マスターの酔いどれ紀行
三度の飯より潜るの大好きマスター。ニューヨーク陸ダイバー生活から伊豆の海に帰る。年中潜れる生活って、やっぱ素敵。


Visitors



プロフィール

マスター

Author:マスター
海に浸かってさえいればご機嫌の、筋金入りスクーバダイバー。ロチェスター駐在から帰還し、窒素をたんまり吸ってはニンマリ。日々日記と称しては、好奇心任せに細かいネタを拾い歩く。



Weather in Rochester

Click for Rochester, New York Forecast

[F]から30引いて2で割るとおよそ[℃]



Today's Moon

CURRENT MOON
lunar phases



日本の天気予報っす


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



海のギャラリー

バラクーダ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ギンガメアジ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ミジンベニハゼ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒレナガネジリンボウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ガザミの仲間

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

カミソリウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

キンギョハナダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎岬先端

ニシキフウライウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

スマ

Not avilable

Maldives Filitheyo island

マダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒメイカ

Not avilable

西伊豆大瀬崎大川下

Manta Ray

Not avilable

モルディブ

ハクセンアカホシカクレエビ

Not avilable

西伊豆大瀬崎先端

ハナシャコ

Not avilable

四国柏島

ナマコカクレエビ

Not avilable

マレーシアシパダン島

キアンコウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



Solとシエスタ~カサ・バトリョ
スーパーから買い物袋ぶら下げて、例の銀座の大通り。
DSC_6276_20160903210716c8f.jpg
その大通り沿いにちょいと行けば…
DSC_6278_20160903210718048.jpg
ん?壁に縛り付けられた熊?
DSC_6282_20160903210739e8e.jpg
これって、カダファルクが手掛けたカサ・アマトリェール?

なぜなら、隣がガウディのカサ・バドリョだから。
DSC_6284_2016090321074116d.jpg
結構な入場料だけど、カサ・ミラよりこっちのツアーが面白そうかと。

まずは入口で、音声ガイドとモニタ端末を受け取る。
DSC_6290.jpg
モニタ見て3D体験しながら見学できるという趣向。
DSC_6291_20160903210744ef5.jpg
ポケモンGoもこんな体験なんでしょうか。
ちなみにスペインでは、この時点でスマホ持ってウロウロしてる人は見かけない。
DSC_6294_2016090321074518c.jpg
ただ、やっぱり現場に来てるんだから、自分の目で見なくちゃ意味無いじゃんねぇ。

といいつつ、昨夜、壊れた魚眼レンズを分解調査していて、あまりに細かいものが見えなくて嫌になったけど。あぁ、歳取った。

あ、失礼!
ウロウロしてる人達、ここに居ます。
DSC_6298.jpg
基本的にはマンションだが、バトリョ家専用のバルコニー。
DSC_6296_2016090321080390b.jpg
上階の店子さん達は指を加えて眺めるのみ。
DSC_6304_20160903210806afc.jpg
そんな目を気にしてか、当時は目隠しのアーチがあったと。
DSC_6313.jpg
暖炉スペースは、狭くて居心地よさそうだが…
DSC_6316.jpg
火の番が居たということなのか?狭いとこが好きだったのかという疑問に対する答えは無かった。

ガウディの仕事としては、デザインと細かい指示があるものの、詳細部品設計図まで落とし込まれているわけではないので、現場の棟梁の技量が問われる。というか、ガウディのデザインについていく棟梁が居たということが凄い。よほど信望に篤かったのだろう。
DSC_6324_2016090321082618c.jpg
で、全体のテーマは海中ってことらしんですが…
DSC_6335.jpg
壁のタイルが上に行くほど蒼さが濃くなる。
DSC_6339.jpg
どんどん上に行って…
DSC_6341_20160903210831e3e.jpg
次回に続く。

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック