マスターの酔いどれ紀行
三度の飯より潜るの大好きマスター。ニューヨーク陸ダイバー生活から伊豆の海に帰る。年中潜れる生活って、やっぱ素敵。


Visitors



プロフィール

マスター

Author:マスター
海に浸かってさえいればご機嫌の、筋金入りスクーバダイバー。ロチェスター駐在から帰還し、窒素をたんまり吸ってはニンマリ。日々日記と称しては、好奇心任せに細かいネタを拾い歩く。



Weather in Rochester

Click for Rochester, New York Forecast

[F]から30引いて2で割るとおよそ[℃]



Today's Moon

CURRENT MOON
lunar phases



日本の天気予報っす


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



海のギャラリー

バラクーダ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ギンガメアジ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ミジンベニハゼ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒレナガネジリンボウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ガザミの仲間

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

カミソリウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

キンギョハナダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎岬先端

ニシキフウライウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

スマ

Not avilable

Maldives Filitheyo island

マダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒメイカ

Not avilable

西伊豆大瀬崎大川下

Manta Ray

Not avilable

モルディブ

ハクセンアカホシカクレエビ

Not avilable

西伊豆大瀬崎先端

ハナシャコ

Not avilable

四国柏島

ナマコカクレエビ

Not avilable

マレーシアシパダン島

キアンコウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



ラストラン:散策
到着しました、駅前物件。
IMG_1331.jpg
取り敢えず行ってますが…
IMG_1332.jpg
買えるものはなく。
DSC_0571_20170618203921957.jpg
ま、港町を堪能することに。
IMG_1333.jpg
浮きドックだぁ!
IMG_1334.jpg
ちょっとあっちの方まで行ってみますか。
DSC_0579_201706182039273a0.jpg
この階段が古い港であることを示している。
DSC_0580_201706182039495ac.jpg
最古の渡し舟。
DSC_0582_201706182039506f3.jpg
無料の橋もあるのだが、なんせこっちの方が便利。

思わぬところで干物・乾物の土産をしこたま買う。
DSC_0585_20170618203952775.jpg
何が君に火をつけた?

さて、路地を抜けて…
DSC_0589_20170618203953412.jpg
大通りを帰りますが…
DSC_0591_20170618203955df8.jpg
憧れのこれ。
DSC_0592_2017061820402147c.jpg
夕食に備え、これはないと拒否にあう。

ラストラン:天空の城郭
姐さんの誘導により、まずたぶん間違っているだろう山道をうねうねと運転し、到着。

途中に駐車場があることは知っていたが、歩くんじゃないんですか?
IMG_1310.jpg
シャトルバスで5分ほど。

普通に山道ですね。
DSC_0512_20170618202255984.jpg
10分ほどで石垣が見えてくる。
DSC_0514_20170618202256342.jpg
この一部自然石の上に積まれた立派な石垣こそ、大河ドラマ「真田丸」のオープニングに使われた石垣。
DSC_0519.jpg
備中松山城ですね。
IMG_1311.jpg
大手門跡から。
DSC_0520_20170618202319f89.jpg
「この塀は昔のもの?」
「いや、復元だろ。」
DSC_0524_201706182023218e9.jpg
いえ、重要文化財の現存土塀だそうで。

しかし、備中なのになぜ松山に高松?
DSC_0527_20170618202322ba6.jpg
これは特につながりはないそうだ。高梁市HPにもよくある質問として挙がっている。
DSC_0529_20170618202324968.jpg
さて、備中松山城天守閣。
DSC_0533_201706182031177fa.jpg
他にも天空の城はあるが、ここは現存天守(伝1683修築)があるところが違う。
DSC_0535_20170618203119775.jpg
明治以降、忘れられていたように廃墟同然となっていたが、昭和初期修復なって現在に至る。
DSC_0538_201706182031201cf.jpg
1階の装束の間。
DSC_0540_20170618203121a73.jpg
当然のことながら、山の中。岐阜金華山にも上ったけど、あっちは模擬天守だったから。
DSC_0541_20170618203123f4a.jpg
珍しい天守に残る囲炉裏。
DSC_0546_20170618203834d4f.jpg
二層ですから、二階に上ったら終わり。
DSC_0548.jpg
「え?これだけなの?」
皆、口々に言うけど、何を期待されているのか。

奥の現存二重櫓の方へ。
DSC_0555_20170618203837789.jpg
こ、、この切り株は…
DSC_0565_20170618203856117.jpg
これか。ほ、欲しい。
DSC_0557_2017061820383852b.jpg
どんなに家にストックがあろうが、絶えず不安感がある薪生活者の性。

これが二重櫓か。
DSC_0561_201706182038401fa.jpg
備中松山城、毛利氏の東端最前線であったことはもちろんだが、江戸以降城番として小堀遠州が入ったり、城主に跡取りがなく赤穂藩預かりとなった折には家老大石内蔵助が城番に入ったり(のちに赤穂の城を明け渡す側となる皮肉)と、結構知ってる名前が絡んでる。
IMG_1314.jpg
というか、賑わっているのはやっぱり真田丸の余韻でしょうねぇ。

という、サルの群も普通にいる山中からっした。
IMG_1320.jpg

ラストラン:水浸し現場
水が目の前ヒタヒタな環境。
IMG_1298.jpg
ここは蛙ヶ鼻。
IMG_1300.jpg
備中高松城を水攻めにした堤防の東の端。

それがちょっと残ってる。
IMG_1304.jpg
堤防断面を見てるって感じ。

水ポンプ。
IMG_1307.jpg
ところで、なんで高松なんでしょうね。讃岐うどん食って、次!
IMG_1308.jpg


ラストラン:水浸し高松城
シフトレバー辺りからゲロゲロ音を出しながらも到着しました。
これでよく寝られるなぁ、と感心しきり。

さて…

水攻め音頭。
IMG_1280.jpg
そう、ここは岡山、備中高松城。

守る毛利勢に対して、豊臣秀吉を大将とした織田勢は堤防を築いて水攻めにしたということで有名。
IMG_1278.jpg
なるほど、判りやすい。
IMG_1282.jpg
菖蒲がちょうど見頃。
IMG_1283.jpg
と、当時の高松城の周りは泥濘湿地。容易には攻められない。
IMG_1284.jpg
城主、清水宗治と家臣達は堅固な守りの城に立て籠もり、徹底抗戦。

時は1582年、梅雨の頃。
泥濘湿地の立地を逆手にとって、3kmにおよぶ堤を12日間で築いて、備中高松城を湖上の浮城にしてしまった。

進退窮まった宗治に、宗治の首を差し出し和議を今日中に結べば城兵の命は助けると、秀吉の申し入れ。
実はこの前日6/2未明、京都本能寺にて織田信長が明智光秀の謀反により討ち死に。
この報をいち早く受け取った秀吉は、この戦線を早急に片づけなければならなかった。

本丸跡。
IMG_1295.jpg
城主、清水宗治は翌6/4、秀吉が差し向けた船上で切腹。
田植えしてる後ろの木は、主君の切腹前にお供するため家来二人が刺し違えたと伝えられるごうやぶ。
IMG_1287.jpg
振り返れば、宗治自刃の地。
IMG_1288.jpg
ただ、やっぱり、目の前で行われている田植えが気になる、気になる。
IMG_1290.jpg
道端で出会ったばあちゃんから食べてみろと勧められる。
IMG_1291.jpg
サクランボのような、甘酸っぱい実。

城内に帰った宗治を弔った胴塚。
IMG_1294.jpg
宗治の切腹を見届けた秀吉は、畿内に取って返して6/13山崎にて明智軍を打ち破り、天下人に登りつめていったのである。

というエポックメーキングな地なのであるが、現在、あまりに地味である。
いわんや、直虎をや。

改めてご紹介
フロントミッドシップの縦置き660cc 3気筒DOHCインタークーラーターボエンジン。
DSC_0487.jpg
クラッチ交換2回、タイミングベルト交換2回、A/Cコンプレッサ交換2回、ギアボックスO/H、排気管交換。

ABSなし、エアバッグなし、パワステなし、目線は極めて低し。
DSC_0499_20170618201643664.jpg
そんな自由な時代の車でした。
DSC_0509_20170618201645234.jpg
最近はシフト辺りにゲロゲロかえるが住み着いてるし、ガソリン飲ませりゃ吹きこぼすし、限界かも。

時季ですから
いよいよ収穫ですか。
DSC_0486_20170618201641ea2.jpg
美味しくできました、デカいのは。
IMG_1275.jpg
かみさんは酸っぱいのが当たったそうで。

そうそう、6月と言えば、甘甘娘。
IMG_1276.jpg
ますます買い難い存在になってるようでして…

オイル交換
ちょこ 85,600km。
ちび 169,000km。

西伊豆大瀬崎~1,099-1,101本目その3
もはや夏の様相ですねぇ。
IMG_1271.jpg
さて、三本目は先ほどに引き続き、湾内をアンコウ狙いで魚眼レンズに換装。

他人が撮ってたエイだけど、こっちに泳いできたからには撮るしかない。
DSC_0452_2017061421553518c.jpg
アカタチは一旦見えたものの、引っ込んだまま出てこない。
さっき見られたからと、今度も見られるとは限らない。
DSC_0455_201706142155372dd.jpg
そして、アンコウも動いたらしく、見つからず。

お、、ガザミ。
DSC_0463_20170614215538467.jpg
お前は土俵入りかって。
DSC_0464_2017061421554039e.jpg
スケルトンなガラスのマイホーム。
DSC_0476_201706142155580a4.jpg
ミジンベニハゼの卵がびっちり。
DSC_0474_201706142155417d9.jpg
という一本。
DSC_0483_20170614215559f6e.jpg
まだまだ真昼間って感じですが、帰ります。
IMG_1272.jpg


西伊豆大瀬崎~1,099-1,101本目その2
本日はぶっかけウドン。
IMG_1266.jpg
では、第二の話題のお魚、いってみましょう。

いきなり居た、イッテンアカタチ。
DSC_0408_20170614215455f7e.jpg
距離を詰めると引っ込む、引っ込むと下がる、ダイバーとお魚の攻防戦。
DSC_0418_20170614215456b82.jpg
ようやく全身像が撮れた。
DSC_0421_20170614215517c3f.jpg
泥地が好きらしく、前回も出たのはこの辺りだった。
DSC_0422_20170614215518144.jpg
うわぁ、、ニョロニョロだぁ。
DSC_0435_20170614215520423.jpg
頑張って寄ってみた。
DSC_0444_20170614215521c7f.jpg
で、上がってからの目撃情報によると、この後アンコウと接近遭遇してるらしいんだが、残念。

西伊豆大瀬崎~1,099-1,101本目その1
残雪も大分少なくなってきた。
IMG_1264.jpg
では、外海を一本松から。
DSC_0371_20170614215431c16.jpg
ショップの皆さんは門下からのアプローチだけど、私は一本松からのほが地形を把握できてるから。

水中で結果として合流し、何を皆で見てるのかと思えば指差してもらえて、カニ。
DSC_0372.jpg
実は今大瀬で話題になってるものがあって、皆してそれ狙いなのだ。
DSC_0373_20170614215433cad.jpg
しかし、見つからない。
DSC_0375_20170614215435fba.jpg
と、誰かが見つけたらしい。ジャパピグ
DSC_0382_20170614215450682.jpg
ジャパニーズピグモンシーホース。いや違うな、ピグミーシーホース。
DSC_0387_201706142154529fd.jpg
う~ん、こりゃ一人じゃ見つからんわぁ…

ちなみに、すぐ近くのどこかにもう一個体居るらしいけど、時間切れ。

草刈の日
浜松?避難勧告?
知らんな、いつものよに忙しい今日。

さて…

住宅街の草刈りとは思えぬ装備。
IMG_1273.jpg
必需品っす。

戦々恐々
頂きました。

端的に言えば、〇んこ。いや、
IMG_1263.jpg
ドリルじゃなくて。

ルワックコーヒー。
ジャコウネコに食べさせたコーヒー豆っすか。
貴重なものらしんですが…

ケージに入れられた鶏よろしく、ジャコウネコがずらり。

小粋なコルク
カプレーゼ。
IMG_1259.jpg
赤。
IMG_1260.jpg
なんと…
IMG_1261.jpg
無駄にオシャレ。

夏の頃
夏の頃は、サンセット が見える。
IMG_1254.jpg
でも、沈んだ後の夕焼けの方がきれい。
IMG_1256.jpg
ということで、チェアセットを今年こそ。

話題のスナック
ですよね。
IMG_1239.jpg
これか、ポテチくらいしか買わない私。
IMG_1241.jpg
そうは言っても何年も食べてるとこみたことないって?そうね、スナック菓子買わないから。
IMG_1240.jpg
ただ、営業努力が足りんぞ。
開けたら一袋食べんといかんし、小さいパッケージは中身も小さかったり、棒状だったり。それは、カールではない。この大きさがよいのだ。

薪生活:本体掃除
煙突の方は片付いたから…
IMG_1242.jpg
本体の掃除に取り掛かるわけだが、灰と煤と錆にまみれている。
IMG_1243.jpg
掃除機(ほぼこれ専用になってる)で吸いながら、ブラシでゴシゴシ。
IMG_1244.jpg
キレイになったら、防錆剤を撒き散らし…
IMG_1245.jpg
完了。
IMG_1248.jpg
外回りも磨き上げて、真に完了。
IMG_1249.jpg
いまだにいい匂いがする楠を燃やせずにいる。
IMG_1250.jpg
フィンガーレイクから来た葡萄収穫箱がこのよに役立つわけ。

薪生活:幸福を呼ぶ煙突掃除人
下側の受けは準備ヨシ!
IMG_1216.jpg
通路確保、ヨシ!
IMG_1218.jpg
装備の準備ヨシ!
IMG_1220.jpg
えらい急角度に見える。
IMG_1221.jpg
日頃から黙々と日銭を稼いでくれるパネル。
IMG_1222.jpg
煙突のてんこちょを外して、ブラシを突っ込んでゴシゴシ。
IMG_1224.jpg
ブラシが突き当たるまで、ゴシゴシ。
IMG_1227.jpg
これをサボると、煙道火災といって大変なことに。

てんこちょは地上に一旦降ろして…
IMG_1232.jpg
徹底的にゴシゴシ。

再び組付けたら、完成。
IMG_1236.jpg
本年の煤の量は、昨年並かな。
IMG_1238.jpg
これすら畑に撒く。肥料になるのか?

ジャムとパンケーキとワイルドベリー。
題名の通り。
IMG_1215.jpg
あ、今年のサクランボのジャムね。

スナック菓子
フィリピン土産。
IMG_1213.jpg
得体が知れず、すっぱしょっぱい。
IMG_1214.jpg
妙に後を引く。

アーティチョーク
生りました。
IMG_1209.jpg
というか、咲く前です。

どうもこのアーティチョークはトゲトゲばかりで…
IMG_1212.jpg
美味くない。というか、食べるところが無い。
IMG_1253.jpg
よって、伐採。

後釜が控えてますから。
IMG_1193.jpg