マスターの酔いどれ紀行
三度の飯より潜るの大好きマスター。ニューヨーク陸ダイバー生活から伊豆の海に帰る。年中潜れる生活って、やっぱ素敵。


Visitors



プロフィール

マスター

Author:マスター
海に浸かってさえいればご機嫌の、筋金入りスクーバダイバー。ロチェスター駐在から帰還し、窒素をたんまり吸ってはニンマリ。日々日記と称しては、好奇心任せに細かいネタを拾い歩く。



Weather in Rochester

Click for Rochester, New York Forecast

[F]から30引いて2で割るとおよそ[℃]



Today's Moon

CURRENT MOON
lunar phases



日本の天気予報っす


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



海のギャラリー

バラクーダ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ギンガメアジ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ミジンベニハゼ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒレナガネジリンボウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ガザミの仲間

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

カミソリウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

キンギョハナダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎岬先端

ニシキフウライウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

スマ

Not avilable

Maldives Filitheyo island

マダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒメイカ

Not avilable

西伊豆大瀬崎大川下

Manta Ray

Not avilable

モルディブ

ハクセンアカホシカクレエビ

Not avilable

西伊豆大瀬崎先端

ハナシャコ

Not avilable

四国柏島

ナマコカクレエビ

Not avilable

マレーシアシパダン島

キアンコウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



濱松市上水道浄水場その3
ポンプ室、下段のポンプ達は高台のご家庭にに送水する用…
DSC_3114_201604172101350f7.jpg
は、真ん中の列、四基のみ。
メンテナンスや故障時の予備を考えると、常時四基が動いていたとは思えない。

じゃ、残りのデカいやつらは何かといえば…
DSC_3063_201604172059023ad.jpg
消防用の非常時用だそうで。

送水用モータの出力はそれこそ車のエンジン一台分程度だから、その程度のエネルギーで広域のご家庭に水が行き渡るって、すごい。如何に自動車って莫大なエネルギーを消費しているかがわかるというもの。家庭の消費電力を平均1kW程度と考えれば、自動車1台はその数十倍ですからね。
DSC_3068_20160417205903bed.jpg
そいうことより…
DSC_3069_2016041720590581b.jpg
産業遺構として、国の登録有形文化財に指定。
DSC_3072_2016041720590620f.jpg
昭和6年に通水式というから…
DSC_3078_20160417205933055.jpg
80年近くたっているわけ。
DSC_3080_20160417205935727.jpg
昭和40年代に当初の役割を終えたそうだから…
DSC_3110_201604172100560bd.jpg
40年もこのまま置いておかれたというべきか、40年しか活躍しなかったというべきか…
DSC_3112.jpg
ま、とにかく、このようにそのまんまの姿を現在見学できる。
DSC_3119.jpg
そうすると、発電所のタービンってどんな大きさだ?との思いが馳せる。
DSC_3127_201604172101383fe.jpg
「このイチジクみたいなの、何さ?」
DSC_3128.jpg
ポンプに空気が入ってると送水できないんで、空気抜きだね。

で、本日はカルテットの演奏付き。
P1090006.jpg
ちなみにツアーでなくとも、自由に見学可能でした。ただ、この公開自体、数年ぶりらしいが。
DSC_3134.jpg
博物館として一般公開は…
P1090008.jpg
維持費も掛かるんで、無理でしょうなぁ…
さもなきゃ、上水道カフェとか…

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック