっていった歴史を勉強。
DSC_5042_20160806221044932.jpg
世界の歩き方に載ってるような、〇〇人医師グループが云々という話にはなってないと思うです、はい。
DSC_5047_20160806221045ca2.jpg
で、二階のインパクトある人形は…
DSC_5051_20160806221047972.jpg
ペストに感染したねずみの調査中。

こんな罠でねずみを捕らえたそうです。
DSC_5054_201608062210484ee.jpg
当時は人畜入り乱れての衛生環境で、ねずみの温床となっていたとか。
DSC_5055_20160806221107077.jpg
こちらは地階。
DSC_5061_20160806221109399.jpg
牛の手術かと思いきや、牛痘のワクチン研究中。

なるほど。
DSC_5067_20160806221111718.jpg
小学生の頃には、まだこんな自在アームに紐みたいなベルト駆動のドリルありましたねぇ。
DSC_5064_20160806221110d81.jpg
で、庭に戻れば薬草の数々。
DSC_5070_201608062211138df.jpg
香港観光としては正しいのかどうか、自問自答。

ぶらり香港一人旅~モーニング
テクテク歩道回廊を歩いて、香港名物二階建てトラムを跨いだ辺りから坂道。
DSC_5017.jpg
素敵にもエスカレータが坂道に設置されているのだが、なんと下り方面に運転されているのでは致し方なし。

路地の市場を抜け…
DSC_5019_201608062209154b9.jpg
これか、焼味(ロースト)の店。
DSC_5022_2016080622091739e.jpg
華豊、1941年創業、現存最古の焼味専門店…
DSC_5029_20160806220938e16.jpg
なんだが、中身はあまりにカフェ風でないか?
P1100162.jpg
朝のメニューは、叉焼載せ麺かソーセージ載せ麺とコーヒーのセットのし。
DSC_5023_20160806220918424.jpg
まずはコーヒーがやってきて…
DSC_5024.jpg
白いスープの叉焼麺+目玉焼き。
DSC_5026_201608062209361e1.jpg
叉焼、おいしいですけどね。
DSC_5030.jpg
トロント、ホノルル辺りで食べた細麺は、乾麺だからこそ?


ぶらり香港一人旅~お出かけ
三度題名が変更となる。
DSC_4996_201608062208233aa.jpg
かみさんが風邪ひいたみたいで、熱出してダウン。
セブンで水とポカリと日本製パンを調達して、部屋に置いての出発。
P1100156.jpg
さて、一人となって、どこに行きたいかと言えば、あてもなく…

バス停表示も故障中。
P1100158.jpg
取り敢えずいつものバスで…
DSC_4998.jpg
終点スターフェリー乗り場。
DSC_5000_2016080622082945f.jpg
香港島へ向かってみませう。
DSC_5002_20160806220849866.jpg
どうしたもんじゃろのう。
DSC_5003_201608062208517a6.jpg
これを眺めてるだけでもいいか、とも。
DSC_5005.jpg
そうは言っても、フェリーに搭乗。
DSC_5008_2016080622085460b.jpg
もはや無理はせず、2階の冷房完備席で。

快適なクルーズもものの10分ほど。
DSC_5011_20160806220855c49.jpg
このまま載ってたいが…
DSC_5013_20160806220912aef.jpg
あぁ~、歩くかぁ…

ぶらり香港二人旅~思惑通りには…
尖東駅から鉄道。
P1100153.jpg
降り立ったのは大園駅。
DSC_4979.jpg
本日の夕飯は、21:30から営業という飲茶店へ。
DSC_4983_20160731213500682.jpg
Googleマップでも確認済みの場所はこの辺りのはずなのだが…
DSC_4984_20160731213520735.jpg
どう探しても見つからず、結果、店が変わってました。
生き馬の目を抜くよな香港では、ありがちな話。

途方に暮れる我らだが、粥を食べたいとこちらへ。
DSC_4990.jpg
確かに粥は朝の食べ物でなく、そもそも粥屋の営業は午後からだったりするが…
DSC_4991_20160731213523bc4.jpg
所詮、粥は粥。この量は単調だ。

で、問題はどうやって帰るかですよ、この時間。
鉄道乗り換えて、楽富駅から1kmほど歩くか、九龍塘駅からタクシー?
結局、旺角東駅まで戻って来ました。

う~ん、どうしたもんじゃろのうと通りに出てみれば、そこは洗衣街。
洗衣街?
1aバスが通ってるはず!
DSC_4993.jpg
ということで、無事バス停を見つけ、帰還。
P1100155.jpg
いや、だから、サンミゲルはフィリピンビールだって。
懐かしいけど。

ぶらり香港二人旅~シンフォニーオブライツ
ビクトリア湾の夜景を、毎夜20時から彩るショーが開催されていると言う。
DSC_4937.jpg
場所確保も困難なほどの人出だが…
DSC_4946_201607312134385ec.jpg
え…
P1100125.jpg
これ?
DSC_4961_20160731213454886.jpg
ショーが済んでの、落ち着いた光景。
DSC_4971_2016073121345650b.jpg
え~、ショーとしては全く見る必要無かったかな、と。

ぶらり香港二人旅~スターフェリーに乗ってみる
再び題名を変更してお送りします。

昨日に引き続き、徒歩にてスターフェリー乗り場へ。
DSC_4881_20160731213307df3.jpg
乗り場はここ、ここって。
DSC_4884.jpg
オクトパスカードはここでもタッチするだけ。
DSC_4885_201607312133108ff.jpg
ね、2等は乗り場入口そのものが違うんだよぉ。
DSC_4888.jpg
それはともかく、二階の九龍側の一角だけは冷房完備。
DSC_4889_2016073121332999a.jpg
では出発。
DSC_4890_20160731213330591.jpg
香港島に向かってのクルーズ。
DSC_4894.jpg
中間地点でフェリーとすれ違い。
DSC_4898_20160731213333d39.jpg
ビクトリアピークはこの裏辺りなんだが…
DSC_4902_20160731213405961.jpg
え?雲が掛かってて夜景が見えそうにない?
DSC_4905.jpg
という会話があって、下船→即2等乗り場へ。
DSC_4908.jpg
さすがにあっつい、あっつい。
DSC_4911_20160731213409290.jpg
何の意味も無い単なる往復となってしまったが…
DSC_4918.jpg
結果的にかみさんにとって香港を感じられる唯一の機会となる。
DSC_4924.jpg
機関室も見れたしね。
DSC_4931.jpg