fc2ブログ
マスターの酔いどれ紀行
三度の飯より潜るの大好きマスター。ニューヨーク陸ダイバー生活から伊豆の海に帰る。年中潜れる生活って、やっぱ素敵。


Visitors



プロフィール

マスター

Author:マスター
海に浸かってさえいればご機嫌の、筋金入りスクーバダイバー。ロチェスター駐在から帰還し、窒素をたんまり吸ってはニンマリ。日々日記と称しては、好奇心任せに細かいネタを拾い歩く。



Weather in Rochester

Click for Rochester, New York Forecast

[F]から30引いて2で割るとおよそ[℃]



Today's Moon

CURRENT MOON
lunar phases



日本の天気予報っす


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



海のギャラリー

バラクーダ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ギンガメアジ

Not avilable

Malaysia Sipadan island

ミジンベニハゼ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒレナガネジリンボウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ガザミの仲間

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

カミソリウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

キンギョハナダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎岬先端

ニシキフウライウオ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

スマ

Not avilable

Maldives Filitheyo island

マダイ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内

ヒメイカ

Not avilable

西伊豆大瀬崎大川下

Manta Ray

Not avilable

モルディブ

ハクセンアカホシカクレエビ

Not avilable

西伊豆大瀬崎先端

ハナシャコ

Not avilable

四国柏島

ナマコカクレエビ

Not avilable

マレーシアシパダン島

キアンコウ

Not avilable

西伊豆大瀬崎湾内



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



男鹿半島
八郎潟はエッジを通り抜け、男鹿半島の先端、入道崎。
DSC_1576_20200823203414b8d.jpg
入場可能。
DSC_1579_20200823203415e7d.jpg
風がビュービューで、外に出るのも躊躇するほど。
DSC_1580_20200823203417a07.jpg
見事に観光地。
DSC_1584.jpg
この先はウラジオストクか。
DSC_1586_202008232034518c5.jpg
灯台見学を終え…
DSC_1587_20200823203453bc9.jpg
螺旋階段。
DSC_1588_2020082320345462d.jpg
別棟の展示館を堪能。
DSC_1589_202008232034562cb.jpg
ハマヒルガオ。
DSC_1595.jpg
最近は別種に押され気味と聞きます。

で、これは?
DSC_1598_2020082320345909c.jpg
北緯40°モニュメント。随分北な気もするが、スペイン・イタリア・カリフォルニアっす。南じゃん?

さて、男鹿半島がなぜに日本海に突き出しているのか、気になります。
DSC_1602_20200823203500c34.jpg
調べに行きましょ。
DSC_1609_20200823203502959.jpg
今回、巨大なまはげ像、二箇所で遭遇するも、写真撮りそこないました。
DSC_1610_20200823203503a96.jpg
戸賀の八望台。八望台を盛り上げる店、なまはげ食堂。
DSC_1612_202008232035053d3.jpg
…はともかくとして、この光景が男鹿半島と八郎潟の誕生理由を示している。
DSC_1614.jpg
火山の爆裂口タフコーンである戸賀湾と、その手前の円形の池は水蒸気爆発の火口跡マールの二ノ目潟。

いくつものマールが連なるわけで。
DSC_1618.jpg
で、男鹿半島、意外に広くて店がない。ひ、昼飯~!

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック