マスターの酔いどれ紀行
三度の飯より潜るの大好きマスター。ニューヨーク陸ダイバー生活から伊豆の海に帰る。年中潜れる生活って、やっぱ素敵。


Visitors



プロフィール

マスター

Author:マスター
海に浸かってさえいればご機嫌の、筋金入りスクーバダイバー。ロチェスター駐在から帰還し、窒素をたんまり吸ってはニンマリ。日々日記と称しては、好奇心任せに細かいネタを拾い歩く。



Weather in Rochester

Click for Rochester, New York Forecast

[F]から30引いて2で割るとおよそ[℃]



Today's Moon

CURRENT MOON
lunar phases



日本の天気予報っす


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



海のギャラリー

バラクーダ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ギンガメアジ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ミジンベニハゼ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒレナガネジリンボウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ガザミの仲間

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

カミソリウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

キンギョハナダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎岬先端

ニシキフウライウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

スマ

Not avilable

Maldives Filitheyo island

マダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒメイカ

Not avilable

西伊豆大瀬崎大川下

Manta Ray

Not avilable

モルディブ

ハクセンアカホシカクレエビ

Not avilable

西伊豆大瀬崎先端

ハナシャコ

Not avilable

四国柏島

ナマコカクレエビ

Not avilable

マレーシアシパダン島

キアンコウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



季節の鍋
冬になれば、週末は鍋かと。

で、いつもの魚屋で、幼稚園生時代から眺めてきた吊るし切りのアンコウ。
P1110348.jpg
現在も店で吊るし切りしてる旨、確認取れました。

湯通ししまして…
P1110350.jpg
アンコウ鍋。
P1110352.jpg
さ、明日はキアンコウでも狙うか。

寒波襲来
東海地方にも雪が予報された朝。
P1110337.jpg
最初はそんなでもなかったが…
P1110332.jpg
ここでは極めて珍しく、夜でもないのに積もっていく。
P1110346.jpg
やばい!
P1110347.jpg
なぜこんな日に、チビの検査を予約してしまったのか?

という、薄氷を踏む思いのお出かけをこの後しました。

目指せアメトーク…のバック
なぜ…
P1110331.jpg
カエルかは、よく判りません。

頂き物
某国のうら若き女性から土産を頂きました。
P1110324.jpg
えぇ~っと…
P1110325.jpg
何に使うのかなぁ?クルクル回るけど。

これは…
P1110328.jpg
んまい。
P1110329.jpg
大小関係が逆でもよかったかなぁ、と。

パリパリでサクサク。
彦根であと一歩というところまで行ったのですが…

それはそうと頂きました。
P1110322.jpg
んまい。
P1110323.jpg
ミカン最中もいいんですけどね。

カルピス
活性にごり生酒。
P1110321.jpg
ラベルが変わりましたね。

中身さえ美味けりゃ問題無し。

ちきゅうウォッチャー
正月早々、櫓が見える。
寄らなくちゃならんじゃないか。
P1110319.jpg


懐かしの中華
日本初上陸なんだそうですね。
P1110316.jpg
懐かしさから満を持して出動。

好きな料理をパックに詰めるというスタイルは、スーパーとかでも旅行先でも結構お世話になった。
DSC_8404_2017010521185760e.jpg
だからどうだと言われると、まぁそいう環境にいたからこそとも。
P1110318.jpg
もう少し、追加料金取らないメニューが豊富になるとよいかと。

アキバ
何年かぶりで姐と電話。
薪ストーブで熱燗つけて待ってますから、ぜひお出で下さい。
または、大瀬で潜りましょう。

さて…
真空管アンプでも作らすかやぁと思ったが、浜松のパーツ屋はほぼ壊滅状態のため、聖地へ。
P1110310.jpg
ま、こっちも似たようなもんですが。

いやぁ、駅ビルと言ったら、右でしょう。
P1110311.jpg
辛うじて理性が働いて、購入は止めておいた。
というか、聖地はすでにネット上、そいうことだ。

仕方が無い(?)ので、ドネルケバブ。
P1110314.jpg
かみさんの腹減った攻撃は止められない。
P1110312.jpg
これでいいですか。
P1110313.jpg
う~む。
P1110315.jpg
メイド喫茶の方が建設的…か、かなぁ
ということで、早々に退散。

ラスコ
世界文化遺産を見物。
DSC_8361_20170105211557f1f.jpg
あの柱あたりが見どころ(ピロティね)なんだそうで。

さて、そうじゃなくて、目的はこちら。
P1110308.jpg
洞窟の落書きを見に来ました。
DSC_8362.jpg
え?ここが入口なの?というデゴイチの脇から。
DSC_8363.jpg
やっぱり写真を撮ったりするので、ちょっとつっかかりますが…
DSC_8364.jpg
現生人類と同類であるクロマニヨン人ですね。
DSC_8366.jpg
その前から欧州に住んでいたネアンデルタール人については、ネアンデルタール渓谷まで訪れたことがあるわけだが…

クロマニヨン人達の精神世界を具現化した洞窟画が、1940年フランスはヴェゼール渓谷で見つかっている。その精巧な複製がドサ周りをしているということ。見てみなくてはいけません。
DSC_8371.jpg
輪郭線から、背景の馬が先に描かれ、手前の牛が描かれた技法などの解説あり。
DSC_8372.jpg
落書きなどではなく、専門化された集団による共同作業でなくては作製不可。つまりは明確な目的があって描かれた空間であることの証。
DSC_8377.jpg
洞窟の竪穴の奥に描かれた鳥男と手負いの牛。
DSC_8378.jpg
勇敢な狩人への追悼か?

こんなの狩ってたんですね。
DSC_8380_20170105211713e60.jpg
ところで…

科博は落とし穴がお好き。
DSC_8382.jpg
世界最古の落とし穴というのならば、それが裾野にあるというのならば、じゃ、見てやろうと…
DSC_8383.jpg
思ったけど、第二東名を建設するための調査であったようで、現在手掛かりなし。

いやぁ、地球館と日本館、広くて一日仕事ですわぁ。
DSC_8384.jpg
あ、あれ?地球館の2Fを見てない?複座のゼロ戦と初期のコンピュータ等々。

まぁいいや、ラムダロケットのランチャー。本日打ち上げたJAXAの小型ロケット(その後のニュースで、データが途切れ二段目点火をアボートしたとか)の直系祖先と言えるかと。
DSC_8386.jpg
屋上のハーブガーデンは見た。
DSC_8388_20170105211742083.jpg
ガラス器具と…
DSC_8390.jpg
ジンベエにマンタも。
DSC_8393_2017010521174565a.jpg
あと、骨ね。
DSC_8394.jpg
ひとつひとつ真面目に見出すと大変なことになるので、そこそこにしておく。

出た、米国で古代ゾウと言えばマストドン。
DSC_8398.jpg
ここでかみさんはギブなので、日本館を大至急駆け足で…
DSC_8399.jpg
駆け抜けました。
DSC_8402_20170105211808b67.jpg
ところで、本題に戻り、観光化された洞窟は急速に劣化が進み、現在は非公開。いやぁ、後先考えず現地に飛ぶなんてことしなくてよかったぁ。

カエル年…?
今年はカエル年。
DSC_8358.jpg
そんなわきゃないが、なんだ?
P1110305.jpg
あ、ちなみに2008年はカエル年でした。
(国際カエル年)

元旦
元旦、珍しく自宅。
P1110303.jpg
呑み倒す。
P1110302.jpg


何とも…
近くに神宮があると聞いたことがあるので、立ち寄り。
DSC_8351.jpg
あ…
DSC_8353_2017010521154644b.jpg
こ、これかぁ…
DSC_8354.jpg
因みに、とある花の名所でもあるらしいんですけどね。
P1110299.jpg


初詣
今年の初詣は奥山方広寺。
DSC_8315.jpg
いやぁ、何年ぶりでしょう、門前生まれのくせに。
寄りつかなくなった原因の料金は、初詣期間中、無料になると知りました。

ということで参道を上がっていくと…
DSC_8316.jpg
鬱蒼と茂っていた杉の木がバッサリ。
DSC_8317.jpg
伐採が先か、桜が先かは知りません。

「大漁満足」?大漁祈願とかじゃなくて…?
DSC_8320.jpg
いや、祈願の言葉としては正しいと知る。成田山でも金毘羅さんでも、それで正しい。
でもさらなる疑問は、なぜこの山奥で大漁なのか、海上なのか…

で、ここは半僧坊。
DSC_8321_201701052113468d5.jpg
鎌倉建長寺にもあるが、こっちの半僧坊がオリジナル。

開山の祖、無文元選が留学先の元から戻る航海の際にお世話になった異人さんが半僧坊。
DSC_8322.jpg
つまりは船乗りさんなんですな、要約すると。
DSC_8325_201701052114063ef.jpg
でもよく考えると、方広寺の御本尊があるにも関わらず、お参りするのはほぼほぼこの半僧坊大権現のみ。改めて不思議だ。

で、引かなくちゃイカンでしょ。昔から変わらぬマシン。100円になってましたが。
DSC_8328.jpg
なんせ、ここのクジはぬるいやさしいので有名。ほら。
DSC_8330.jpg
これが豊川稲荷あたりだと、三が日でも平気で凶だったりする。

おかげで、この年末年始は寝る間もなかったわ!という風情の反対側のもう一台の巫女さん。
P1110298.jpg
さらに、奥の院へ。
DSC_8333_20170105211412eb7.jpg
誰もいないし。

眺めはよくないよって言ったでしょ。
DSC_8334.jpg
で、こちらが本堂。明治14年の大火の後、再建。
DSC_8319.jpg
扁額は山岡鉄舟の筆。
幕末、江戸城無血開城の前に祈願した所縁も有り、明治の大火の後、いろいろと骨を折って頂いたと。

16羅漢の特別拝観とか、山門に階段がなかったために秘仏となっていたものが公開されていたりということで、本堂拝観コース、行ってみました。
DSC_8336.jpg
立派な瓦屋根の本堂は、東海有数の木造建造物。
DSC_8341.jpg
開祖無文元選禅師を招いて1371年に方広寺を開いた奥山六郎次郎朝藤は、この地の豪族。奥山氏は本年の大河ドラマでも重要な役目を担うはず。
DSC_8339.jpg
で、無文元選禅師は元に留学した僧だが、そもそもは後醍醐天皇の皇子。皇室とも所縁が深い。故に菊の紋。
DSC_8342.jpg
かつての林立した杉の親玉、半僧杉。
DSC_8343.jpg
今で言うマーケティング戦略による五百羅漢が有名なんだが、特にこの石橋。
DSC_8344.jpg
日により橋上の羅漢の数が異なるという。
方広寺の不思議の一つというが、いや、常識的に考えれば配置換えをしてるわけですね。それより、残りの不思議は?
DSC_8348.jpg
で、〇っちゃんのとこで味噌おでんを食べる…と。
DSC_8350_20170105211502903.jpg


少しは気を吐け
行方不明って、21時に電話掛けてきても、仕事でんがな、通常。
お陰でそのまま退社しましたけど。

こんだぁ、ポットでも持たせますか。

さて、元旦の新聞。
P1110294.jpg
天下国家、世界の紛争・分断を語れ、この火急の時に。

読む気にもならず、そのままストーブ行き。

鏡餅
例年通り、 姉から頂きました。
P1110291.jpg
載せるのは当然ながら、自ら狩ったミカン。
P1110293.jpg
来年は庭に移植したミカンが生るといいです、はい。

オイル交換
朝6:30起き、0℃環境下で、オイル交換。
ちび、164,400km。

その後、点検に持ち込むが、ウォーターポンプのクーラント漏れとベルトのひび割れ指摘有り。潮時か…?

ちび~~!

薪生活:初焚き
ストーブに、桜の薪を詰める。
P1110288.jpg
元旦の初焚きは、由緒正しき大瀬崎の桜。
P1110290.jpg
桜は火持ちがいいのと…
P1110289.jpg
辺りが香の匂い。
初めて煙で実感した、木の種類。

年越しの儀式
年越しは、実家でおせちというのが定番。
P1110280.jpg
玉子に…
P1110281.jpg
肉巻き。
P1110282.jpg
姪っ子が作ったクレープは、取り分ける前に撮るべきでしたか。
P1110283.jpg
若い頃、紅白なんて見たことなかったが、紅白終われば蕎麦。
P1110287.jpg
もちろんこの間呑みっぱなしのため、ここ数十年初日の出見たこと無し…

ぶんぶんの贈り物
年末の買い出しはこれ。
P1110277.jpg
最寄りの蜂屋さんにて、
P1110278.jpg
これなんか、いかがでしょうか。
P1110279.jpg
さて、春に向けて蜂箱でも作ってみますか。