FC2ブログ
マスターの酔いどれ紀行
三度の飯より潜るの大好きマスター。ニューヨーク陸ダイバー生活から伊豆の海に帰る。年中潜れる生活って、やっぱ素敵。


Visitors



プロフィール

マスター

Author:マスター
海に浸かってさえいればご機嫌の、筋金入りスクーバダイバー。ロチェスター駐在から帰還し、窒素をたんまり吸ってはニンマリ。日々日記と称しては、好奇心任せに細かいネタを拾い歩く。



Weather in Rochester

Click for Rochester, New York Forecast

[F]から30引いて2で割るとおよそ[℃]



Today's Moon

CURRENT MOON
lunar phases



日本の天気予報っす


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



海のギャラリー

バラクーダ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ギンガメアジ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ミジンベニハゼ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒレナガネジリンボウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ガザミの仲間

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

カミソリウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

キンギョハナダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎岬先端

ニシキフウライウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

スマ

Not avilable

Maldives Filitheyo island

マダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒメイカ

Not avilable

西伊豆大瀬崎大川下

Manta Ray

Not avilable

モルディブ

ハクセンアカホシカクレエビ

Not avilable

西伊豆大瀬崎先端

ハナシャコ

Not avilable

四国柏島

ナマコカクレエビ

Not avilable

マレーシアシパダン島

キアンコウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



悠久の大地~白亜の聖廟その1
牛は…
IMG_4691.jpg
野良牛というわけじゃなくて、飼い牛なんですかね。

高速道路をぶっ飛ばし、3時間半ほどでしたか。
IMG_4692.jpg
東門駐車場から、電気バスに乗り換え。
IMG_4696.jpg
世界遺産区域はマイカー禁止なようで、ネイチャウォーク路。実はこの段階でよく見ていると、お目当てのものとファーストコンタクト。いや、しかし、空気の透明度、否、PM2.5濃度にもよる。
IMG_4700.jpg
ぞろぞろと、うちも歩いても良かったなぁ。
IMG_4701.jpg
で、どん詰まりの北側に判り難いけどチケット売り場。
IMG_4708.jpg
外国人向けチケットは現地向け用の価格の10倍!
IMG_4710.jpg
ただ、おまけにペットボトルの水を貰える。
ま、仕方ありません。

ホテルのお湯が出ないことくらい、何のその。
相当なことがあっても動じない、ワカチコ、ワカチコ。

悠久の大地~高速料金所の鳥達
料金所待ちの車列には鳥達がたむろする。
IMG_4676.jpg
なぜだ?

観察によれば、ホイールハウスの裏や車体下にこびりついた何かを突いている。
IMG_4678.jpg
道路にこぼれ落ちた実が泥と一緒にこびりついて、頭の良い給餌方法なのだろか?謎だ。

悠久の大地~高速道を行けば
朝日が昇る。
IMG_4656.jpg
ピーク時よりは随分マシになったとはいえ、霞む大気。

これもその一因であろう。
IMG_4666.jpg
煉瓦焼きの煙突が林立。
IMG_4667.jpg
煙突一本当たり一日数トンの石炭が燃料に消費されているというから、途方もないことです。ましてや、排煙処理設備なんてあるわけない。

さて、そんなことはともかく、この国にもサービスエリアなんてものがある。
IMG_4661.jpg
別棟のキャッシャーでオーダーして、レシートをこちらへ。
IMG_4664.jpg
そりゃ、チャイですよね。
IMG_4665.jpg
ところで、も一つこの国で感じたのは…
なんでもコンクリで作るなぁ、と。
IMG_4679.jpg
これ、植木鉢。

悠久の大地~渋滞の原因
大型トラックがノロノロと渋滞の原因となってますが、その前方。
IMG_4634.jpg
山羊達とあっては致し方ありません。
IMG_4636.jpg
牛でないだけマシか。

悠久の大地~似て非なるもの
時間が無いので、勝手がわかりそうなこちらへ。
IMG_4627.jpg
あまりにも寂しい入口のため、これは裏口かなって、逆サイドに回り込むと…
IMG_4628.jpg
ひとっこひとり居ない廃墟。右の正面入り口は閉鎖中。
IMG_4629.jpg
もしも~し。
IMG_4630.jpg
手塗り感満載。
IMG_4631.jpg
で…
IMG_4632.jpg
やっぱりスパイシー。

現金ないとこで、カードが切れなくて往生しました。

悠久の大地~エッグロール
空が青く、緑が多いことに驚く。
IMG_4591.jpg
いちいち驚かなくてもいいんだが、やっぱり驚くというか、興味津々。
IMG_4603.jpg
葡萄ですかね。
IMG_4605.jpg
この光景に高層ビル。
IMG_4608.jpg
青空に驚いたというのは…
IMG_4610.jpg
あまりに野焼きが酷いから。
IMG_4613.jpg
ま、それはともかく、人気店のこちら。
IMG_4614.jpg
米国以上にケバいケーキのスイーツ屋。
IMG_4615.jpg
各種取り揃えですが…
IMG_4617.jpg
ゆで卵インのエッグロールを。
IMG_4622.jpg


悠久の大地~スーパーブラッドムーン
花の色も目に鮮やかだが…
IMG_4557.jpg
到着するころにはすっかり日暮れ。
IMG_4559.jpg
繁華街…
IMG_4563.jpg
近くのホテル。
IMG_4568.jpg
シーツが白いというだけで驚くわけです。
IMG_4576.jpg
それはそうと、フロント前で「あれだ、あれだ!見てみろ。」
IMG_4582.jpg
そんなことらしきことを現地語で言われて見てみれば、月食。
IMG_4583.jpg
そいうことらしいですよ。
IMG_4590.jpg


悠久の大地~朝からあれこれ
どうやら満月が近いようで…
IMG_4546.jpg
関係ないとは思うが、なぜか屋上に犬が。
IMG_4549.jpg
それはともかく…
IMG_4554.jpg
カレーですよね。
IMG_4552.jpg


最新鋭機
慌ただしく旅立ちますが…
IMG_4535.jpg
787ですね。
IMG_4536.jpg
ブレードランナー新旧を見てしまいましたが…
IMG_4538.jpg
そんなことはどうでもよく。

残念ながら窓のエレクトロクロミックシェード(液晶ではなさそう)を試す機会は無かったものの、足元ゆったりの席が当たり…
IMG_5433.jpg
そして何よりクールジャパン。
IMG_4539.jpg


新蕎麦祭り
かみさんには止められたが、また来てしまった。
IMG_4493.jpg
う~む。
IMG_4495.jpg
どの店のにしようかと…
IMG_4496.jpg
思ったが、暫し冷静に観察。
IMG_4498.jpg
既に終わってるし。受付終了は百歩譲って理解しよう。
IMG_4499.jpg
結局これは峠のやつかな。
IMG_4503.jpg
う~ん。
IMG_4502.jpg
では、こちらで。
IMG_4504.jpg
う~ん。
IMG_4506.jpg
なんだろうか、何かが物足りない。

ということで、鉄道博物館跡を偵察したら、吊橋跡を通り…
IMG_4507.jpg
仮設橋を渡って帰ります。
IMG_4512.jpg
やはり、こっち経由の方が早い気がする。

MRJミュージアム
MRJミュージアムは事前予約制。
え?
もちろん予約しましたとも。

さて、指定時間にあいち航空ミュージアムに向かうが…
IMG_4483.jpg
下のハンガーに何かあるわけでも何でもなく…

そのままバスで…
IMG_4485.jpg
別棟のハンガーへご案内。
DSC_4100s.jpg
出来立てほやほやのMRJとご対面。

…んなわけはなく、シアトルのエバレット工場と同じで撮影は一切お断り。
DSC_4098s_20180215232644641.jpg
ま、でも、世界でも貴重な公開されてる旅客機製造工場三つのうち、二つ目をクリア。
い、いや、まだここは旅客機になる予定の飛行機製造工場か。
ある意味、貴重な体験。

頑張れ。

あいち航空ミュージアム
空港ターミナルビルがショッピングモールになったとな。
IMG_4467.jpg
さらに航空機博物館ができとな。
行ってみなくてはなりませぬ。
DSC_4050.jpg
格納庫チックな建屋の二階から入場。
DSC_4049_201802111152162c9.jpg
戦後初の国産旅客機YS-11。
DSC_4051.jpg
さて、二階の展示は…
DSC_4053.jpg
模型を見ても仕方ない。
DSC_4056_2018021111524230b.jpg
そそくさと一階へ。
DSC_4057_20180211115243362.jpg
比較的新し目に見えるヘリがバラバラ。
DSC_4086_20180211115345e1c.jpg
各種試験用プローブを装着したヘリ。
DSC_4058_201802111152456cf.jpg
さっきも見ました三菱MU-2。
DSC_4069_20180211115308cf0.jpg
YS-11は非常に良好な状態で…
DSC_4060.jpg
つい最近まで飛行していたものと推測。
DSC_4063_2018021111530604e.jpg
こないだは、この赤線上の座席だったわけで…Dangerって。
IMG_4481.jpg
いいなぁ、どうしたら免許取れるかなぁ。
IMG_4470.jpg
やっぱり、そっち側に居たい人である。

三菱がMU-2の後継として注力したMU-300。
DSC_4074.jpg
商売的に全く成立せず、米社に権利一切合切を売却。
それが現在のホーカー400だったりするわけで、設計的には成功だったのかと。

三菱零式艦上戦闘機。
DSC_4076_20180211115339f3c.jpg
ん?ん?この機体は…?調べよう、調べようとして今に至る。
DSC_4080_20180211115341661.jpg
昔のお写真。
DSC_4082_20180211115342e23.jpg
国際線ターミナルがそのままショッピングモールに、エプロンが駐車場になっていることがよく判る。
DSC_4083_20180211115344b65.jpg
まだまだ展示スペースには余裕があり、今後も収蔵機が増えるのだろうけど、日本でジャンボの展示はやっぱり無理かぁ。
DSC_4091_2018021111540873c.jpg
展望デッキに…
IMG_4475.jpg
お子様職業体験コーナー。
IMG_4478.jpg
大人も部もあるそうですよ。

元国際線ターミナルビルかと思えば、感慨も一入。
IMG_4482.jpg
ところで、同時にMRJミュージアム開館とな。え、事前予約が必要とな?

名古屋麺
きしめん。
IMG_4463.jpg
味噌煮込みうどんの二大巨頭。
IMG_4465.jpg
い、いや、このあとモールで食べればお安くあがったのでは。
ま、ただ、それじゃ名古屋感はないよねぇ。

飛行機公園
最近、名古屋が航空機展示で熱い。

いや、その前に随分前から飛行機公園が存在していた。行かねば、忘れてた。
IMG_4462.jpg
県営名古屋空港に隣接する公園。
IMG_4461.jpg
デイキャンプなんかで賑わってるよです。

三菱MU-2A。
DSC_4040.jpg
多目的ビジネス機として、それなりの成功を収めた(オイルショックとか外乱がね)。
DSC_4039_20180211115037981.jpg
あとは、直列エンジンと…
DSC_4041.jpg
星形エンジンの展示。
DSC_4042_20180211115041464.jpg
玉子型の川崎ヒューズ369HS。
DSC_4045_20180211115043bc6.jpg
かつて名古屋空港内にあった航空宇宙館の展示を引き継いでるそうで。
DSC_4048.jpg
展望デッキからは、空中給油機とか…
IMG_4441.jpg
輸送機が。
IMG_4446.jpg
あれは…
IMG_4448.jpg
小牧城。というか、歴史館ね。

はるかに木曽山脈。
IMG_4449.jpg
名古屋国際空港転じて県営名古屋飛行場は、若干の国内便と小型機の住処。
IMG_4450.jpg
かみさんは、シミュレータに興じる。
IMG_4459.jpg
お、お、お、おちるぅ~!

土産あれこれ
天草銘菓「赤巻き」って、なんでしょうか。

といいつつ、購入したのは「おれんじ巻」。
IMG_4488.jpg
牛皮に包まれたタルト。
IMG_4491.jpg
言ってしまえばそれまでで、予想通りの味。
既に直売所の試食品で赤巻きお試し済み。

天草唯一の醸造所の焼酎。
IMG_4516.jpg
ちょっといま焼酎が溢れかえってますね。

で、天草行っている間に入れ違いとなってしまったSRママより頂きました。
IMG_4439.jpg
ヤマソーヴィニオン赤。
仏のソーヴィニヨン種と日本の山葡萄を掛け合わせた交配種。

甘めで美味しく頂きました。ありがとございます。

伝真田丸跡
大阪城から南へ尾根筋が続いてまして、この坂を登った辺りが例の真田丸だったと伝えられる。
DSC_8560.jpg
いやぁ、なかなか探してるのは苦労しました。徒歩、かつスマホ無しでは。

幾つか寺が並び、当時の地図と合致してるとテレビの人が言ってました。
DSC_8558_201801202032196bf.jpg
大阪城方面はあちら。現在はビルが立ち並んでるんで、天守は見えない。
DSC_8564_20180120203222e02.jpg
大阪冬の陣で真田信繁はここで奮戦し…
DSC_8557.jpg
夏の陣の野戦で果てたのでした。(ナレーション調でお願いします)

あぁ~、2年越しで気が済んだ。

大阪城
南側からアプローチします。
DSC_8533_20180120203126a2e.jpg
南北に延びる高台の上に築かれているのがよく判る。
結構な高低差だよ、これ。

ふ~、到着。
DSC_8536.jpg
推定130トンの蛸石。
DSC_8537_201801202031292e4.jpg
こんなものを瀬戸内から運んできたんだから。

でも見てみたかったのは、旧第四師団司令部。
DSC_8539_20180120203152a84.jpg
現在は商業施設としてオープンされてるから、内部見学可。
DSC_8553_201801202031587b5.jpg
なかなかの建造物です。
DSC_8554.jpg
ま、ついでのついでですから、こっちも見ときますか。
DSC_8540_20180120203153896.jpg
さて、この大阪城を築いたのは誰か。
DSC_8545.jpg
秀吉をどうしてもイメージしてしまうが…

現在の天守は昭和初期の復興天守だから論外として(昭和初期のコンクリ建築も貴重とは思う)…
DSC_8551.jpg
石垣等々残る遺構は、徳川幕府によるもの。秀吉時代の遺構は徹底的に破壊して埋めてしまって、その上にさらにデッカく作ったというんだから、どんだけ敵視してたんだ、って話。

ただ、まぁ、今回立ち寄ってみたかったのは、ここじゃなくて、この南側にあるということで。

万博公園前で昼食を
好むと好まざるとによらず、公園前のモールに駐車してしまいました。

ということで、こちらに一旦並んだのですが…
IMG_4433.jpg
意外にも、隣のこっちが早かった。
IMG_4434.jpg
そりゃ、豚玉と…
IMG_4435.jpg
ネギ焼き。
IMG_4436.jpg
ま、大阪ですから、どちらかと言えば、こちらが正しかったかと。

ただ、残念です。折角お勧めされてたのに。

夢と希望とパッション
うぉぉ…とりあえず入るだけで入場料かぁ。
仕方ないなぁ。
IMG_4430.jpg
今日はこれだ!
DSC_8497.jpg
戦後高度成長期のイケイケドンドンの時代。
DSC_8499.jpg
誰がCO2の排出量を気にする必要があったろうか。
DSC_8500_20180120203003113.jpg
アポロ以来、それ以上遠くに人類は行くことができていない。(無人カメラは行ってるけど)
DSC_8501_2018012020300549c.jpg
今なら絶対許されない、ろくすっぽ安全設計もなされていない(※現代目線で言えば)ロケット機でマッハ6で飛んでた時代。

人類の夢はあるか、今。
DSC_8502_2018012020300592c.jpg
ネット?そんなものはどうでもよい。
DSC_8506.jpg
ということで、せっかく主義でかつての鉄鋼館。
DSC_8505.jpg
現在はEXPO'70パビリオン。
DSC_8509_201801202030284ad.jpg
かつての熱気が!
DSC_8511.jpg
かつての太陽の塔辺りの会場は屋根付きのお祭り広場だった。
DSC_8507_2018012020302788b.jpg
見たことあるはずなのだが…
DSC_8513_20180120203031ac9.jpg
アメリカ館しか覚えがないや。(あるんかい!)
DSC_8520.jpg
屋根が一部だけ残っている。というか、フリマに入場料って?そもそもこの公園入るのに入場料払ってるのに?
DSC_8528_20180120203055768.jpg
よく判らない。

人類の歴史は黒太陽なのかもしれない。
DSC_8530_201801202030563e2.jpg
ということで、暫くするとリニューアルなった太陽の塔、内部公開するんですね。
DSC_8532.jpg
来るのが早過ぎました。

中央構造線フライト
熊本空港。
IMG_4391.jpg
取り立てて何もなく、いつもの通り過ごす。
IMG_4393.jpg
搭乗機がやってきました。
IMG_4395.jpg
Y→X
IMG_4396.jpg
お疲れ様です。
IMG_4398.jpg
離陸。
IMG_4402.jpg
阿蘇カルデラ。
IMG_4412.jpg
佐多岬。
IMG_4415.jpg
松山と沖合の島。
IMG_4416.jpg
四国の中央構造線沿いに飛び…
IMG_4419.jpg
関空。
IMG_4420.jpg
大塚山古墳。
IMG_4421.jpg
アベノハルカス。
IMG_4422.jpg
大阪城。
IMG_4425.jpg
大阪。
IMG_4426.jpg
新大阪。
IMG_4428.jpg
という経路でした。
これが観察できるほど高度が高くなかったということでしょうか。