マスターの酔いどれ紀行
三度の飯より潜るの大好きマスター。ニューヨーク陸ダイバー生活から伊豆の海に帰る。年中潜れる生活って、やっぱ素敵。


Visitors



プロフィール

マスター

Author:マスター
海に浸かってさえいればご機嫌の、筋金入りスクーバダイバー。ロチェスター駐在から帰還し、窒素をたんまり吸ってはニンマリ。日々日記と称しては、好奇心任せに細かいネタを拾い歩く。



Weather in Rochester

Click for Rochester, New York Forecast

[F]から30引いて2で割るとおよそ[℃]



Today's Moon

CURRENT MOON
lunar phases



日本の天気予報っす


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



海のギャラリー

バラクーダ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ギンガメアジ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ミジンベニハゼ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒレナガネジリンボウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ガザミの仲間

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

カミソリウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

キンギョハナダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎岬先端

ニシキフウライウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

スマ

Not avilable

Maldives Filitheyo island

マダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒメイカ

Not avilable

西伊豆大瀬崎大川下

Manta Ray

Not avilable

モルディブ

ハクセンアカホシカクレエビ

Not avilable

西伊豆大瀬崎先端

ハナシャコ

Not avilable

四国柏島

ナマコカクレエビ

Not avilable

マレーシアシパダン島

キアンコウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



産業博物館~織機編
冷たい雨が降る。
P1110461.jpg
雪でないだけマシ。

ピッタリ開館5分前ですが…
DSC_8566.jpg
子供たちが一杯。
DSC_8567.jpg
かと言って、環状織機に興味があるわけでもなさそう。
DSC_8569.jpg
織機の歴史を見学してるのは大人ばかり。

綿から糸を紡ぐこの機械、既に自動化されている。しかも、現役だったりする。
DSC_8571.jpg
も少し近代的なやつを見てみましょう。
DSC_8572.jpg
圧縮され、鉄のベルトで縛り上げられた状態で運ばれてくる綿。

機械に投入し…
DSC_8573.jpg
叩いて…
DSC_8574_20170207230655e12.jpg
ほぐして…
DSC_8575.jpg
くしけずる。
DSC_8577_201702072307562c9.jpg
キレイになった繊維が入った管6本からそれを撚って、1本の糸にする。
DSC_8581.jpg
壮観な眺め。
DSC_8583.jpg
紡績できたところで、次は織機の歴史。
DSC_8585_20170207230801530.jpg
横糸シャトルを手で送っていたところから…
DSC_8586_20170207230802862.jpg
動力織機に発展。
DSC_8589_201702072308230b6.jpg
糸切れ自動検出やシャトル自動交換の工夫。
DSC_8592.jpg
これらがガチャマン景気を支えたわけ。
DSC_8594.jpg
現代のジャガード織機。
DSC_8596.jpg
シャトル往復の高速化は質量が邪魔になり、ウォータージェットであり、エアジェットの時代。

そんな織機の製造技術、木工であり鋳造・鍛造技術がこんな形にも利用された例。
DSC_8602_201702072308296de.jpg
プロペラと、DB601のピストン。
そこは端折って、次の展開へゴー。

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック