マスターの酔いどれ紀行
三度の飯より潜るの大好きマスター。ニューヨーク陸ダイバー生活から伊豆の海に帰る。年中潜れる生活って、やっぱ素敵。


Visitors



プロフィール

マスター

Author:マスター
海に浸かってさえいればご機嫌の、筋金入りスクーバダイバー。ロチェスター駐在から帰還し、窒素をたんまり吸ってはニンマリ。日々日記と称しては、好奇心任せに細かいネタを拾い歩く。



Weather in Rochester

Click for Rochester, New York Forecast

[F]から30引いて2で割るとおよそ[℃]



Today's Moon

CURRENT MOON
lunar phases



日本の天気予報っす


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



海のギャラリー

バラクーダ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ギンガメアジ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ミジンベニハゼ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒレナガネジリンボウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ガザミの仲間

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

カミソリウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

キンギョハナダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎岬先端

ニシキフウライウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

スマ

Not avilable

Maldives Filitheyo island

マダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒメイカ

Not avilable

西伊豆大瀬崎大川下

Manta Ray

Not avilable

モルディブ

ハクセンアカホシカクレエビ

Not avilable

西伊豆大瀬崎先端

ハナシャコ

Not avilable

四国柏島

ナマコカクレエビ

Not avilable

マレーシアシパダン島

キアンコウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



戦い済んで日が暮れて
無事下山して、島の真南、尾之間温泉。
IMG_3668.jpg
相当高温の湯船。
洗髪用にシャワーが4つほどなので、順番待ち。

湯あたりには気を付けませう。

そんなこんなの事情があって、安房の花火を宿の部屋から。
IMG_3678.jpg
昼の残りとカップ麺。
あとは、これ、屋久島限定芋焼酎「水ノ森」。
IMG_3679.jpg
ところがどっこい、鹿児島市本社の醸造会社じゃないですか!
いや、驚いた理由は、のちのちお話しすることに。

それはともかく、エージェントN、これに懲りずによろしくね。

縄文杉に会いに行こう~トロッコ道下り後編
小杉谷集落から鉄橋を渡ったところ。
DSC_3552.jpg
この後方に神社があるということだが、そこに立ち寄る余力が既に無い。気持ちは既にバスなのだ。
DSC_3554.jpg
木道がこの区間設置されてなくて枕木剥きだし。これが微妙に間隔が変化するので、歩き難いったら。
DSC_3559_20171117212819474.jpg
おぉ、鉄橋だけど手すり無し。
DSC_3561_20171117212842890.jpg
ここを暗闇の中、ヘッドライト頼りに歩いたのかと思うと。
DSC_3567_20171117212844e22.jpg
しかも傘差してたんだよね、見えないというのは恐ろしいことだ。
DSC_3568_2017111721284588b.jpg
水除けの屋根を潜ったりすれば…
DSC_3569.jpg
朽ちた気動車が放置され…
DSC_3571.jpg
もうゴールが近いと気が付き、慌てて犬釘撮影。
DSC_3573.jpg
インディージョーンズの洞窟トンネル。
DSC_3575_20171117212913a8a.jpg
ここを潜ると…
DSC_3578.jpg
そうか、その手前に鉄橋があったっけ。既に覚えてないし。
DSC_3581_201711172129162b3.jpg
分岐。この左方面が麓の安房方面だが、今だに線路が現役だったとはこの時点では思いもよらず。
DSC_3582_2017111721291720c.jpg
右に折れれば、そのままゴール!
DSC_3585.jpg
これが到底現役とは思えんなぁ。
DSC_3586.jpg
あ、やっぱりピカピカの現役車両が車庫に。
DSC_3592_2017111721294041c.jpg
で、16時のバスに間に合ったぁ!…
DSC_3594.jpg
と思ったら、満席で次発16時半のバスでした。ダメなの?乗せてもらえないの?

あぁ、疲れた!

縄文杉に会いに行こう~トロッコ道下り前編
トロッコ道を行く。
DSC_3486_20171117212522a21.jpg
16時のバスに間に合うかなぁ、とか。
DSC_3489_20171117212524b35.jpg
行きには見えなかった峰々が。
IMG_3654.jpg
ポイントではいちいち引っ掛かる男。
DSC_3492_201711172125494cf.jpg
ここは機関車の方向転換用。
DSC_3493_201711172125502a4.jpg
さ、先を行きましょ。
DSC_3498_20171117212552e13.jpg
簡便な森林鉄道とはいえ、通す努力は相当なものと考えられる。
DSC_3499.jpg
大雨が降れば崩れることもあるし。
DSC_3503_201711172126328f2.jpg
後続のグループをやり過ごし…
DSC_3510_2017111721263454f.jpg
と思ったら、抜きつ抜かれつとなる。
DSC_3514_20171117212635c23.jpg
ショートカット路を探していたら、サルが!
IMG_3659.jpg
群れからはぐれたらしく、キーキー鳴きながらも…
IMG_3661.jpg
目の前のキノコはしっかり食べる。

さて、無事ショートカットして…
DSC_3519_20171117212710339.jpg
ぼちぼち集落跡地エリアかな。
DSC_3520_20171117212712062.jpg
三代杉まで来たので、間違いない。
DSC_3524_20171117212713bcf.jpg
上はみっちり密集。
DSC_3526_20171117212715c89.jpg
集落エリアに入ったとはいえ…
DSC_3528_20171117212716121.jpg
たっぷり30分強歩くと…
DSC_3535_201711172127402d0.jpg
小杉谷集落跡の休憩所。
DSC_3539_20171117212741a50.jpg
小杉谷集落を撤退するときに設置された屋久杉輪切りのモニュメント。
DSC_3541.jpg
小学校跡のカーブを曲がり…
DSC_3543_201711172127446eb.jpg
鉄橋。
DSC_3545.jpg
川原は花崗岩の塊がゴロゴロ。
DSC_3547.jpg
いよいよ最終セッションの枕木エリア。
DSC_3548_20171117212815e78.jpg
あと1時間や。

縄文杉に会いに行こう~山道下る
なんかこの辺で気付いたけど…
DSC_3423_201711172124120c0.jpg
明るくなってきてね?
DSC_3436.jpg
というか、とうとう日が差してきた。
DSC_3440_2017111721241506e.jpg
うわぁ、この状態で縄文杉を見てみたかったものだが、上は雲が掛かってるという状況も変わりはないんだろう。そう思うしかない。

ウィルソン株にも日差しが。
DSC_3442_20171117212416dd6.jpg
株内部の見どころとして、行きに紹介忘れたが、水が湧きだしている。

さすがにこの時間上がってくる人は、上の山小屋泊の人達。
DSC_3454.jpg
もしくはここで引き返す人。

あ、今だ。人が途切れた瞬間。
DSC_3456_20171117212444a39.jpg
2010年9月に折れて倒れた翁杉。
DSC_3467_201711172124450bc.jpg
樹齢2000年以上と言われ、縄文杉に次ぐ幹周を誇っていたらしいのだが。大きな木が倒れたことにより生じたスペースは、既に太陽光を求めた生育競走の場。

この木も行きに紹介しましたね。
DSC_3471.jpg
ということで、山道を下り切りまして…
DSC_3475.jpg
帰ってきた、大株歩道入口。
DSC_3477_201711172125177e4.jpg
やれやれ。
DSC_3479_2017111721251971c.jpg
沢水を汲んで休憩。
DSC_3480.jpg
あとはトロッコ道を残すのみ。それとて、150分要するのだけど。

縄文杉に会いに行こう~下山に掛かる
縄文杉に到着したのは、登山口から5時間ほどの11時半頃だったかと。
帰りのバスには時間制限があるため、以前の船の例もあり、早々の下山開始。
DSC_3387_20171117212248507.jpg
クッキリ晴れる日は少ないんだろな。この苔がそれを証明する。
DSC_3388.jpg
お魚咥えたドラ猫♪…違う。お魚に咥えられたカミさん。
IMG_3652.jpg
帰りはいろんなものを撮る余裕が生じる。
DSC_3398_20171117212313214.jpg
色づいた葉っぱは、下界ではまず見られない。
DSC_3401_20171117212314e57.jpg
接写。
DSC_3404_20171117212343fa2.jpg
株の更新が進行中で、屋久杉と呼ばれるにはこれから1000年掛かる。
DSC_3407_20171117212345cae.jpg
黒く樹脂が多く含まれるため、切り倒されても朽ちずに残る。
DSC_3409_20171117212346328.jpg
この巨木達の用途が建築材というよりは、工芸品だったりするわけで、なんとも複雑な気分になるのだ。

夫婦杉まで戻って来ました。
DSC_3416_20171117212348ec1.jpg
では、宿で手配したおにぎり弁当(3個入り)を。
DSC_3418_20171117212349c61.jpg
いや、私はてっきりおにぎりだけだと思ってたんで、鮭とかフライとかいろいろオカズが入っているとは。ということで、想像以上にボリューミー。
DSC_3421_201711172124104c6.jpg
屋久杉眺めながら、至福の時。

縄文杉に会いに行こう~縄文杉
大王杉のちょっと上からがいよいよ世界自然遺産地域。
DSC_3312_201711172120574be.jpg
そしてまた直ぐのところに夫婦杉。
DSC_3315.jpg
二本の幹が合体してしまうことはよくあることだが、この夫婦杉は手をつなぐかのように、高い位置の枝が合体している。

赤い幹をさらすのは、これがシマサルスベリなんでしょうか?
DSC_3319_201711172121204bb.jpg
こいう時、ガイド付けてないと困ります。

標高が増すに連れて、辺りが白く。
DSC_3322_20171117212122cc2.jpg
それと、ふもとは南国なのだが…
DSC_3324_201711172121265c8.jpg
紅葉も見られるように。
DSC_3325_20171117212126ade.jpg
杉のトンネルを潜り…
DSC_3327.jpg
もはや霧というか、雲の中。
DSC_3333_20171117212153247.jpg
隙あらば太陽光を求めて、タコのような枝ぶりの杉。
DSC_3348_201711172121565a3.jpg
いくつもの沢を渡り…
DSC_3340_201711172121565f7.jpg
いよいよ到着、縄文杉展望デッキ。
DSC_3350_20171117212202f31.jpg
あれです。
DSC_3355_20171117212210bc2.jpg
いや、新しくできたデッキからでは距離があり過ぎてよく見えない。
DSC_3356.jpg
ではということで、下のデッキに移動し、これが縄文杉。
DSC_3360_20171117212244b00.jpg
推定樹齢3000年、幹周16.1m、樹高30mの縄文杉前で撮影。
DSC_3375_201711172122452cd.jpg
ここに来るための鍛練としてグレイシャーに出向き、千畳敷カールにも行った。
IMG_3646.jpg
え、何か認識間違ってる?

あ、少しだけ霧が取れて樹皮の様子も見える、見える。
IMG_3649.jpg
世の中そんなもんです。

縄文杉に会いに行こう~いよいよ世界遺産エリアへ
有名スポットだけあって、大変な人混み。
DSC_3250_20171117211152472.jpg
続々と後続グループに追かれ、道を譲り譲りの道中。

一か月に35日は雨が降るという屋久島。
DSC_3255_20171117211804a42.jpg
コケがたっぷりと水分を含む。
今朝の雨なんてほんの序の口とは、エージェントN。
一体、どんなコンディションで歩いたことがあるんだ?

ま、南の海に2000m級の山が突き出しているわけだから、吹き付けられた湿った空気は雲となる。
DSC_3256_20171117211805e1a.jpg
さて、行程は最大の難関の登り階段。
DSC_3259.jpg
死にそうになりながら、なんとか突破。
DSC_3263_20171117211807c34.jpg
何やら解説してます。
DSC_3268.jpg
その昔、屋久杉は切り倒して一本まるまる運び出していたわけではなく…
DSC_3271_2017111721183301c.jpg
運ぶには巨大過ぎることと、用途が平木という屋根材だったことから、その場で素直に割れるところだけを平木に加工して持ち出していた。
DSC_3272.jpg
そのため、利用価値のない部分はそのまま放置されたが、もともと樹脂が多いため腐らず今に至るまで残っている。
DSC_3277_20171117211836308.jpg
つい最近までこの土埋木をヘリで運び出していたのが現在の屋久杉加工品原材料。

こ、これは平木を取った跡か…
DSC_3279_201711172118386bd.jpg
と写真を見て早合点したが、こりゃ倒木が歩道の邪魔になったんで、切り込んでつけた道だな。

よっこらせっと。
DSC_3281_2017111721183951a.jpg
ご覧のように切り株だらけ。
DSC_3285.jpg
切り株の上に代替わりの杉が生える。

折角登っては下って、また登る。
DSC_3286_201711172120045f6.jpg
み、水を…
DSC_3293_2017111721200535a.jpg
ちなみに国内線はペットボトルの水を持ち込み可能なんですね。今回、初めて知りました。
お陰でウイスキーの屋久島天然水割りを家で楽しめました。
DSC_3296_20171117212006965.jpg
ただ、ご飯焚くには相当な量を持ち帰らないと。
DSC_3298.jpg
ウィルソン株から1時間弱。
DSC_3301_20171117212052ef1.jpg
「これが大王杉かぁ…」と、看板前の杉を見て私。
「大王杉はあっちですよ」と、道挟んだ斜面を指差され…
DSC_3311_2017111721205575b.jpg
かつて縄文杉が発見されるまでは現存最大の屋久杉とされていた大王杉。
DSC_3307_20171117212054ca6.jpg
これをバックにパチリ。

縄文杉に会いに行こう~ウィルソン株へ
大株歩道入口から山道。
DSC_3206_2017111721103963c.jpg
木々は鬱蒼としていて…
DSC_3208.jpg
大きな切り株が目立つ。
DSC_3210_20171117211041c97.jpg
この森は手つかずの森林というわけでなく、江戸以前から伐採されてきた森。
DSC_3211_20171117211043b44.jpg
これも倒れた木の上に育ったんだろな。
DSC_3214_20171117211044e7f.jpg
足元の岩は花崗岩。
DSC_3216_201711172111099d1.jpg
とても大きな長石の四角い結晶が特徴。

えっちらおっちら進む。
DSC_3217.jpg
翁杉。折れてしまったそうだ、最近。
DSC_3220_20171117211114f3d.jpg
真っ直ぐで利用価値の高い木は切られ、ねじ曲がって利用価値の低い木は残った。
DSC_3222.jpg
分岐から50分ほどで到着。
DSC_3247_201711172111509f2.jpg
ウィルソンが雨宿りで洞窟と間違えたウィルソン株。
DSC_3223_2017111721111671b.jpg
中に入れば、上はぽっかり。
DSC_3228_20171117211146ccf.jpg
それがある一点からはこう写る。
DSC_3230_2017111721114720f.jpg
なるほど。

では、お参りして先へ進みましょう。
DSC_3240_20171117211149149.jpg

縄文杉に会いに行こう~大株歩道入口まで
やっぱり、以前書いた通り、徳川家の話になってきましたね。
話が保つわけがない。

さて…
DSC_3161_20171111224134974.jpg
今だ、片道8kmのトロッコ道を行く。
DSC_3162.jpg
いくつもの沢を鉄橋で渡り…
DSC_3168_20171111224137e86.jpg
ま、トロッコ道だからほぼ平坦だから歩きやすいんだけどさ。
DSC_3169_201711112241383f7.jpg
ちょっとガスってきたりする。
DSC_3172_20171111224157170.jpg
ちょっとヨロヨロ。
DSC_3173_2017111122415841c.jpg
まだまだ元気なエージェントN。
DSC_3175_20171111224200e6b.jpg
大きめの鉄橋には手すりが付く。
IMG_3644.jpg
どこまで続くんだ…と思うわな。
DSC_3177.jpg
仁王杉。
DSC_3185_2017111122422037a.jpg
片割れは反対側の谷間に朽ちているよです。

このUターン分岐が見えたらゴールはもうすぐ。
DSC_3189.jpg
登山口からゆうに150分。
DSC_3195_20171111224223814.jpg
大株遊歩道への入口到着。
DSC_3197_201711112242259aa.jpg
沢を渡れば…
DSC_3198_20171111224226297.jpg
トロッコ道の終点は、トイレ。
DSC_3201_20171111224255b62.jpg
実はこの森林鉄道は生きている。
この区間はトイレのメンテに活用されているし、登山道から安房までの区間も発電設備のメンテなどに活用中なのである。安房までまだ鉄路があったとは、帰ってきて初めて知った。

ということで、縄文杉まではあと3km。
気合いを入れ直していざ山道!
DSC_3205_20171111224256b47.jpg

縄文杉に会いに行こう~トロッコ鉄路
小杉谷集落跡から出発。
DSC_3137_201711112240461d4.jpg
ここまでは基本、枕木踏みしめてくる道だけに、足元の暗さも相まって歩き難いことったら。
それを思えばここからは木道敷きのため、歩きやすし。

何とか明るくなってきたんで、歩道脇の様子も紹介できる。
DSC_3143_201711112240498df.jpg
ぼちぼち後続のバス組に追いつかれてるのかな。
DSC_3145_20171111224109129.jpg
まぁ、ひたすらのんびり行きますわぃ。なんせ、全行程22km。
DSC_3150_20171111224111ad9.jpg
若い杉林。ちなみに狭義の屋久杉とは樹齢1000年以上のものを指し、このよな若木を小杉という。
DSC_3151.jpg
最初に出会う有名杉は、この三代杉。
DSC_3153.jpg
朽ちて倒れた巨木の上に二代目が芽を出し巨木になったところを伐採され、現在は巨大な切り株の上に三代目。切り株の穴は初代の丸太が朽ち果てた名残り。

こんだけ杉だらけだと、春先はやっぱり厳しいのかな、花粉。
DSC_3156_201711112241159a5.jpg
ということで、切り株と小杉の林をひたすら進む。
DSC_3158_201711112241329d1.jpg
ちなみに経験豊富なエージェントNに手引きされているためガイドを付けていないが、そこここで他のグループのガイドさんがウンチクを語ってくれるので助かります。

縄文杉に会いに行こう~いざ出発
朝4:15頃の状況。
DSC_3101_20171111223927f61.jpg
レンタカーで屋久杉自然館到着。
入山料とバス代を支払って列に並ぶも、既に賑わっていて、始発4:40分に乗れるのだろか。

乗れた♪
DSC_3103.jpg
30分ほどで荒川登山口到着。
DSC_3105.jpg
恐れていたことに、雨。
ここで装具を整え、朝飯食べる人は食べる。

雨具に傘、頭にはLEDライトといういでたちでいざ出発。
DSC_3109.jpg
噂通り、出発点はトロッコ車庫。
片道前半8kmはこのトロッコ道をひたすら。

出だしはトンネル。というか、洞窟。インディージョーンズか。
DSC_3110_20171111223951610.jpg
ライトの灯りを頼りに、雨が滴る鉄路を辿る。
DSC_3112_20171111223953699.jpg
やがて、辺りは明るくなってきて…
DSC_3114_201711112239544e1.jpg
鉄橋を渡り…
DSC_3118.jpg
分岐を右へ。
DSC_3121_20171111224015d83.jpg
左は行き止まりだが、神社があるらしい。

すると大きな鉄橋があり…
DSC_3123_20171111224016a4d.jpg
ここまで約50分。
DSC_3125_20171111224018917.jpg
渡り切ると、目前の鉄路は大きく左に曲がっている。
DSC_3134_20171111224044bab.jpg
この曲がり角辺りが小杉谷集落跡地。
DSC_3128_20171111224021ad9.jpg
小学校跡。
DSC_3126_20171111224019776.jpg
そもそもトロッコ鉄路は木材切り出しのための森林鉄道跡。小杉谷集落は、木材切り出しの拠点であり、生活の場であったが、木材切り出しを終えるとともに昭和45年に役割を終えた。
DSC_3129_20171111224043a6c.jpg
当時は家々が立ち並んでいたはずだが、既に木々に飲み込まれている。
DSC_3139_20171111224047a9b.jpg
さぁ、先を急ぎます。

縄文杉に会いに行こう~前夜祭
宿は安房。
素泊まりですから食べに出る。
IMG_3623.jpg
とりあえず首折れサバ。
IMG_3630.jpg
カメノテ。
IMG_3627.jpg
方法は色々あるけど、結局ここを分離するのが効率がよい。ただし、とても熱い汁が飛び散るリスクもあり。
IMG_3632.jpg
当たり前だが、甲殻類の味がして美味。

お供は決まってます。
IMG_3624.jpg
芋焼酎のお湯割り。
IMG_3629.jpg
さて、地魚のお寿司。
IMG_3635.jpg
アカバウ、シビ、サバ、タルメ、トビウオ他。クーポンにより、全員二貫づつ増量。

で、結局よくわかんないけど、これがトビウオだということだけは間違い無し。
IMG_3636.jpg
キビナゴの天麩羅が遅れてやってくる。
IMG_3639.jpg
何れにしても深酒は禁物。
明日は4時出発!と厳命下る。

縄文杉に会いに行こう~西部林道
エージェントNは、既に何回も島を訪れているのだが、西部林道に行ったことがなく、楽しみにしていると。
IMG_3566.jpg
ほぼ空振りかと諦めかけたその時…

居るわ、居るわ。
IMG_3582.jpg
島固有種のヤクザル。
IMG_3593.jpg
ちっちゃくて可愛いのだが…
IMG_3603.jpg
ヤクシカこそ、小さい!
IMG_3614.jpg
何が気になるのか?
IMG_3610.jpg
ということで、何とかノルマを果たし、一安心。

ついでに大川の滝を見ていきます。
IMG_3618.jpg
ここのところ雨続きですからね、水量豊富。
IMG_3619.jpg
さ、あとは宿を目指して、島一周。

縄文杉に会いに行こう~アプローチ編
ファイナルアプローチ。
IMG_3549.jpg
到着しました、屋久島。大阪は晴れだったのに、天気予報通り、屋久島は雨。
IMG_3551.jpg
屋久島空港の看板は、こないだの台風で「屋」が飛んでしまって「久島空港」。
IMG_3552.jpg
しまった、写真撮っとくんだった。
帰りに撮ればいいやと思ったのだが、事件が起こるから憶えといて。

先に送り込んだエージェントNがレンタカーを借り出しておいてくれてるんで、そいつに乗って島を左回りに。
屋久島灯台。
IMG_3553.jpg
思ったより目の前まで車で寄れるが、思ったより雨は本降り。というか、土砂降り。
IMG_3555.jpg
撮ってこいとはご無体な。
あっという間に靴下まで濡れて、気持ち悪いことこの上なし。

本番へファイナルアプローチ
伊丹の滑走路から…
IMG_3524.jpg
飛び立ち…
IMG_3525.jpg
明石海峡大橋。
IMG_3530.jpg
着いたのは鹿児島空港。
IMG_3533.jpg
新型エンブラエル190は至極快適。
IMG_3534.jpg
鹿児島空港待合には畳敷きスペースもあり。外には足湯もあるという。
IMG_3540.jpg
あれはJACの退役間近ボンバルディアDHC-8-Q400とサーブ340B。
IMG_3535.jpg
今回乗るのはボンバルディア。
IMG_3541.jpg
塗装なんかボロボロで、そもそも鶴に塗り替えてももらえてない。
IMG_3544.jpg
だが、内部は意外なほどに広い。

さて、離陸して向かうのは…
IMG_3546.jpg
トレッキングの本番、屋久島だぁ!全てはこの旅のためにあった。
IMG_3538.jpg
ところで、新型ATRは現行ボンバルディアより座席数が減るなんて、今後ますますチケット取り難くなるのか?


初空港
やって来ました、伊丹は北ウィング。
IMG_3495.jpg
関空があるくせになかなか繁盛しているよです。
IMG_3497.jpg
チェックインして探します、ウドン立ち食いか、たこ焼き店。大阪ですから。
IMG_3499.jpg
ないの?

使えんなぁ…と、屋上の展望デッキ。
IMG_3500.jpg
南ウィングは、鶴じゃない方の住処。
IMG_3501.jpg
繁盛してるどころか、建て替えリビルド中。
IMG_3506.jpg
ん?インターナショナル?ドメスティック空港では?
IMG_3507.jpg
オーライ!オーライ!はい、ストップ!
IMG_3511.jpg
わらわら。
IMG_3519.jpg
保安検査通って、たこ焼き発見!
IMG_3521.jpg
ま、食べませんけどね、結局。

TMS
祭りですから、台風目前ながら来てしまったわけで、帰りは?
IMG_3489.jpg
ま、気にせず、気にせず。

今回、最大の問題は…
IMG_3402.jpg
「え~、これ可愛い♪」
IMG_3473.jpg
言われているのは、ことごとく旧車オリジナルというところか。

そんな中、注目すべきは、日本の風景を変えるこちら。
IMG_3406.jpg
そして…
IMG_3452.jpg
とうとうエンジンまで作るかぁ。
IMG_3456.jpg
さて、唯一ブレないのがこちら。
完全にデザイン博と位置づけている。
IMG_3492.jpg
やっぱり赤だろ。
IMG_3494.jpg
それはともかく楽しみにしていたこちら。
IMG_3488.jpg
う~む、このクオリティかぁ…赤じゃないし。

そうだよなぁ、ミニカーだもんなぁ。

薪生活:本年の火入れ
連日雨続きの21℃、湿度80%。
IMG_3392.jpg
焚いてみたら28℃まで上がるものの、湿度は70%までしか下がらない。

寝苦しいことこの上なし。

ダイコン畑の真ん中でイタリアン会食
やって来ました、バスと徒歩(5分)。
IMG_3361.jpg
全てはこれのため。
IMG_3362.jpg
本日のアミューズは、自家製ハムとイタリア産生ハム。
IMG_3364.jpg
ハタのエスカベッシュ、バターナッツのパンナコッタ他。
IMG_3369.jpg
えぇ、本日は会食なんですが…
IMG_3367.jpg
飲むためにはバスでやってきたというわけ。

オーロラサーモン。
IMG_3374.jpg
この辺りで白を飲んでる。

手打ちキタッラ、ジュノベーゼ。
IMG_3376.jpg
オマールエビのパンチェッタロール。
IMG_3380.jpg
というところで、白が尽き、赤はボルドーの2007年。
IMG_3383.jpg
口直しのシャーベット。
IMG_3385.jpg
メインは静岡産の和牛。
IMG_3386.jpg
ここでデザート、洋ナシのコンポートとフランジパンヌのタルト仕立て。
IMG_3390.jpg
で、エスプレッソで締め。
IMG_3391.jpg
お疲れさまでした、ペコリ。

アケビ
庭の収穫。
IMG_3360.jpg
種無しアケビは開発されないのだろうか。

と思ったら、山形辺りで鋭意取り組み中のよです。