マスターの酔いどれ紀行
三度の飯より潜るの大好きマスター。ニューヨーク陸ダイバー生活から伊豆の海に帰る。年中潜れる生活って、やっぱ素敵。


Visitors



プロフィール

マスター

Author:マスター
海に浸かってさえいればご機嫌の、筋金入りスクーバダイバー。ロチェスター駐在から帰還し、窒素をたんまり吸ってはニンマリ。日々日記と称しては、好奇心任せに細かいネタを拾い歩く。



Weather in Rochester

Click for Rochester, New York Forecast

[F]から30引いて2で割るとおよそ[℃]



Today's Moon

CURRENT MOON
lunar phases



日本の天気予報っす


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



海のギャラリー

バラクーダ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ギンガメアジ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ミジンベニハゼ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒレナガネジリンボウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ガザミの仲間

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

カミソリウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

キンギョハナダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎岬先端

ニシキフウライウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

スマ

Not avilable

Maldives Filitheyo island

マダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒメイカ

Not avilable

西伊豆大瀬崎大川下

Manta Ray

Not avilable

モルディブ

ハクセンアカホシカクレエビ

Not avilable

西伊豆大瀬崎先端

ハナシャコ

Not avilable

四国柏島

ナマコカクレエビ

Not avilable

マレーシアシパダン島

キアンコウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



ゴールデンな潜り旅~1,097本目
ジンベエから上がったら、即刻移動。
DSC_0171_201705202050278d7.jpg
目の前の島、スミロン島へ。
DSC_0175_201705202050311fc.jpg
速攻潜ります。
IMG_0999.jpg
浅かったからねぇ、さっき。

だから、ワイド魚眼レンズのまんま。
DSC_0181_2017052020503313d.jpg
セブ一番の透明度のスミロン島ですから、ハナゴイとか撮らないと。
DSC_0187_201705202050513b7.jpg
でもぉ…ニチリンダテハゼ、頑張ってみました。辛うじて写ってる。
DSC_0194_20170520205053ff9.jpg
スパインチークアネモネフィッシュ。
DSC_0199_2017052020505474d.jpg
これも頑張る、ニシキフウライウオ。
DSC_0207.jpg
あぁ、やっぱり接写に挑戦していても仕方ない。
DSC_0213.jpg
ワイドに似合う、南国の青い海求む。
DSC_0228_20170520205115a4a.jpg
だって、サンゴ礁だもの。
DSC_0242.jpg
イッテンフエダイだったか…
DSC_0256.jpg
まったりチームは一体何をやってるのか?
DSC_0259_20170520205119b5a.jpg
5/5は子供の日。こいのぼり…なんだろう、多分。

セジロクマノミ。
DSC_0268.jpg
クマノミ図鑑?もちろん持ってます。

上がり際のひと時。
DSC_0273_20170520205139175.jpg
たまにはサンゴ礁を愛でるのもよひでせう。
DSC_0281_20170520205140eb6.jpg
思えばダイナミックさの微塵もないね、今回。

ゴールデンな潜り旅~1,096本目
30分ほど船を走らせて、セブ島オスロブ。
DSC_0167_20170520204929fc6.jpg
今、大人気のスポット。

なぜこんなに人が集まっているのかと言うと…
IMG_0996.jpg
ここがジンベエザメにほぼ100%会える海だから。
IMG_0993.jpg
我らはちょっと離れたとこから潜ります。
DSC_0009_20170520204846427.jpg
これか。
DSC_0027_20170520204847760.jpg
おぉ!

今回の潜り旅最大の目的…なのか?
DSC_0035_2017052020484916b.jpg
実際よくわからんうちに、かみさんとAK美さんの間で決まっていたというのが真相。

うわぁ~い。
DSC_0042_20170520204850c57.jpg
この辺りで冷静に観察。
DSC_0054_201705202049054f1.jpg
ここは生け簀のジンベエダイビングではなく、網は一切ない。
DSC_0060_2017052020490618f.jpg
一切無いけど、要は餌付けされてるから…
DSC_0081_20170520204908417.jpg
餌付けオジサンの船に向かって立ち姿。
DSC_0096_2017052020490990a.jpg
そんなことでいいのか?
DSC_0099_201705202049112f3.jpg
と、最終的にはダイバーとして若干の葛藤を感じずにはいられない。
DSC_0105_20170520204923872.jpg
やはり獲物は天然ものに限る。
DSC_0141_20170520204924f45.jpg
あ、ツバメウオがロープに付いてる。
DSC_0151_20170520204926c9a.jpg
で、おあとがよろしいようで。
DSC_0154_2017052020492748f.jpg


ゴールデンな潜り旅~潜り最終日
今日も早起き生活維持。
それは明日の朝2時宿出発だから。

それを考えただけでブルーになる。
IMG_0977.jpg
まぁそれはそれとして、今日を楽しむ。それしかない。
IMG_0980.jpg
「撫でれ。」 そう言っている。
IMG_0982.jpg
朝飯。
IMG_0986.jpg
本日はフィリピンスタイルかな。
IMG_0989.jpg
グー。

さぁ、最終日!
DSC_0007_201705202048445c9.jpg


ゴールデンな潜り旅~南国リゾートの過ごし方
ツバメが、しきりに飛んでます。
IMG_0937.jpg
過ごし方もなにも、潜って飲む、ただそれだけ。
IMG_0946.jpg
ダイビング船も本日の仕事を終えて。
IMG_0950.jpg
お隣では子供たちが海水浴。
IMG_0920.jpg
思えば、敷地から外に出ることが潜り以外なかった。
IMG_0926.jpg
ぷらぷらフェリー乗り場まで行けば、マンゴー売ってたかなぁ。
IMG_0928.jpg
といいつつ、のんびり。
IMG_0929.jpg
向こうの島のあの煙はなんだろう。
IMG_0933.jpg
ダイビング機材はこのように保管され…
IMG_0952.jpg
先程来、のんびりとしているのは、このような状況。
IMG_0953.jpg
ここは残念ながら、日の出も日の入りも見られない。
IMG_0954.jpg
さ、部屋に戻って夕食です。
IMG_0957.jpg
ん?
IMG_0958.jpg
ヤモリはお決まりの生き物。
IMG_0962.jpg
本日は茶碗にご飯。
IMG_0965.jpg
強いて言うならば、果物をもっと食べたかったなぁ。
IMG_0971.jpg
というところで、風邪気味、そうそうに寝る。

ゴールデンな潜り旅~1,095本目
本日3本目もリロアン、つまり宿の近く。
DSC_9904.jpg
ソフトコーラルも押さえておきましょう。
DSC_9911.jpg
ハナダイの仲間。
DSC_9915.jpg
ウミウシかなぁ。よくわからない。
DSC_9919.jpg
銘銘各個に獲物を探す、の図。
DSC_9921_20170518224829a6a.jpg
うっ、この中に珍しいエビが写ってるはず…はずなのだが。
DSC_9927_201705182248307f6.jpg
無理だ。

ハダカハオコゼも、上からでは画にならん。
DSC_9935_20170518224852293.jpg
ハナヒゲウツボの幼魚。
DSC_9950_20170518224853fcc.jpg
幼いうちは黒く、大きくなるにつれて青+黄色になる。

ネッタイミノカサゴ。
DSC_9957_20170518224855acc.jpg
船の真下まで帰って来ました。
DSC_9958_201705182248565fd.jpg
ハタンポが、明るいけどウロウロ。
DSC_9961_20170518224858078.jpg
そして、まったりチームと出会う。
DSC_9966_20170518224924605.jpg
はい、記念撮影。
DSC_9968_20170518224926760.jpg
60分は長いのぉ。
DSC_9971.jpg
浮上、そしてエグジット。
DSC_9984_20170518224929092.jpg
そして、帰着。ビール、ビール!
DSC_9999.jpg


ゴールデンな潜り旅~忙中閑あり
二本終わったところで、宿へ上陸。
本日は、宿で昼食。

で、その後。
DSC_9900.jpg
ベンチでまったり。
DSC_9901.jpg
碧い空に海ですよ~。
IMG_0914.jpg
ビールはご法度。まだもう一本。

ゴールデンな潜り旅~1,094本目
本日2本目、セブ島リロアンを潜る。

ヘラヤガラ。
DSC_9791.jpg
カエルアンコウ。
DSC_9792_201705182247048d1.jpg
昨日の子供と違って、迫力の成体っすな。

ライダーマンみたいなウミウシ。
DSC_9797.jpg
ライダーマン、知らない?

オランウータンクラブ。
DSC_9806.jpg
ニシキフウライウオ。
DSC_9808.jpg
オニオコゼの類とは思うが…
DSC_9817_20170518224710922.jpg
ミズダマサンゴによくついてるやつ。
DSC_9822_20170518224732461.jpg
岩の裏についてて、思うような位置から撮れんなぁ…
DSC_9829.jpg
鯵の類がブンブン回ると、やはりそっちが気になる。
DSC_9836.jpg
気になる、気になる。
DSC_9863_20170518224736dfe.jpg
ハナヒゲウツボ。
DSC_9889.jpg
これは結構張り付いて撮らさせて頂きました。
DSC_9894_20170518224759c31.jpg
以上60分コース。

ゴールデンな潜り旅~合間です
何のことはない、潜っていたのは宿から700mほどの海岸。

いや、コーヒー入れてるオジサン撮ってるわけじゃなく…
IMG_0883.jpg
あちらはいつも宿から見えてる船。
IMG_0884.jpg
セブ島リロアンとネグロス島ドゥマゲティを結ぶフェリー船。
あ、手前は漁師さんですよ。
IMG_0885.jpg
本日はGWのピーク。ダイバーが多いため、ガイドさんが捌くには近間のダイブで。
IMG_0888.jpg
船着き場は、現地の子供の飛び込み台。
IMG_0889.jpg
ゆるゆると過ごして…
IMG_0890.jpg
漁師さんのお仕事を観察し…
IMG_0892.jpg
一時間ほど経ったら…
IMG_0897.jpg
移動します。
IMG_0900.jpg
風景は大して変わりません。
IMG_0907.jpg
ほんのちょっとだけ、宿を挟んで反対側へ移動しただけだから。
IMG_0910.jpg
さぁ、次行きますぜ。

ゴールデンな潜り旅~1,093本目
どこで潜るのかと思いきや、宿から見えてる目と鼻の先の海岸。
それは後ほど紹介するとして…

ルリホシスズメダイ。
DSC_9689_2017051822435013f.jpg
コガネアジ。
DSC_9695_20170518224404a82.jpg
おっと、ウミテングではないですか。
DSC_9701.jpg
こんなカラーバリエーションも有りか。

カニダマシの類?
DSC_9705.jpg
ダマシとかニセとか、余計なお世話ですわな。

ダテハゼの仲間なんでしょうけどね。
DSC_9708.jpg
そいうときはシュリンプゴビー。

Bleeker's damsel。
DSC_9713.jpg
おぉ、タテキンの幼魚。
DSC_9719.jpg
タテジマキンチャクダイね。
DSC_9720.jpg
イソギンチャクあらばエビ・カニが居ると思え。
DSC_9728.jpg
そいうこと。
DSC_9733.jpg
オオウミウマ。
DSC_9741.jpg
その仲間、ヨウジウオの幼魚。
DSC_9744.jpg
カミソリウオ。
DSC_9747.jpg
クビアカハゼ。
DSC_9751.jpg
さぁ、これはヨロイウオでしょうか、ヘコアユでしょうか。
DSC_9753.jpg
判りません。

マクロ天国、もはやエビとしか。
DSC_9767.jpg
ヤマブキハゼ。
DSC_9773.jpg
ハナミノカサゴの幼魚。
DSC_9776.jpg
ツユベラの幼魚。
DSC_9782.jpg
以上、大変忙しい一本でした。

ゴールデンな潜り旅~朝のひと時
なんと、日本のサザエは新種だったというニュース。
なんだそりゃ、ですが。
撮るものが無いとき、やむなく撮っていたのは新種の巻貝だったと。

まぁ、よい。
前日のように夜明け前ということはないが、相変わらず早起き持続中。
IMG_0860.jpg
あそこまで行ってみればよかった。
IMG_0861.jpg
スタッフさんの朝の仕事始めは、小舟でボートに渡ること。
IMG_0863.jpg
さて、朝食にしましょう。
なぜだか、人に踏まれそうな場所に居るワンコ。
IMG_0866.jpg
構われたいのでしょう。

本日はお粥から。
IMG_0869.jpg
さぁ、準備ができたら船上の人。
IMG_0873.jpg
BCジャケットにレギュレータは準備万端。
IMG_0875.jpg
今日はどこに向かうのか。
IMG_0878.jpg
昨夜の嵐が嘘のよう。
IMG_0880.jpg

ゴールデンな潜り旅~宴席料理
本日のディナーは焼き鳥とジャガイモ。
IMG_0843.jpg
そして、白身魚のトマトソース掛け。
IMG_0847.jpg
さらに奥の本格的な炭火窯で焼かれたピザ。
IMG_0848.jpg
そして、そして、仔豚の丸焼き。
IMG_0854.jpg
フォーマルなお祝い料理。
誕生日なんだそうです。誕生日の人が振る舞うらしいんです。
IMG_0855.jpg
カリッとした皮にジューシーなお肉が美味しい。

んでもって、ピザがわんこピザ状態。もう食えん。
IMG_0856.jpg
こっちはわんこ。
IMG_0857.jpg
この後、大嵐となり、ありとあらゆるものが吹き込む、吹き込む。よく停電しないなぁと感心しきり。

ゴールデンな潜り旅~お楽しみタイム
ダイビング上がりのお楽しみタイム。

あれです。サンミゲル。
IMG_0833.jpg
雲行きがちょっと怪しく、夜の食事後、大嵐となる。
IMG_0834.jpg
でも日に焼けず、よかばい。
IMG_0835.jpg
近所の子供たちが宝探し中。
IMG_0839.jpg
ワンコのお散歩中。
IMG_0842.jpg
昼から酒飲んでてごめんなさい、というくらい笑顔が純真。

ゴールデンな潜り旅~帰着
若干波が立ち、帰りの船上はこんな感じ。
DSC_9675_20170514112223a8a.jpg
バンカー船はなかなかスピードが出るのだが、アウトリガーが波に突っかかると飛沫が凄い。

無事、到着しました。
DSC_9685_2017051411222595a.jpg
こんな感じの船がスタンダード。
IMG_0830.jpg
出るか出ないかのシャワーを浴びて、スッキリ。
DSC_9687.jpg
さ~、あれでしょう、あれ

ゴールデンな潜り旅~1,092本目
ダバ~ンと、エントリー風景。
DSC_9576.jpg
やはり魚だけ撮ってるのじゃ、面白くない。図鑑作るわけじゃないので。
DSC_9587.jpg
先ほども紹介したが、トウアカクマノミ。
DSC_9590.jpg
これではさすがに共生エビを撮る気にもならないわけだが…
DSC_9620_20170514112159a26.jpg
イッポンテグリ、だよね。頑張ってみました、魚眼で。
DSC_9597.jpg
近づき過ぎると逃がしてしまうんで、皆が撮り終わった後で。

で、現場風景。
DSC_9598.jpg
潮に逆らって泳ぐのもどうかとは思うが…
DSC_9606.jpg
海綿の仲間。
DSC_9608_20170514112131efb.jpg
とにかく、ギリギリまで寄る。
DSC_9610.jpg
あ、ヘコアユの大群発見。
DSC_9624_20170514112200fde.jpg
と思ったら、横(縦?)になって泳ぐのはヨロイウオだと。
DSC_9625_2017051411220268c.jpg
う~ん、よく判りません。

そう、今回のダイビング、基本、私は大きいカメラ持ってるチーム、かみさんはまったりチーム。
DSC_9641.jpg
カミソリウオを見るかみさん…とAK美さん。
DSC_9651.jpg
そう、今回、ご一緒。

あともう一つ忘れてました。
DSC_9665.jpg
二本目、エントリー直後に誤ってガンガゼに膝上を刺されて痛みでどうなるかと思ったけど、ものの5分で収まった。こっちのガンガゼは何にしろ移動が早い。

ゴールデンな潜り旅~お昼
二本を終了しました。
IMG_0820.jpg
お昼タイムです。
IMG_0817.jpg
お弁当かと思ったら、なんと本格的なことか。
IMG_0821.jpg
頂きま~す
IMG_0822.jpg
食後のまったりタイム。
しかし、忙しい、忙しい。船上でレンズチェンジ。
IMG_0825.jpg
「この海でワイドは厳しいなぁ。」 とは、ガイドさん。
「周りも映し込まないとおもしろくないじゃないですか。」 と、私。

「一日最低一本は魚眼レンズ」が座右の銘。

ゴールデンな潜り旅~1,091本目
本日二本目は、引き続きネグロス島シブロン。

エントリー早々に、トウアカクマノミ。
DSC_9500_20170514111939e1a.jpg
こちらに突っ込んでくるため、撮影困難。
DSC_9526.jpg
それはこんだけの卵を守っているため。
DSC_9503_20170514111941fc8.jpg
目玉が一杯。

というクマノミを尻目に、住処のイソギンチャクにつくエビを撮る…
DSC_9505.jpg
クマノミ無視してエビを撮る。
DSC_9507_20170514111944d17.jpg
これが正しいマクロ派ダイバー。

とりあえずCardinalですね。
DSC_9511_20170514111945bf5.jpg
もう既に調べるのが面倒になってる。

アカホシカクレエビ。
DSC_9518_201705141120049a3.jpg
キリンミノ。
DSC_9520_20170514112005c24.jpg
ホシハゼですかね。
DSC_9539_20170514112009b9a.jpg
というところで、遠くにキラリと光が見えた。
DSC_9543.jpg
カツオだ。
DSC_9545_201705141120247d5.jpg
ふと辺りを見ると、みな下を向いてカツオに興味無し。
さいですか。

ムレハタタテダイに…
DSC_9546_2017051411202572e.jpg
ツバメウオが混じる。
DSC_9553_201705141120278cb.jpg
砂の山に紛れてる人。
DSC_9559.jpg
ツマジロオコゼ。
DSC_9561.jpg
60分の潜水時間。

上がり際、ヘコアユ発見。
DSC_9566.jpg
片付けたカメラを再セット。
あぁ、忙しい。

ゴールデンな潜り旅~休憩タイム
スタッフたちは次回のタンクの準備
IMG_0805.jpg
この海は昔から王様ダイビングスタイルで、セッティングをやって頂けるため、潜る際は背負うだけ。

潜っているポイントは…
IMG_0807.jpg
極めて庶民的な軒先ダイブ。
IMG_0816.jpg
バンカーボートのアウトリガーは竹製がお決まり。
IMG_0810.jpg
ということで、コーヒーなんて飲みながらまったり過ごす。
IMG_0815.jpg
これぞリフレッシュ。

ゴールデンな潜り旅~1,090本目
ドゥマゲティの街がある側の島、ネグロス島のシブラン。
IMG_0802.jpg
さぁ、今回初ダイブ、チェックダイブですね。
あ、先に言っておくと、今回ダイナミックな"マクロ"が売りのダイビング屋さん。

当然こうなる。
DSC_9410_2017051221245642a.jpg
センネンダイ。

取り敢えず様子をみようと、ガイドさんの指差すものを。
DSC_9415_2017051221245840f.jpg
Sweetlip damselかな。

ギンガハゼ。
DSC_9421_20170512212539fb0.jpg
ニシキフウライウオ。
DSC_9424.jpg
これは大瀬にもよく流れつきますね。
DSC_9428.jpg
貝の類。
DSC_9436.jpg
ガンガゼが非常に多く、昔ドゥマゲティで潜った時、マンツーマンのガイドがガンガゼを割ってご飯に乗っけてくれたウニ丼を思い出す。
DSC_9437_20170512212545964.jpg
意外に美味いのです。

ガラスハゼの類。
DSC_9439.jpg
ミノウミウシの類。
DSC_9441_20170512212548c4f.jpg
既に調べるのが面倒になってるし、そもそも同定が難しい。

あ、カエルアンコウ。
DSC_9445_201705122126008e7.jpg
コロダイの幼魚。
DSC_9448_20170512212602c75.jpg
窪みという窪みにハマって居るのはなぜだ。
DSC_9495_20170512212820f54.jpg
テンスは寄ると砂に潜る。
DSC_9458.jpg
何が何やらでしょうけど、エビ。
DSC_9463_2017051221272537a.jpg
ハチマキダテハゼ。
DSC_9471_20170512212726449.jpg
この手のテッポウエビと共生するハゼは、なんとかかんとかシュリンプゴビー、となる。

もはやお手上げ。
DSC_9474_20170512212728eab.jpg
イッカクガニかなぁ。
DSC_9475_20170512212729ddc.jpg
この埋もれてるミノカサゴの仲間は…
DSC_9483_20170512212817b85.jpg
動かしてみたら、セトミノカサゴですな。
DSC_9482_20170512212731b9b.jpg
またまたテンス。
DSC_9494_2017051221281891a.jpg
ガンガゼの移動速度が速い。
DSC_9497.jpg
ということで、マクロ天国なマブールとはまた違って伊豆?という海。
こういうところね~って感じ。

ゴールデンな潜り旅~早起きさん
勢いづいてまして、5時には目が覚める。
IMG_0780.jpg
夜明け前。
IMG_0773.jpg
早起きで分かったことは、この屋根の柱の穴。
IMG_0783.jpg
コウモリの巣となっている。

日が昇ったところで、部屋にいったん戻り…
IMG_0788.jpg
食堂へ。
IMG_0790.jpg
朝食食べたら…
IMG_0798.jpg
海へ。
IMG_0794.jpg


ゴールデンな潜り旅~到着編
早朝2時に出発し、夜19時到着(日本時間20時)。
DSC_9400.jpg
早々のお食事タイム。
DSC_9397.jpg
日本人に合わせたお食事か。
IMG_0771.jpg
そして、これ。
IMG_0772.jpg
サンミゲルで間違いないでしょう。

さぁ、明日から潜り。