マスターの酔いどれ紀行
三度の飯より潜るの大好きマスター。ニューヨーク陸ダイバー生活から伊豆の海に帰る。年中潜れる生活って、やっぱ素敵。


Visitors



プロフィール

マスター

Author:マスター
海に浸かってさえいればご機嫌の、筋金入りスクーバダイバー。ロチェスター駐在から帰還し、窒素をたんまり吸ってはニンマリ。日々日記と称しては、好奇心任せに細かいネタを拾い歩く。



Weather in Rochester

Click for Rochester, New York Forecast

[F]から30引いて2で割るとおよそ[℃]



Today's Moon

CURRENT MOON
lunar phases



日本の天気予報っす


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



海のギャラリー

バラクーダ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ギンガメアジ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ミジンベニハゼ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒレナガネジリンボウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ガザミの仲間

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

カミソリウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

キンギョハナダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎岬先端

ニシキフウライウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

スマ

Not avilable

Maldives Filitheyo island

マダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒメイカ

Not avilable

西伊豆大瀬崎大川下

Manta Ray

Not avilable

モルディブ

ハクセンアカホシカクレエビ

Not avilable

西伊豆大瀬崎先端

ハナシャコ

Not avilable

四国柏島

ナマコカクレエビ

Not avilable

マレーシアシパダン島

キアンコウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



怒涛のSL
SLの汽笛の音をキャンプ場からも確認。
そろそろチェックアウトの時間。

そのまま帰るというのもなんなんで、奥へ向かう。

千頭駅。
駐車場から走るもご出発後。
やばい、SLが金谷に向けて出発してしまう。

と思ったら、帰ってきた。
姿が再び見えてダッシュ!
その昔、帰路はSLがバックで運転していったと記憶しているが、見栄えが悪いのと、この機関車はバックが不得意な関係?
あぁ、転車ね。
ま、ともかく、サンフランシスコ以来の人力方向転換。
相当真剣に押す。
そして再び出て行ったかと思えば帰ってきて…
テンダーの切り欠きは後方視界確保のため。
客車連結。
バックオーライ。
これが毎週繰り広げられるわけですね。
次の場所へ移動しようかと…
さぁ、これで終わりかと思いきや…
入場料でもっと近くで見れるのかな?
三度出ていく。
あれお客載せないんだ。
と思ったら、客車ごとホームの入れ替え。
ロートルな電気機関車に引っ張られ。
おかげで間近で眺めることができた。
トーマス機関車には一切興味無く。
この個体、昭和11年三菱重工製。戦時中はタイに供出され、その後タイ国鉄で活躍した後、1979年帰国。
黒光りでしょ、やぱ。
寿命が来たボイラーを交換するなどの大改修を経て現在に至る。
そのうち0系新幹線の復活運転ってのも。
クロガネのパワートレインはいまだ健在。
ボイラー技術ってこうやって完成された。
ってことで、出発準備完了って。
次は乗車券をぜひに。


コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック